ミヤギノハギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミヤギノハギ
Lespedeza thunbergii1.jpg
ミヤギノハギ
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : マメ類 fabids
: マメ目 Fabales
: マメ科 Fabaceae
亜科 : マメ亜科 Faboideae
: ハギ属 Lespedeza
: ミヤギノハギ
L. thunbergii
学名
Lespedeza thunbergii (DC.) Nakai subsp. thunbergii f. thunbergii[1]
シノニム
和名
ミヤギノハギ

ミヤギノハギ(宮城野萩、学名Lespedeza thunbergii)とはマメ科の植物のひとつ。(シノニムL. penduliflora)。別名は、リュウキュウハギ[1]日本宮城県で県花に指定されている[5]

特徴[編集]

和名の由来は、宮城県に多く自生することから、歌枕宮城野の萩にちなんで命名された。歌枕のほうは特定の一種を指すものではなく、宮城野に萩が生えている風景からきたものである。

日本特産で、本州東北地方北陸地方中国地方に分布する[5]。よく園芸用として栽培され、庭木として盛んに植えられるが、野生では見当たらず、起源についてはよくわかっていない[5]

落葉広葉樹低木で、高さは1 - 2メートル (m) になり、枝は地面につくほどしだれる[5]3出複葉で互生する[5]小葉は長さ2 - 6センチメートル (cm) の楕円形で、両端がとがっている[5]。開花期は7 - 9月[5]。紫紅色のは蝶形で、長さは13 - 15ミリメートル (mm) ほどある[5]

ケハギはミヤギノハギの変種 (L. thunbergii var. obtusifolia) または亜種 (L. t. subsp. obtusifolia)[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Lespedeza thunbergii (DC.) Nakai subsp. thunbergii f. thunbergii” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2021年8月16日閲覧。
  2. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Lespedeza wilfordii auct. non Ricker” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2021年8月16日閲覧。
  3. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Lespedeza penduliflora (Oudem.) Nakai” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2021年8月16日閲覧。
  4. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Lespedeza liukiuensis Hatus.” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2021年8月16日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h 平野隆久監修 永岡書店編 1997, p. 76.
  6. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “ケハギ”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2012年8月18日閲覧。

参考文献[編集]

  • 平野隆久監修 永岡書店編 『樹木ガイドブック』永岡書店、1997年5月10日、76頁。ISBN 4-522-21557-6 

関連項目[編集]