生体高分子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

生体高分子(せいたいこうぶんし)とは生体内に存在する高分子有機化合物のこと。糖質タンパク質酵素ペプチド)、核酸 (DNA, RNA)、などがある。これらの分子による生化学反応が生命現象を生み出している。

それぞれ生化学的な分離技術があり、構造生物学では結晶化やNMRにより立体構造の決定が行われている。

美容整形でのトラブル[編集]

 ベネズエラでは政府に禁止されているにもかかわらず人工生体高分子を注入する美容整形が後を絶たず、合併症による死亡などの問題がおきており、「人工生体高分子にノー(No to Biopolymers Foundation)」基金がたちあがっている[1]

脚注[編集]

  1. ^ “ナイスボディーを求めた痛すぎる代償、ベネズエラ”. フランス通信社. (2013年8月31日). http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2964131/11224192 2013年8月31日閲覧。