チャーリー・セクストン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チャーリー・セクストン
Charlie Sexton
Charlie Sexton.jpg
チャーリー・セクストン(2014年)
基本情報
出生名 Charles Wayne Sexton
生誕 (1968-08-11) 1968年8月11日(52歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 テキサス州サンアントニオ
ジャンル ロックブルースフォーク
職業 ギタリストシンガーソングライター
担当楽器 ギターピアノキーボード
活動期間 1984年 -
レーベル MCAレコード
Back Porch Records
共同作業者 アーク・エンジェルス
ボブ・ディラン
ロス・スーパー・セヴン
公式サイト charliesexton.com

チャーリー・セクストンCharlie Sexton1968年8月11日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州出身のギタリストシンガーソングライター1985年、17歳でソロ・デビューを果たし、1999年にはボブ・ディランのバック・バンドに加入。

来歴[編集]

テキサス州サンアントニオで生まれ、幼い頃にオースティンに移る。少年時代にブルーグラスブルースの影響を受け、ギターを弾くようになる。16歳で、ドン・ヘンリーのアルバム『ビルディング・ザ・パーフェクト・ビースト』(1984年)にギタリストとして参加。また、映画『Wild Life』(日本未公開)のサウンドトラックでロン・ウッドと共演[1]

1985年、アルバム『ピクチャーズ・フォー・プレジャー』でソロ・デビューを果たし、全米15位のヒットとなる。高い音楽性と端正なルックスから日本でも人気を獲得し、1986年に初の日本公演を行う。日本では「チャリ坊」という愛称で呼ばれていたこともあった[2]

1988年、実弟ウィル・セクストンを中心としたバンド、ウィル&ザ・キルのアルバムに参加。また、氷室京介のアルバム『FLOWERS for ALGERNON』でもギターを弾く。チャーリーのセカンド・アルバム『ドント・ルック・バック(原題: Charlie Sexton)』(1989年)にはブライアン・アダムスが参加し、同作に伴う2度目の東京公演では、氷室京介がゲスト出演した。

1992年には、元スティーヴィー・レイ・ヴォーン&ダブル・トラブルのトミー・シャノンとクリス・レイトン、後にエリック・クラプトンのサポート・ギタリストとして活動するドイル・ブラムホールIIと共にアーク・エンジェルスを結成。同年、アルバム『アーク・エンジェルス』を発表し、日本公演も行う。アーク・エンジェルス解散後、チャーリー・セクストン・セクステット名義で『アンダー・ザ・ウィッシング・ツリー』(1995年)を発表。

1999年、ドイル・ブラムホールIIによる「ブラムホール」名義のアルバム『ジェリークリーム』に参加。同作でチャーリーとドイルが共作した「I Wanna Be」は、エリック・クラプトンB.B.キングが連名で発表したアルバム『ライディング・ウィズ・ザ・キング』でも取り上げられた。更に、1999年から2002年にかけて、ボブ・ディランのサポート・ギタリストとして活動。アルバム『ラヴ・アンド・セフト』(2001年)にも参加した。その後はルーファス・ウェインライト等と共演。

2005年インディーズの「Back Porch Records」から、10年ぶりに自己名義のアルバム『明日への轍』を発表。同作は、日本では2007年にソニー・ミュージックジャパンインターナショナルから発売された。

ディスコグラフィ[編集]

ソロ・アルバム[編集]

  • 『ピクチャーズ・フォー・プレジャー』 - Pictures For Pleasure (1985年)
  • 『ドント・ルック・バック』 - Charlie Sexton (1989年)
  • 『アンダー・ザ・ウィッシング・ツリー』 - Under The Wishing Tree (1995年) ※チャーリー・セクストン・セクステット名義
  • 『明日への轍』 - Cruel And Gentle Things (2005年)

EP[編集]

  • 『ミックスト・インプレッションズ』 - Mixed Impressions (1986年) ※日本のみ
  • 『キング・エルヴィス』 - King Elvis (1990年) ※日本のみ

アーク・エンジェルス[編集]

  • 『アーク・エンジェルス』 - Arc Angels (1992年)
  • Living in a Dream (2009年) ※CD&DVD

ロス・スーパー・セヴン[編集]

  • 『ハード・イット・オン・ジX』 - Heard It On The X (2005年)

脚注[編集]

外部リンク[編集]