飯盛挺造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
飯盛 挺造
いいもり ていぞう
Teizo Iimori.jpg
生誕 (1851-08-24) 1851年8月24日
日本の旗 日本肥前国多久邑
死没 (1916-03-06) 1916年3月6日(満64歳没)
居住 東京市本郷区弓町
国籍 日本の旗 日本
研究分野 物理学
研究機関 東京大学医学部
出身校 外務省洋語学所
博士課程
指導教員
エミール・ワールブルク
主な業績 真空式微量天秤の発明
主な受賞歴 正四位勲三等瑞宝章 (1909年12月)
プロジェクト:人物伝

飯盛 挺造 (いいもり ていぞう、ドクトル・フィロソフィー、1851年8月24日 - 1916年3月6日) は明治時代初期の日本の物理学者。1884年 (明治17年) 33歳のときドイツのフライブルク大学に留学し、エミール・ワールブルク教授の指導のもとで反射光を利用する真空式微量天秤を考案し、ガラスその他の物質に吸着される水分の量を測定する研究をおこなった。その研究論文によりドクトル・フィロソフィーの称号を与えられた。また、その功績により「微量天秤の先駆者」と呼ばれている[1]。帰朝後は物理学の教育に尽力をした。日本の放射化学の先達・飯盛里安の養父であり、日東十客の一人である。

経歴と業績[編集]

出生から東京大学まで[編集]

1851年(嘉永4年)8月24日肥前国多久邑 (現・佐賀県多久市) で生まれた[2]。1869年 (明治2年) 頃、佐賀藩の藩医・池田玄泰からドイツ語の手ほどきを受け、1871年(明治4年)、20歳のとき医師を志して上京し、外務省洋語学所に入学してドイツ語を学んだ。卒業後、1874年(明治7年)にドイツ語教員心得として東京外国語学校の雇となり、 翌1875年東京医学校の雇となり、1877年(明治10年)同校は東京大学医学部と改称された際に助教となった。 当時の医学部は予備5年、予科3年、本科5年で、教授はほとんどドイツ人であった。その年の予備4級生、入沢達吉によれば予科でも理化学の初歩を教えており、飯盛は物理学を教えていたという。 この頃下山順一郎丹波敬三と出会い終生の友となった[1]

1878年、羽生幸七の長女セイと結婚し新居を本郷菊坂町にかまえた。(後にすすめられて本郷弓町に転居)翌年、最初の研究「光線分極論」を東京薬学新誌に発表した[3] [4]。またミュルレル原著を翻訳した『物理学』も1879年から1880年に出版された[5][6]

『物理学』はその後20回以上改版し、唯一の和書の物理学教科書として医学、薬学関係の学生を中心に、1920年代まで広く使用された[7]1881年(明治14年)、下山順一郎、丹波敬三とともに東京大学医学部の助教授となったが志は医学から物理学へ移って行った。1882年飯盛は自費でフライブルク大学へ留学することになり1884年6月17日に留学を許可されている[8]。森鴎外もこの日同様に留学許可となっている。

ドイツ留学[編集]

フライブルク大学に提出した学位論文の表紙[9]

飯盛はフライブルク大学でワールブルク教授の指導のもとに真空微量天秤を開発し ガラスの表面に吸着している水の質量の計量をはじめ、各種の物体上の吸着現象を研究し、1885年9月ストラスブルク[注 1]で最初の研究を発表した。 留学期間1年半では充分ではないとして丹波敬三、飯盛挺造の連名で帰朝延期願を1885年11月に提出し20ケ月の延期が認められ[10]1886年(明治19年)1月にワールブルク教授と連名の論文を提出した[11]さらに飯盛は2月に第2の論文を投稿し[12]、 これら2つの論文をまとめ学位論文としてフライブルク大学に提出した[9]。 翌1887年3月Doktor der Philosophie の学位を授与された。 さらに微量天秤の感度を上げ、多くの物質の表面上の水の吸着について包括的な実験をし、第3の論文を完成した[13]

