初島住彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
初島 住彦
生誕 1906年9月
日本の旗 日本 長崎県島原市
死没 2008年1月22日
日本の旗 日本 鹿児島県鹿児島市
国籍 日本の旗 日本
研究分野 植物学
研究機関 九州大学鹿児島大学琉球大学
出身校 九州帝国大学
主な業績 九州や南西諸島における植物の分類学・生物地理学的研究
命名者名略表記
(植物学)
Hatus.
プロジェクト:人物伝

初島 住彦(はつしま すみひこ、1906年9月 - 2008年1月22日)は、日本の植物学者鹿児島大学名誉教授農学博士

略歴[編集]

1906年、長崎県島原市に生まれた。高校卒業後、九州帝国大学(現:九州大学)に進学。戦前に金平亮三ニューギニアジャワ島の植物調査を実施した[1]。農学部林学科卒業。

1942年に九州帝国大学で博士号農学)を取得[1]。論文名は「亜細亜産黄楊属の検討」[2]。 戦後は鹿児島大学で教鞭をとり、佐藤正己などを指導した[1]定年まで同大に勤務後、同大名誉教授となった。

2008年1月22日、老衰のため鹿児島市の病院で死去。101歳没。

著書[編集]

  • 『琉球植物誌』(1971年、沖縄生物教育研究会)
  • 『日本の樹木―日本に見られる木本類の外部形態に基づく総検索誌』 (1976年、講談社)

共著[編集]

  • 天野鉄夫初島住彦『沖縄植物目録』(1959年、沖縄生物教育研究会)
  • 初島住彦・天野鉄夫『琉球植物目録』 (1977年、でいご出版)
  • 初島住彦・中島邦雄『琉球の植物』 (1979年、講談社)
  • 佐藤武之・初島住彦『九州の野の花』(2001年、西日本新聞社
  • 大工園認・初島住彦(監修)『野の花めぐり』(春・夏・明・冬) (2003年、南方新社)

脚注[編集]

  1. ^ a b c Hatusima, Sumihiko”. National Herbarium of the Netherlands (2007年7月24日). 2009年9月17日閲覧。
  2. ^ 博士論文書誌データベース(NAID 500000493613
Hatus.は、植物の学名命名者を示す場合に初島住彦を示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)