オールド・ソック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
オールド・ソック
エリック・クラプトンカバー・アルバム
リリース
ジャンル ロックポップ・ロック
時間
レーベル ブッシュブランチ・レコード
プロデュース エリック・クラプトン、ドイル・ブラムホールII、ジャスティン・スタンレー、サイモン・クライミー
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 5位(ドイツ[1]
  • 7位(アメリカ[2]、オーストリア[3]、オランダ[4]、ノルウェー[5]
  • 9位(デンマーク[6]
  • 11位(イタリア[7]、スイス[8]、スペイン[9]、ニュージーランド[10]、ベルギー・ワロン地域[11]
  • 12位(カナダ[2]
  • 13位(イギリス[12]
  • 14位(スウェーデン[13]
  • 15位(日本[14]
  • 16位(ベルギー・フランデレン地域[15]
  • 19位(フィンランド[16]
  • 21位(フランス[17]
  • 22位(オーストラリア[18]
  • エリック・クラプトン 年表
    プレイ・ザ・ブルース(with ウィントン・マルサリス
    (2011年)
    オールド・ソック
    (2013年)
    ザ・ブリーズ〜J.J.ケイルに捧ぐ
    (2014年)
    テンプレートを表示

    オールド・ソック』(Old Sock)は、エリック・クラプトン2013年に発表したカバーアルバム

    背景[編集]

    クラプトン自身が設立したインディーズ・レーベル「ブッシュブランチ・レコード」からの第1弾アルバムに当たり[19]、アメリカ盤はサーフドッグ・レコード英語版、ヨーロッパ盤はポリドール・レコードを通じて発売された。なお、サーフドッグから1,000組限定で発売されたデラックス・エディション盤には、ピーター・トッシュのカバー「No Sympathy」が追加された全13曲入りのメモリースティックが付属している[20]

    収録曲のうち「ゴッタ・ゲット・オーヴァー」と「エヴリ・リトル・シング」は新曲で、本作のプロデューサー・チームのうちドイル・ブラムホールIIとジャスティン・スタンレー、それにスタンレーの妻ニッカ・コスタ英語版が書き下ろした[21]。本作にはクラプトンと共にブラインド・フェイスで活動したスティーヴ・ウィンウッド、「アフター・ミッドナイト」や「コカイン」といったクラプトンのヒット曲の作者J・J・ケイル、アルバム『キス・オン・ザ・ボトム』でクラプトンと共演したポール・マッカートニーを含む著名なゲスト・ミュージシャンが起用された[22]

    反響[編集]

    アメリカでは総合アルバム・チャートのBillboard 200で7位、『ビルボード』のインディペンデント・アルバム・チャートで1位に達した[2]。また、「エヴリ・リトル・シング」は『ビルボード』のアダルト・コンテンポラリー・チャートで26位を記録した[2]

    ドイツでは13週アルバム・チャート入りし、最高5位を記録するヒットとなった[1]

    評価[編集]

    Stephen Thomas Erlewineはオールミュージックにおいて5点満点中3.5点を付け「サウンドは清廉で、選曲は歴史教育を推進するかのように熟慮されている」と評している[19]。また、Will Hermesは『ローリング・ストーン』誌のレビューで5点満点中3点を付け「年代物のフォーク、ブルース、カントリー、レゲエ、ガーシュウィンやカーンといったアメリカン・ソングブックに、彼のバンドによる新曲を追加した選曲は、期待に満ちている」と評している[23]。一方、Paul Mardlesは『オブザーバー』紙のレビューで5点満点中1点を付け、ゲイリー・ムーアのカバー「スティル・ゴット・ザ・ブルース」を除けば「パブの奥の部屋で聴くよりはスリリングという程度」と批判している[24]

    収録曲[編集]