帰国後の業績[編集]

1887年6月、飯盛は下山・丹波とともに帰国し、7月には第四高等中学校 (第四高等学校 (旧制)の前身) 教諭兼教頭となり金沢に赴任した。1888年(明治21年)には下山・丹波他8名と共に、私立薬学校を東京に創立した[注 2]1893年(明治26年) に第四高等学校を退職し、女子高等師範学校(現・お茶の水女子大学)の教授となって東京にもどり、私立薬学校や済生学舎で物理学を講義した。 その傍ら、『物理学』[6]を補充するとともに物理学の入門書を2冊出版した[14][15]

この後、軽い脳溢血を患ったが講義は続け教育者として子弟の能力を伸ばすことに傾注した。1910年(明治43年)に東京女子高等師範学校の校長代理になったが、病気の再発があり、東京薬学校以外の公職をすべて辞任した。次第に病状は悪化し1916年(大正5年)3月6日、その65年の生涯を閉じた[7]

セイとの間に二男三女をもうけたが、男子はいずれも夭折したので1904年 (明治37年) 金沢の加藤里衡(かとうさとひら)の次男里安(さとやす)を養嗣子とした[1]

微量天秤[編集]

概要[編集]

飯盛が考案した微量天秤は、従来の静止質量を測定するだけのものと大きく違っていた。その特徴は

  1. 天秤全体をガラス鐘で被い、真空ポンプで排気することにより雰囲気を真空から大気圧までの任意の圧に設定できる。
  2. エーテルの気化速度を調節することにより雰囲気の温度を調節できる。
  3. ガラス鐘の一部に窓を設け、竿の中心に取り付けた小さい鏡に光を当て、離れた所に設置した尺度上に反射光を投影させることにより、竿の微小な傾きを拡大して読み取れるようにした。その結果、質量の時間的な変化を連続して測定できるようになった。

この微量天秤によりこれ以後、密度原子量吸着吸収膨張係数磁化率蒸気圧浸透圧表面張力粘度、粒度分布、化学平衡反応速度、などの研究が容易に行なわれるようになった[1]

詳細な説明[編集]

飯盛が考案した微量天秤
Figures of microbalance1.jpg
Annalen der Physik und Chemie, Neue Folge, BAND 27, Hefte 4, S. 481 - 507 (1886) より[11]

上図において左側 (Fig. 1) が天秤本体を示し、右側 (Fig. 2) がシステム全体を示している。Fig.2 の中央にあるガラス鐘 G の中に天秤本体が収められている。 天秤の竿は、長さ8センチメートル、太さ1ミリメートルの両端を熔封したガラス管でできている。中刃 m は、良く研いだカミソリ片で、封蝋で竿の中心に取り付けてある。

中刃 m は、垂直な真鍮製の柱 M の上に取り付けてある刃受けの上に置かれている。この真鍮製の柱は2つのネジで小さな台 T に固定してある。中刃の両側には小さい曲がったガラス管 g が接着してあり、鏡 s が取り付けてある。この鏡は特に選ばれた顕微鏡用デッキガラスを銀メッキしたものである。竿の質量は0.21グラムで、中刃 m の先端と2個の端刃 e の先端は正確に直線になるように竿を曲げてある。

端刃の上には屋根型の真鍮製の刃受け l をのせ、刃受けには細い白金製の針金の輪 t を付け、測定物を吊るせるようにしてある。白金製の針金の輪と刃受けの質量は0.024グラムである。鏡から272センチメートル離れたところに垂直の尺度を置き、鏡を介して望遠鏡で目盛を読み取るようにしてある。鏡の下端に感度調節用の白金の小片 p を取り付けてある。感度は、秤量0.6グラムのとき0.1ミリグラム[注 3]が30目盛に相当し、0.8グラムのとき26目盛、1.0グラムのとき23.1目盛に相当する。

