フロム・ザ・クレイドル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
フロム・ザ・クレイドル
エリック・クラプトンカバー・アルバム
リリース
録音 1994年
ジャンル ブルース
時間
レーベル リプリーズ・レコード
プロデュース エリック・クラプトン
ラス・タイトルマン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 1位(アメリカ[1]、イギリス[2]、オーストリア[3]、スイス[4]
  • 2位(スウェーデン[5]、ニュージーランド[6]
  • 3位(オランダ[7]
  • 4位(ノルウェー[8]
  • 6位(オーストラリア[9]、ドイツ[10]、日本[11]
エリック・クラプトン 年表
Unplugged
(1992年)
フロム・ザ・クレイドル
(1994年)
The Cream of Clapton
(1995年)
テンプレートを表示

フロム・ザ・クレイドル(From the Cradle)は、1994年に発表されたエリック・クラプトンのアルバム。全曲ブルースのカバー。グラミー賞のベスト・トラディショナル・ブルース・アルバム部門を受賞[1]

解説[編集]

ほぼ全曲とも一発録りで制作された。何らかのオーバー・ダビングが行われているのは「ハウ・ロング・ブルース」と「マザーレス・チャイルド」の2曲のみ。

アンプラグドでの成功に背中を押されるかたちで、自分自身の中でのひとつの通過点として製作され、「原点回帰」を念頭に置かれて製作されたアルバムである。

アルバムのリリースに合わせて1994~95年にかけて行われたツアーでは、全曲にわたりブルースのカバーソングを披露した。

収録曲[編集]

  1. ブルース・ビフォア・サンライズ - Blues Before Sunrise
    オリジナルはリロイ・カーで、1934年リリース。
  2. サード・ディグリー - Third Degree
    オリジナルはエディ・ボイドで、1953年リリース 。
  3. リコンシダー・ベイビー - Reconsider Baby
    オリジナルはローウェル・フルソンで、1954年リリース。
  4. フーチー・クーチー・マン - Hoochie Coochie Man
    オリジナルはマディ・ウォーターズ で、1954年リリース。
  5. ファイヴ・ロング・イヤーズ - Five Long Years
    オリジナルはエディ・ボイドで、1952年リリース。
  6. アイム・トア・ダウン - I'm Tore Down
    オリジナルはフレディ・キングで、1961年リリース。
  7. ハウ・ロング・ブルース - How Long, How Long Blues
    オリジナルはリロイ・カーで、1928年リリース。
  8. ゴーイン・アウェイ・ベイビー - Goin' Away Baby
    オリジナルはジミー・ロジャースで、1950年リリース。
  9. ブルース・リーヴ・ミー・アローン - Blues Leave Me Alone
    オリジナルはジミー・ロジャースで、1954年リリース。
  10. シナーズ・プレア - Sinner's Prayer
    オリジナルはローウェル・フルソンで、1950年リリース。
  11. マザーレス・チャイルド - Motherless Child
    オリジナルはバーベキュー・ボブで、1927年リリース。
  12. イット・ハーツ・ミー・トゥー - It Hurts Me Too
    オリジナルはエルモア・ジェイムスで、1957年リリース。
  13. サムデイ・アフター・ア・ホワイル - Someday After a While
    オリジナルはフレディ・キングで、1962年リリース。
  14. スタンディン・ラウンド・クライング - Standin' Round Crying
    オリジナルはマディ・ウォーターズで、1952年リリース。
  15. ドリフティン - Driftin'
    オリジナルはジョニー・ムーアズ・スリー・ブレイザーズ(歌とピアノ:チャールズ・ブラウン)で、1945年リリース。
  16. グローニング・ザ・ブルース - Groaning The Blues
    オリジナルはオーティス・ラッシュで、1956年リリース。

プレイヤー[編集]

脚注[編集]