クリフ・ウィリアムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クリフ・ウィリアムズ
(Cliff Williams)
CliffWilliams.JPG
AC/DCのステージでのクリフ・ウィリアムズ。2008年11月23日ミネソタ州セントポールにて。
基本情報
出生名 Clifford Williams
生誕 (1949-12-14) 1949年12月14日(69歳)
出身地 イギリスの旗 イギリスイングランドの旗 イングランドロムフォード(Romford)
ジャンル ハード・ロックヘヴィメタル
ブルース・ロックロックンロール
職業 ミュージシャン
担当楽器 ベースバッキング・ヴォーカル
活動期間 1970年 - 2016年
レーベル コロムビア・レコード
共同作業者 AC/DC、ホーム、バンディット
公式サイト AC/DC Official Website

クリフ・ウィリアムズ(Clifford Williams1949年12月14日 - )は、イギリス生まれのベーシスト1977年オーストラリアハード・ロックのバンドAC/DCのメンバーの1人となり、2003年には他のメンバーと一緒にロックの殿堂入りを果たした[1]ロンドン東郊のロムフォード(Romford)で生まれたが、9歳の時に家族とともにリバプールへ転居、当地で育ち、エンジニアとして2年間働いた。最初に参加したバンドはホーム(Home)であった。バンドメイトであるブライアン・ジョンソンと同様に、現在は米国フロリダ州フォートマイヤーズに住んでいる。モデルで女優のエリン・ルーカス(Erin Lucas)は娘である[2]

経歴[編集]

初期[編集]

1970年、クリフ・ウィリアムズは最初のバンド、ホームを、シンガーのミック・スタッブス(Mick Stubbs)、ギターのローリー・ワイズフィールド(Laurie Wisefield、キーボードのクライヴ・ジョン(Clive John)、ドラムのミック・クック(Mick Cook)と一緒に始めた。プログレッシブ・ロックの影響を受けた彼らの音楽は、すぐにエピック・レコードとの契約を得て、翌1971年には、デビュー・アルバム『Pause For A Hoarse Horse』がリリースされた。ホームは1971年11月にウェンブリー・エンパイア・プールで行われたレッド・ツェッペリンの「エレクトリック・マジック・ショー」(サーカスとロック・バンドをフィーチャーした公演)で、ホームは前座を務めた。

1972年、キーボードがクライヴ・ジョンからジム・アンダーソンに代わり、セルフタイトル・アルバム『ホーム』がリリースされ、そこからカットされた、バンドにとって唯一のヒットとなったシングル盤「Dreamer」が11月に発売された。このアルバムは、イギリスのアルバム・チャートで41位まで浮上した。これに続いた1973年のアルバム『The Alchemist』は、大きな成功を収めることはできなかった。1974年3月、イギリスのフォークシンガーソングライターアル・スチュアート(Al Stewart)は、ホームに、アメリカ・ツアーのバックをやらないかと提案した。ミック・スタッブスはバンドを離れ、バンドは「アル・スチュアート・バンド」となった。しかし、このバンドは長続きせず、ウィリアムズは程なくして脱退し、1974年のうちにバンディットを結成した。

Williams performing with AC/DC in 1981

バンディットはアリスタ・レコードとすぐに契約を結び、1977年にセルフタイトル・アルバム『バンディット』をリリースした。この時のメンバーはウィリアムズと、(後にソロ歌手として成功した)ヴォーカルのジム・ダイアモンド(Jim Diamond)、(後にバック・フィズ(Bucks Fizz)、ロジャー・ウォーターズ・バンドに参加した)ドラムのグラハム・ブロード(Graham Broad)であった。

AC/DC[編集]

AC/DCの初代ベーシストだったマーク・エヴァンス(Mark Evans) は、1977年のスタジオ・アルバム『ロック魂』のレコーディング直後に解雇され、ウィリアムズは新しいベーシストとして採用された。ウィリアムズは、アルバム『ロック魂』を受けたレット・ゼア・ビー・ロック・ツアーからAC/DCのメンバーとして登場し、スタジオ・アルバムでは1978年の『パワーエイジ』でデビューした。ウィリアムズは、リズム・ギターをフォローする安定した基本的なベース・ラインを確実に刻みながら、リズム・ギターのマルコム・ヤングとともにバッキング・ヴォーカルも務めていた。2016年7月、相次ぐメンバー交代から活動意欲を無くし、ツアー終了次第バンドを離れて音楽界からも引退することを表明した[3]

機材[編集]

1995年の『ボールブレイカー』以降、ウィリアムズはミュージックマン・スティングレイに、ダダリオフラットワウンド弦を張って使っている。AC/DCに参加した頃は、フェンダー・プレシジョンベースを主に使っていたが、ライブでは、フェンダー・ジャズベースを用いることもある。

1980年の『バック・イン・ブラック』については、ノンリバース・ギブソン・サンダーバードが使用されたと考えられている[4]1981年の『悪魔の招待状』で、ウィリアムズはフェンダー・プレシジョンベースを使った。1983年の『征服者』とそれを受けたツアーでは、スタインバーガーが使われた[5]。ウィリアムズは、1980年代を通して、主にプレシジョンベースを使ったが、例外的に、1985年の『フライ・オン・ザ・ウォール』ではギブソン・SGベース(ギブソン・EB-3の再発版)を使っていた。1990年の『レイザーズ・エッジ』では、フェンダー・ジャズベースが使われた。

ウィリアムズは、アンペグアンプを使用している。

出典・脚注[編集]

参考文献[編集]

  • AC/DC評伝 モンスターバンドを築いた兄弟(おとこ)たち』、DU BOOKS、2018年6月、 ISBN 978-4-86647-020-7

外部リンク[編集]