スティーヴィー・ヤング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

スティーヴィー・ヤングStevie Young、本名 Steve Young 1956年12月11日 - )は、スコットランド出身のギタリスト。ハード・ロック・バンドAC/DCのギタリストであるアンガスマルコムのヤング兄弟の甥にあたり、1988年AC/DCのアメリカ・ツアーでは、マルコムの代役としてステージに上がった。

経歴[編集]

スティーヴィー・ヤングは、もともと1970年代の遅い時期に、スコットランド南部のホイック(Hawick)で、いくつかのバンドで活動した後、1980年に結成した自身のロック・バンド、スターファイターズ英語版で、1980年代はじめに2枚のアルバムを制作した。ファースト・アルバム『Starfighters』をリリースしたスターファイターズは、AC/DCのアルバム『バック・イン・ブラック』のイギリス・ツアーで前座を務めた。

スターファイターズは1983年に解散し、その後1987年に一時的に再結成した。しかし、もはやAC/DCの支えもなく、再結成はうまく行かなかった。

1988年、AC/DCはアルバム『ブロウ・アップ・ユア・ヴィデオ』のツアーを5月3日メイン州ポートランド公演から始めたが、当時アルコール依存症が進んで対処が必要になっていたリズムギターのマルコムは、このアメリカ・ツアーではステージに上がらず、代わってスティーヴィーがその穴を埋めた。ファンの大部分は、スティーヴィーがマルコムに容貌が似ていたこともあって、スティーヴィーへの交代に気づかなかった[1]

1989年、スティーヴィーは、新たにリトル・ビッグ・ホーン(Little Big Horn)を結成し、そのデモ・テープをマルコムにプロデュースしてもらった。このバンドは、BBC Radio 1トミー・ヴァンス(Tommy Vance)司会のラジオ番組『Friday Rock Show』のために演奏を録音したものの、結局はレコード・レーベルとの契約を得られないまま、解散してしまった。

その後、スティーヴィーは、アップ・ライジング(Up Rising)を結成したが、これも長続きはしなかった。

スターファイターズは、AC/DCにまつわるエピソードや関係者のインタビューを集めた2001年の書籍『Get your jumbo jet out of my airport』に取り上げられ[2]、またレア盤ガイドなどでも言及されることがある。

ディスコグラフィ[編集]

Starfighters

  • Starfighters1981年) Jive Records
  • In-Flight Movie1983年) Jive Records

参考文献[編集]

  • AC/DC評伝 モンスターバンドを築いた兄弟(おとこ)たち』、DU BOOKS、2018年6月、 ISBN 978-4-86647-020-7

出典[編集]

  1. ^ AC/DC - Bedlam In Belgium - English version
  2. ^ Johnson, Howard Get Your Jumbo Jet Out of My Airport: Random Notes for Ac/Dc Obsessives, 2001, ISBN 978-1902799018