柳田敏雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
柳田 敏雄(やなぎだ としお、Yanagida, Toshio)
生誕 (1946-10-10) 1946年10月10日(70歳)
日本の旗 日本 兵庫県
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 生物物理学
研究機関 大阪大学
理化学研究所
出身校 大阪大学
主な業績 生物運動の分子機構の生物物理学
主な受賞歴 学士院賞朝日賞文化功労者
プロジェクト:人物伝

柳田 敏雄(やなぎだ としお、1946年10月10日[1] - )は日本の生物物理学者。蛍光顕微鏡、レーザートラップ顕微鏡等を用いた一分子計測の先駆者。大阪大学大学院生命機能研究科の特任教授、名誉教授。理化学研究所生命システム研究センターセンター長、脳情報通信融合研究センターセンター長。兵庫県出身[2]大沢文夫の直弟子。

来歴・人物[編集]

柳田の言葉[編集]

  1. 「ふらふらしている人がいい仕事をする」[3]

略歴[編集]

  • 1969年 大阪大学基礎工学部電気工学科 卒業
  • 1971年3月 大阪大学大学院基礎工学研究科電気工学系専攻修士課程 修了
  • 1971年4月 株式会社村田製作所 入社
  • 1974年3月 大阪大学大学院基礎工学研究科生物工学系専攻博士課程 中退(のちに修了)
  • 1974年4月 文部技官 採用 大阪大学工学部生物工学科 教務職員
  • 1976年4月 大阪大学 工学博士。論文の題は「カルシウムイオンによる横紋筋の細いフィラメントの構造変化 」[4]
  • 1987年 文部教官 採用 大阪大学基礎工学部生物工学科 助教授
  • 1988年 大阪大学基礎工学部生物工学科 教授
  • 1996年 大阪大学医学部医学科第一生理学講座 教授
  • 2002年 - 2004年 大阪大学大学院生命機能研究科 研究科長
  • 2002年 大阪大学大学院生命機能研究科ナノ生体科学講座 教授 兼 大阪大学大学院医学研究科 教授
  • 2007年 大阪大学免疫学フロンティア研究センター 副拠点長
  • 2008年 独立行政法人情報通信研究機構 プログラムコーディネーター
  • 2009年 独立行政法人理化学研究所 特任顧問
  • 2010年 大阪大学 定年退職 大阪大学名誉教授 大阪大学大学院生命機能研究科特別研究推進講座 特任教授
  • 2011年 独立行政法人理化学研究所神戸研究所生命システム研究センター センター長 同細胞動態計測研究グループ グループディレクター 独立行政法人理化学研究所HPCI 計算生命科学推進プログラム プログラムディレクター 独立行政法人情報通信研究機構/大阪大学脳情報通信融合研究センター センター長
  • 2014年 独立行政法人理化学研究所神戸研究所多細胞システム形成研究センター(CDB) センター長代行

受賞歴[編集]

  • 1989年 大阪科学賞(大阪)[5]
  • 1994年 内藤記念科学振興賞 (内藤記念科学振興財団)[5]
  • 1998年 学士院賞恩賜賞[5]
  • 1999年 朝日賞 (1998年度)[5]
  • 2010年 The US Genomic Award for Outstanding Investigator in the Field of Single Molecule Fluorescence Microscopy[5]

勲章・栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.435
  2. ^ 科学技術振興機構. “柳田 敏雄氏の略歴”. 2014年1月23日閲覧。
  3. ^ WEDGE トップランナー”. WEDGE infinity. 2014年1月23日閲覧。
  4. ^ 博士論文書誌データベース
  5. ^ a b c d e 大阪大学. “受賞歴”. 2014年1月23日閲覧。
  6. ^ 理化学研究所. “柳田 敏雄 センター長(生命システム研究センター)が文化功労者に選出”. 2014年1月23日閲覧。

外部リンク[編集]