郷通子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

郷 通子(ごう みちこ、1939年4月15日[1] - )は、日本生物学者生物物理学者。前お茶の水女子大学学長名古屋大学名誉教授理学博士(名古屋大学、1967年)。論文の題は「生体高分子の統計力学とそれのポリヌクレオチドの融解転移への応用 [2]

福岡県生まれ。タンパク質の分子進化を研究。エクソンイントロン構造の研究(GO Plot)からタンパク質の立体構造の単位であるモジュールの概念を初めて提唱した。

略歴[編集]

コーネル大学博士研究員、日本学術振興会奨励研究員、九州大学理学部・同大学医療短期大学部非常勤講師を経て

社会的活動[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.408
  2. ^ 博士論文書誌データベース
  3. ^ 中日文化賞:第51回-第60回受賞者”. 中日新聞. 2009年10月19日閲覧。

外部リンク[編集]