ウィッシュボーン・アッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィッシュボーン・アッシュ
Wishboneash1.jpeg
基本情報
出身地 イングランド
ジャンル ハードロック, プログレッシブ・ロック, アートロック,ヘヴィメタル,サイケデリックトランス
活動期間 1969年 - 現在
レーベル MCA,AVM,Neat,I.R.S,Permenant,Talking Elephant
共同作業者 マーティン・ターナーズ・ウィッシュボーン・アッシュ
公式サイト wishboneash.com
メンバー
アンディ・パウエル
マディ・マンニネン
ボブ・スキート
ジョセフ・クラブツリー
旧メンバー
マーティン・ターナー
スティーブ・アプトン
テッド・ターナー
ローリー・ワイズフィールド
ジョン・ウェットン
トレバー・ボーダー
マービン・スペンス
ジェイミー・クロンプトン
アンディ・パイル
レイ・ウエストン
マイク・ストゥージス
グレン・ターナー

{{{Influences}}}

ウィッシュボーン・アッシュ(Wishbone Ash)はイギリスのロックバンドである。ツインリードギターのバンドスタイルで有名であり、3人のフロントマンがボーカルもとった。1970年代を通してイギリスを代表するバンドの一つとして評価を得た。この業績によりアンディ・パウエルとテッド・ターナーは「ロック史における最も重要なギタリスト10人」(Traffic magazine 1989)「偉大なギタリスト20」(Rolling Stone magazine)に選出され、Melody Maker(1972)によって「ジェフ・ベックジミー・ペイジヤードバーズに加入して以来の最も興味深いツインギターバンド」と評された。

経歴[編集]

1966年、デヴォン州トーキーにてスティーブ・アプトンと、マーティン・ターナー、グレン・ターナーのターナー兄弟で母体となるバンド(The Empty Vessels後にTanglewood)が結成され、後ロンドンに進出。だがグレンが脱退したためテッド・ターナーが加入する(同姓ではあるが兄弟と血縁関係は無い)。

その後アンディ・パウエルが加入してツイン・リードギター体制が確立するが、パウエル加入の経緯に関しては諸説あり、「テッドとパウエルが同時にオーディションに現れ、バンド側がどちらを採用するか決め兼ねた結果、後に予定していたキーボーディストのオーディションを中止して2人を加入させた[1][2]」というものと、「テッド加入後、キーボーディストのオーディションを行ったところパウエルがギタリストの募集であると勘違いしてオーディションに現れたが、試しに音を合わせてみたところ好感触が得られたため予定を変更してパウエルを加入させた[3]」との説がある。

そのツインギターはオールマン・ブラザーズ・バンドとは違い、プログレッシヴ・ロックやフォーク、クラシックに強い影響を受けていた。この頃新しいバンド名を考案しようとした際に「ウィッシュボーン」と「アッシュ」の2例が上がり、マーティン・ターナーがその2つを組み合わせてバンド名とした。

1970年代初頭、ディープ・パープルの前座を勤めた事を切っ掛けに、ディープ・パープルは自分たちの初期のプロデューサーであったデレク・ローレンスにウィッシュボーン・アッシュを推薦。プロデビューへの道が開く。

1970年MCAより『光なき世界』(原題Wishbone Ash)を発表しアルバムデビュー。このアルバムの最後に収められている曲『フェニックス』(Phoenix)は、現在でもライブで演奏される代表曲の一つである。

1971年のライブ

1972年に発表した3枚目のアルバム『百眼の巨人アーガス』(Argus)は、ツインリードスタイルの完成を果たしたことでバンドの最高傑作と称され、英国チャート3位に入る。このアルバムは内容もさることながら、ヒプノシスによるジャケットデザインでも現在に受け継がれる傑作とされる。また、この作品にはマーティン・バーチがサウンドエンジニアとして参加している。このアルバムは音楽雑誌の読者投票によって「ロックのベストアルバム」に選出され、「アルバム英国部門一位」(Melody Maker magazine)となった。

1973年『ウィッシュボーン・フォー』(Wishbone Four)はデレク・ローレンス抜きで制作された最初のアルバムである。同年、ライブ盤『ライブ・デイト』(Live Dates)もリリースした。イギリスでの成功を収めたバンドはアメリカ市場への挑戦のため当地に移住するが、その矢先にテッドが脱退。ローリー・ワイズフィールドが加入。