    1. 遠い道のり - "Further on Down the Road" (Taj Mahal, Jesse E. Davis) – 5:44
      • オリジナルはタジ・マハールのアルバム『Giant Step』(1969年)に収録。
    2. エンジェル - "Angel" (J.J. Cale) – 3:54
      • J・J・ケイルの未発表曲のカバー。
    3. 丘に住む人 - "The Folks Who Live on the Hill" (Oscar Hammerstein II, Jerome Kern) – 3:46
    4. ゴッタ・ゲット・オーヴァー - "Gotta Get Over" (Doyle Bramhall II, Justin Stanley, Nikka Costa) – 4:37
      • 新曲。
    5. 井戸が枯れるまで - "Till Your Well Runs Dry" (Peter Tosh) – 4:42
      • オリジナルはピーター・トッシュのアルバム『解禁せよ』(1976年)に収録。
    6. オール・オブ・ミー - "All of Me" (Gerald Marks, Seymour Simons) – 3:22
      • 1931年に作曲されたジャズ・スタンダード。
    7. 空しき人生 - "Born to Lose" (Ted Daffan) – 4:03
    8. スティル・ゴット・ザ・ブルース - "Still Got the Blues" (Gary Moore) – 5:54
      • オリジナルはゲイリー・ムーアのアルバム『スティル・ゴット・ザ・ブルーズ』(1990年)に収録。
    9. グッドナイト・アイリーン - "Goodnight Irene" (Huddie Ledbetter, John Lomax) – 4:23
      • レッドベリーが1933年に初録音した曲。
    10. ユア・ワン・アンド・オンリー・マン - "Your One and Only Man" (Otis Redding) – 4:30
    11. エヴリ・リトル・シング - "Every Little Thing" (D. Bramhall II, J. Stanley, N. Costa) – 4:34
      • 新曲。
    12. わが恋はここに - "Our Love Is Here to Stay" (George Gershwin, Ira Gershwin) – 4:12

    参加ミュージシャン[編集]

    脚注・出典[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ a b Eric Clapton - Longplay-Chartverfolgung - musicline.de
    2. ^ a b c d Eric Clapton - Awards”. AllMusic. 2016年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月9日閲覧。
    3. ^ Eric Clapton - Old Sock - austriancharts.at
    4. ^ Eric Clapton - Old Sock - dutchcharts.nl
    5. ^ norwegiancharts.com - Eric Clapton - Old Sock
    6. ^ danishcharts.com - Eric Clapton - Old Sock
    7. ^ italiancharts.com - Eric Clapton - Old Sock
    8. ^ Eric Clapton - Old Sock - hitparade.ch
    9. ^ spanishcharts.com - Eric Clapton - Old Sock
    10. ^ charts.org.nz - Eric Clapton - Old Sock
    11. ^ ultratop.be - Eric Clapton - Old Sock
    12. ^ ERIC CLAPTON | full Official Chart History | Official Charts Company - 「ALBUMS」をクリックすれば表示される。
    13. ^ swedishcharts.com - Eric Clapton - Old Sock
    14. ^ ORICON STYLE
    15. ^ ultratop.be - Eric Clapton - Old Sock
    16. ^ finnishcharts.com - Eric Clapton - Old Sock
    17. ^ lescharts.com - Eric Clapton - Old Sock
    18. ^ australian-charts.com - Eric Clapton - Old Sock
    19. ^ a b Erlewine, Stephen Thomas. “Old Sock - Eric Clapton”. AllMusic. 2016年12月9日閲覧。
    20. ^ Eric Clapton - Old Sock (CD, Album, MP3, Album) at Discogs
    21. ^ 日本盤CD (UICP-1153)ライナーノーツ(大友博、2013年2月)
    22. ^ Lifton, Dave (2013年1月30日). “Paul McCartney, Steve Winwood + More to Guest on Eric Clapton's 'Old Sock'”. Ultimate Classic Rock. Diffuser Network. 2016年12月9日閲覧。
    23. ^ Hermes, Will (2013年3月12日). “Old Sock”. Rolling Stone. 2016年12月9日閲覧。
    24. ^ Mardles, Paul (2013年3月24日). “Eric Clapton: Old Sock - review”. The Observer. Guardian News and Media. 2016年12月9日閲覧。