レイザーズ・エッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レイザーズ・エッジ
AC/DCスタジオ・アルバム
リリース
録音 1989年 - 1990年 リトル・マウンテン・スタジオ(バンクーバー
ジャンル ハードロックヘヴィメタル
時間
レーベル アトコ・レコード(オリジナル盤)
エピック(リイシュー盤)
プロデュース ブルース・フェアバーン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 2位(アメリカ)
  • 3位(オーストラリア)
  • 4位(イギリス)
AC/DC 年表
ブロウ・アップ・ユア・ヴィデオ
(1988年)
レイザーズ・エッジ
(1990年)
ライヴ
(1992年)
ミュージックビデオ
「Thunderstruck」 - YouTube
「Moneytalks」 - YouTube
「Are You Ready」 - YouTube
テンプレートを表示

レイザーズ・エッジ』(The Razors Edge)は、AC/DC1990年に発表したアルバム。

解説[編集]

ザ・ファームクリス・スレイドが、新ドラマーとして加入。しかし、1994年にはフィル・ラッドがバンドに復帰したため、本作はクリス在籍時としては唯一のスタジオ・アルバムとなった。ブルース・フェアバーンをプロデューサーに起用し、レコーディングはブルース所有のリトル・マウンテン・スタジオで行われた。本作制作当時、ヴォーカリストのブライアン・ジョンソンは私生活で問題を抱えていたため、作詞もアンガス・ヤングマルコム・ヤングの2人だけで行われた[1]

本作からの第1弾シングル「サンダーストラック」は、1999年公開の映画『バーシティ・ブルース』のサウンドトラックに使用され[2]、2008年にはNBAチームのオクラホマシティ・サンダーのテーマ曲に使用された[3]

収録曲[編集]

全曲アンガス・ヤングマルコム・ヤングの共作。

  1. サンダーストラック - "Thunderstruck" - 4:52
  2. ファイアー・ユア・ガンズ - "Fire Your Guns" - 2:53
  3. マネートークス - "Moneytalks" - 3:45
  4. レイザーズ・エッジ - "The Razors Edge" - 4:22
  5. ミストレス・フォー・クリスマス - "Mistress for Christmas" - 3:59
  6. ロック・ユア・ハート・アウト - "Rock Your Heart Out" - 4:06
  7. アー・ユー・レディ - "Are You Ready" - 4:10
  8. ガット・ユー・バイ・ザ・ボールズ - "Got You by the Balls" - 4:30
  9. ショット・オブ・ラヴ - "Shot of Love" - 3:56
  10. レッツ・メイク・イット - "Let's Make It" - 3:32
  11. バッド・ラック - "Goodbye & Good Riddance to Bad Luck" - 3:13
  12. イフ・ユー・デアー - "If You Dare" - 3:18

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本盤CD(2008年再発盤、SICP 2042)ライナーノーツ(アラン・ディペルナ)p.3
  2. ^ Varsity Blues (1999)-Soundtracks- (IMDb.com)
  3. ^ 早野明生 (2008年11月25日). “NHKスポーツオンライン-ちょっと読ん得?”. NHK. 2008年12月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月6日閲覧。