ジャスト・ワン・ナイト〜エリック・クラプトン・ライヴ・アット武道館〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジャスト・ワン・ナイト〜エリック・クラプトン・ライヴ・アット武道館
エリック・クラプトンライブ・アルバム
リリース
録音 1979年12月3日 日本武道館
ジャンル ブルースロック
時間
レーベル RSOレコード
プロデュース ジョン・アストレイ
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 2位(アメリカ[1]
  • 3位(イギリス[2]
  • 32位(日本[3]
  • エリック・クラプトン 年表
    バックレス
    (1978年)
    ジャスト・ワン・ナイト〜エリック・クラプトン・ライヴ・アット武道館
    (1980年)
    アナザー・チケット
    (1981年)
    テンプレートを表示

    ジャスト・ワン・ナイト〜エリック・クラプトン・ライヴ・アット武道館〜(ジャスト・ワン・ナイト エリック・クラプトン・ライヴ・アットぶどうかん、Just One Night)は、エリック・クラプトンが1980年に発表したライブ・アルバム。ソロ名義でのライブ・アルバムとしては3作目。クラプトンにとって4度目となる日本公演(1979年11月23日-12月6日、全10公演)のうち、12月3日日本武道館公演を収録。

    解説[編集]

    1979年秋のヨーロッパ・ツアーより、クラプトンのバック・バンドは全員イギリス人による新ラインナップとなり、同年の日本公演も同じバンドで行われた。

    セット・リストのほとんどは、カバー曲も含めてクラプトンのソロ・アルバム収録曲だが、ダイアー・ストレイツのカバー「セッティング・ミー・アップ」は、アルバート・リーのソロ・アルバム『ハイディング』(1979年)からの選曲で、この曲ではアルバートがリード・ボーカルも担当。

    収録曲[編集]

    ディスク1[編集]

    1. タルサ・タイム - Tulsa Time (Danny Flowers)
    2. アーリー・イン・ザ・モーニング - Early In The Morning (Traditional)
    3. レイ・ダウン・サリー - Lay Down Sally (Clapton, Marcy Levy, George Terry)
    4. ワンダフル・トゥナイト - Wonderful Tonight (Clapton)
    5. イフ・アイ・ドント・ビー・ゼア・バイ・モーニング - If I Don't Be There By Morning (Bob Dylan, Helena Springs)
    6. ウォリード・ライフ・ブルース - Worried Life Blues (Maceo Merriweather)
    7. オール・アワ・パスト・タイムズ - All Our Past Times (Clapton, Rick Danko)
    8. アフター・ミッドナイト - After Midnight (J.J. Cale)

    ディスク2[編集]

    1. ダブル・トラブル - Double Trouble (Otis Rush)
    2. セッティング・ミー・アップ - Setting Me Up (Mark Knopfler)
    3. ブルース・パワー - Blues Power (Clapton, Leon Russell)
    4. ランブリング・オン・マイ・マインド - Rambling On My Mind (Robert Johnson)
    5. コカイン - Cocaine (J.J. Cale)
    6. ファーザー・オン・アップ・ザ・ロード - Further On Up The Road (Joe Veasey, Don Robey)

    参加ミュージシャン[編集]

    脚注[編集]

    1. ^ Just One Night - Eric Clapton : Awards : AllMusic
    2. ^ ChartArchive - Eric Clapton - Just One Night
    3. ^ 『オリコンチャート・ブックLP編(昭和45年‐平成1年)』(オリジナルコンフィデンス/1990年/ISBN 4-87131-025-6)p.95