市古宙三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

市古 宙三(いちこ ちゅうぞう、1913年大正2年)6月19日 - 2014年平成26年)6月21日)は、日本の中国史学者、お茶の水女子大学名誉教授

経歴[編集]

山梨県生まれ。市古貞次の弟。1937年東京帝国大学文学部東洋史学科卒。東亜研究所員を経て1951年お茶の水女子大学助教授、1957年教授、1969-1971年文教育学部長、1972年附属図書館長、1976年学長。1979年定年退官、名誉教授、中央大学教授。1985年勲二等瑞宝章受勲。専攻は中国近代史。東洋文庫近代中国委員会員。

2014年6月21日午前5時10分、老衰のため101歳で死去した[1]

著書[編集]

共著編[編集]

  • 『中国研究文献案内』J・K・フェアバンク共著 東京大学出版会 1974
  • 『近代中国・日中関係図書目録』編 汲古書院 1979

翻訳[編集]

  • J.K.フェアバンク『中国』東京大学出版会 UP選書 1972

記念論集[編集]

  • 『論集近代中国研究』市古教授退官記念論叢編集委員会編 山川出版社 1981

脚注[編集]

参考[編集]