福羽美静

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
福羽美静

福羽 美静(ふくば びせい(「よししず」とも)、天保2年7月17日1831年8月24日) - 明治40年(1907年8月14日)は、日本武士津和野藩士)、国学者歌人通称は文三郎、号は木園、硯堂。子爵。貴族院議員、錦鶏間祗候

経歴[編集]

津和野藩士福羽美質の長男として生まれる。嘉永2年(1849年)、19歳で藩校養老館に入学して漢学山鹿流兵学を学ぶ。津和野藩主亀井茲監の命を受け、嘉永6年(1853年)京都に上り、大国隆正の門に入る。この際に国学思想の影響を受けて尊皇攘夷論に関心を抱き、次第に意を国事に用いるようになったとされている。安政4年(1857年)に帰藩し、養老館で教授を務める。文久3年(1863年)、御所に召され孝明天皇に近侍する。八月十八日の政変に際しては、七卿と共に西下し帰藩、藩主亀井に認められ、藩政刷新に尽くすところがあった。

慶応2年(1866年)の第二次長州征伐時には、藩の方針を長州藩寄りにまとめた。そして明治元年(1868年)、茲監が明治維新政府神祇官の要職につくに及び、徴士神祇事務局権判事となり、主に神祇制度確立に尽力した。

明治2年(1869年)には明治天皇の侍講、同年大学御用掛、明治3年(1870年)に神祇大福、明治5年(1872年)に教部大輔となるが、「外国の長所を取り入れるべきだ」との意見に反対意見が続出したため免官され、宮内省歌道文学御用掛となる。

明治9年(1876年)に国憲調査委員、明治12年(1879年)に東京学士会会員、明治13年(1880年)に文部省御用掛、明治18年(1885年)に元老院議官となり、明治20年(1887年)には子爵を授爵した。

この間、明治13年(1880年)から翌年まで東京女子師範学校摂理(校長)を務めた。

明治23年(1890年)7月、貴族院子爵議員に選出され[1]、同年10月20日、錦鶏間祗候となる[2]。その後、貴族院議員を明治30年(1897年)7月まで務めた[1]

園芸造園家・宮中顧問官福羽逸人 農学博士子爵)は、養嗣子にあたる。

栄典[編集]

位階
勲章等

エピソード[編集]

  • 幼少の頃に軽業(かるわざ、曲芸)師の真似をしようとして綱渡りをした際に誤って転落、腰部の関節を挫傷したために身長が伸びなかった。大人になっても5尺(約151.5cm)に満たなかったといわれる。しかし、父の友人から諭され、また荒木田守武の和歌に感銘を受けるなどして勉学に励んだ。
  • 明治天皇京都より東京へ行幸(東京奠都)する際、伊勢神宮より早馬が到着して「神宮の鳥居が倒れた、御神意は天皇の行幸に反対なのでは」という連絡を受けたが、福羽は「人が作ったものなら倒れるのも当然じゃないか」と相手にしなかった。他の国学者、神祇官僚とは一線を画した福羽の合理的精神の一端と言われる。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』52-53頁。
  2. ^ 『官報』第2195号、明治23年10月22日。
  3. ^ 『官報』第678号「賞勲叙任」1885年10月2日。
  4. ^ 『官報』第994号「叙任及辞令」1886年10月21日。
  5. ^ 『官報』第3266号「叙任及辞令」1894年5月22日。
  6. ^ a b 『官報』第6217号「叙任及辞令」1904年3月26日。
  7. ^ a b 『官報』第7240号「叙任及辞令」1907年8月16日。
  8. ^ 『官報』第1156号「叙任及辞令」1887年5月10日。

参考文献[編集]

  • 国史大辞典』第12巻(平成3年6月30日第1刷発行)吉川弘文館 P95「ふくばびせい-福羽美静」の項
  • 沢弘吉 「明治教育の先覚者を数多く輩出した津和野藩校養老館など」『人物を中心とした教育郷土史』、文部省大臣官房調査統計課、帝国地方行政学会、1972年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
福羽(美静)家初代
1887年 - 1907年
次代:
福羽逸人