Fig.2において、ガラス鐘には、鏡を見通せるように窓を設け、厚さ8ミリメートルのガラス板 q が取り付けてある。管の A 端からコック H0 を通して B から水銀ポンプで排気するようにしてある。M は圧力を測定するためのマノメーターである。コック H1 を通して C 端には五酸化リン(吸湿剤)を入れたフラスコが接続してある。コック H2 を通して D 端には水を入れたフラスコが接続してある。そのフラスコは、エーテルを満たした容器 F に入れてある。その容器はコルクで蓋をしてある。そのエーテルに空気を通すことにより、気化潜熱で天秤の雰囲気を+5℃から室温までの間の任意の温度に保つことができる。

Fig.1の竿の右端に付いている球形のものは、ガラス表面への水蒸気の吸着を研究するためのもので、直径2センチメートル、重さ約0.4グラムの薄肉のガラスでできている。下側には5ミリメートルの穴が開いていて内面にも水蒸気が吸着するようになっている。上側には引っ掛けるための小さい鉤が融着してある。

エーテルと、天秤を収めてあるガラス鐘の内部の温度は、普通の温度計より10倍精度の高い温度計で測定するようにしてある。

日東十客[編集]

1884年 (明治17年) 8月24日横浜からフランスの客船[注 4]で10人の留学生がヨーロッパに向けて出発した。メンバーは森林太郎 (森鴎外)、片山国嘉丹波敬三長與稱吉田中正平宮崎道三郎隈川宗雄萩原三圭穂積八束、飯盛挺造であった。それぞれの留学目的、留学先は異なっていたが、マルセイユまでは一緒であった。森鴎外は航海中のことを「航西日記」に書き留めている。この中で自分を含め10人のメンバーを「日東十客」と名づけ、「日東十客歌」を作った。これを見ると飯盛はかなりの酒豪であったことがうかがえる[17]。事実、留学先でドイツの学生と飲み比べをして勝った、という話が残っている[1]

日東十客歌[編集]

この日東十客歌には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
[17]
00 00 00 00 00 00 00 00
[注 5]



竭江河は「河をのみほす」と読む。5行目「法國語」はフランス語のこと。丹波の行は「丹波何ゾ曾テノ豪気ナキヤ、風濤ニ遭フ毎ニ消磨セリ」と読む。7行目「老萩」とあるのは、萩原三圭が最年長の44歳であったから。萩原は二回目の留学であった。この行は萩原がドイツリートを朗々と歌い上げている様子を表している[16]

幻の写真[編集]

この幻の写真には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

「航西日記」によると一行は出発後45日目の10月7日にマルセイユに到着し、翌8日に市内の写真館[注 6]で記念写真を撮ったとされている。しかし、この写真はその後長らく所在が不明であった。撮影から110年後の1994年(平成6年)に一行の一人である宮崎道三郎 (法学者) の孫・宮崎誠が所蔵の写真に森鴎外が写っていることに気づき、東京・千駄木の鴎外記念本郷図書館 (現・文京区立森鴎外記念館) に送ったことから所在が明らかになった。この事実は朝日新聞1994年(平成6年)6月29日号に「幻の写真」として掲載された。

森鴎外は帰国の際「還東日乗」という短い日記を記している。その中に、この写真について興味ある記述がある。なお「馬塞」はマルセイユの当て字である。

「二十八日。午。着馬塞。投日熀垘客館 (Hôtel de Genève)[注 7]壁頭懸大寫眞幅。就而見之。則航西日記所載日東十客之圖也。余等堂々七尺軀。徒使髭奴爲奇禽異獣之顴。悲慨何堪。」[19]

栄典[編集]

