ロブ・ベイリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ロブ・ベイリー(Rob Bailey) は、オーストラリアハード・ロック・バンドAC/DCの元メンバーで、ベーシスト1974年4月にAC/DCに参加した当時、バンドはマルコム・ヤング (リズムギター)、アンガス・ヤング (リードギター)、デイヴ・エヴァンス (リード・ヴォーカル)、ピーター・クラック (ドラム)という編成だった。

ベイリーは、1974年からバンドのリズム・セクションとしてレギュラーに演奏していたが、1975年1月に、ドラムのクラックとともに解雇されてしまった。ベイリーはAC/DCの最初のミュージック・ビデオである「Can I Sit Next To You」に出演している。ベイリーの離脱後、3月にマーク・エヴァンスが後任に迎えられるまで、AC/DCはレギュラーのベーシストが不在で、結成時のメンバーだったラリー・ヴァン・クリートや、本来はリズムギターのマルコム・ヤング、ヤング兄弟の兄で当時AC/DCのプロデュースもしていたジョージ・ヤング、ポール・マターズ(Paul Matters)などが交代でベースを弾いていた。

ベイリーは、AC/DCのデビュー・アルバム『ハイ・ヴォルテージ』のレコーディングの時期にメンバーであったが、このアルバムではベースはジョージ・ヤングとクレジットされている。しかし、このアルバムのベースはほとんどベイリーが録音しているとする説もある。

ベイリーは、その後、ニューサウスウェールズ州ニューカッスルのケンブリッジ・ホテルで働くようになった。

参考文献[編集]

  • Two Sides To Every Glory, Paul Stenning, 2005
  • "Metal Hammer & Classic Rock present AC/DC", Metal Hammer magazine special, 2005