著書[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 現・フランス領ストラスブール、当時はドイツ領だった。
  2. ^ 1900年(明治33年)には東京薬学校と改称、現東京薬科大学
  3. ^ 原報[11]では0.1ミリグラムを"Decimilligramm"と表記している。
  4. ^ 香港までは緜楂勒 (メンザレー) 号、香港から先は揚子號 (ヤンツー号) [16]
  5. ^ この文字を拡大すると 音:ク、訓:やせる
  6. ^ ノアイユ広場 (Place Noailles) 14番地、設理路速 (シュリ・ルソー : Cheri-Rousseuau) 写真館[18]
  7. ^ このホテルは現存している。現在の名はGran Hôtel de Genève[18]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 岩田重雄「微量天びんの先駆者、飯盛挺造」日本計量史学会誌 Vol.2, No.1, pp.25 - 36 (1980)
  2. ^ 『飯盛里安博士97年の生涯』中津川市鉱物博物館編集発行 p.3 (2003)
  3. ^ 『東京薬学新誌』第4号、pp.4 - 8 (1879)
  4. ^ 『東京薬学新誌』第5号、pp.14 - 15 (1879)
  5. ^ 寺島柾史『日本科学史年表』霞カ関書房 p. 284 (1942)
  6. ^ a b 飯盛挺造纂譯、丹波敬三・柴田承桂校補『物理学』東京、島村利助、丸屋善七、1879 - 1880年、上編(444頁)、中編(563頁)、下編(468頁)
  7. ^ a b 畑晋 (はたすすむ) 「飯盛里安先生の業績とその解説」化学史研究 No.1, p.27 (1986)
  8. ^ 国立公文書館 公文録 明治17年 (1884年) 第197巻 No.30 官吏進退 (文部省) 東京大学助教授 飯盛挺造外一名欧州出張ノ件
  9. ^ a b T. Ihmori, "Über das Gewicht und die Ursache der Wasserhaut bei Glas und anderen Koerpern" Inaugural-Dissertation zur Erlangung der Philosophischen Doctorwürde, Universität Freiburg i B (1886)
  10. ^ 国立公文書館 公文録 明治18年 (1885年) 第182巻 No.28 官吏進退 (文部省) 東京大学助教授 丹下敬三外一名 欧州ヨリ帰朝延期ノ件
  11. ^ a b c E. Warburg, T. Ihmori, "Ueber das Gewicht und Ursache der Wasserhaut bei Glas und anderen Körpern", Annalen der Physik und Chemie, Neue Folge, Band 27, Hefte 4, S.481 - 507 (1886)
  12. ^ T. Ihmori, "Ueber die Aufnahme des Quecksilberdampfes durck Platinmohr", Annalen der Physik und Chemie, Neue Folge, Band 28, S.81 - 86 (1886)
  13. ^ T. Ihmori, "Ueber die Aufnahme des Wasserdampfes durch feste Körper" Annalen der Physik und Chemie, Neue Folge,Band 29, S.1006 - 1014 Taf.VII, (1887)
  14. ^ 飯盛挺造、『物理学講義』前期医学科講義録、明治講医会、上巻1016頁下巻46頁、(1894)
  15. ^ 飯盛挺造述、杉浦司馬記、『物理学講義録』岐阜県武儀郡 (むぎぐん) 役所、172頁+22頁 (1900)
  16. ^ a b 中井義幸、『日東十客』の写真、鴎外 特集「森鴎外記念会三十年史」森鴎外記念会 No.57 pp.132 - 153 (1995)
  17. ^ a b 森林太郎「航西日記」鴎外全集 第35巻 pp.75 - 83 岩波書店 (1975)
  18. ^ a b 武田勝彦『巴里の鴎外』、鴎外 特集「森鴎外記念会三十年史」森鴎外記念会 No.57 pp.161 - 163 (1995)
  19. ^ 森林太郎「還東日乗」鴎外全集 第35巻 p.223 岩波書店 (1975)
  20. ^ 『官報』第5548号「叙任及辞令」1901年12月28日。
  21. ^ 『官報』第7954号「叙任及辞令」1909年12月27日。

参考資料[編集]

外部リンク[編集]