1974年『永遠の不安』(There's the Rub)、1976年『限りなき束縛』(Locked In)はトム・ダウドによってプロデュースされ、キーボードを取り入れ、アメリカ市場を意識した音作りに転換していった。なお『限りなき束縛』には、ホイットニー・ヒューストンの母シシー・ヒューストンがコーラスで参加している。

1976年『ニュー・イングランド』(New England)では従来のスタイルに戻り、メロウで実験的な1977 年『フロント・ページ・ニュース』(Front Page News)を最後にアメリカから撤退。

1978年からはイギリスに戻って活動。実験的なアルバムの後で、ウィッシュボーン・アッシュのルーツに戻る事を決意し、バンドは『因果律』(no smoke without fire)でローレンスと再び組んだ。曲は主にワイズフィールドとターナーによって書かれた。

1980年2月、バンドは6ヶ月かけて制作した『ジャスト・テスティング』(Just Testing)をリリースした。パワー・ポップなども意識した音作りを進めるが、1981年に中心的存在だったマーティンが脱退。ジョン・ウェットンが加入。だが間も無くウェットンも脱退し、後任にはやはりユーライア・ヒープ人脈のトレバー・ボーダーが参加。だがメンバーの出入りが激しくなる一方で、パウエルがバンドを支え続けたものの影響力は低下する。

1987年、バンドの初期マネージャーであるマイルス・コープランドが立ち上げた新レーベルより、オリジナルメンバーによるインストアルバム制作の話が持ちかけられ、それを機に、テッド・ターナー、マーティン・ターナーが復帰、14年振りに往年の編成が復活し、アルバム『Nouveau Calls』がリリースされた。インストアルバムであった為『Nouveau Calls』の売り上げは低調であったものの、それに伴うオリジナルメンバーによるツアーは大好評を博し、70年代以来の大規模なものとなった。

1989年、従来通りのボーカルを含んだアルバム『Here to Hear』をリリースするものの、翌年、アプトンが音楽界からの引退を表明し、オリジナルメンバーでの復活は、3年弱で終焉を迎えることとなる。ついで1991年にマーティン・ターナー、1994年にテッド・ターナーが脱退し、全盛期を知るメンバーはパウエル一人となる。その後何度もメンバーチェンジを繰り返し、現在のウィッシュボーン・アッシュはパウエルのみがオリジナルメンバーで、ライヴで演奏されるのは、ほとんどが70年代の全盛期の曲であり、『百眼の巨人アーガス』の完全再現も行っている。

備考[編集]

  • アンディ・パウエルは一貫してフライングVを使用している。ルドルフマイケルのシェンカー兄弟は、パウエルの演奏にあこがれて同種のギターを手にした。
  • バンドのマネージャー、マイルス・コープランド3世は、ポリススチュワート・コープランドの実兄。パウエルはルネッサンスの1973年のアルバム『Ashes Are Burning』(燃ゆる灰)に客演しているが、これは当時ルネッサンスもマイルスのマネージメントを受けていたという縁で実現したものである。 
  • 2004年、オリジナルメンバーのマーティン・ターナーが「Martin Turner's Wishbone Ash」で活動を開始している。『百眼の巨人アーガス』の再録音を行っている。

主なディスコグラフィーと歴代メンバー構成[編集]

アルバム
(邦題)
ギター、ボーカル ギター、ボーカル ベース、ボーカル ドラムス その他メンバー
1970 Wishbone Ash
(光なき世界)
アンディ・パウエル テッド・ターナー マーティン・ターナー スティーブ・アプトン
1971 Pilgrimage
(巡礼の旅)
1972 Argus
(百眼の巨人アーガス)
1973 Wishbone Four
(ウィッシュボーン・フォー)
1973 Live Dates(live)
(ライブ・デイト)
1974 There's the Rub
(永遠の不安)
ローリー・ワイズフィールド
1976 Locked In
(限りなき束縛)
ピート・ウッド(K)
1976 New England
(ニュー・イングランド)
1977 Front Page News
(フロント・ページ・ニュース)
1978 No Smoke Without Fire
(因果律)
1979 Live In Tokyo(live)[注釈 1]
(ライブ・イン・トーキョー)
1980 Just Testing
(ジャスト・テスティング)
1981 Number the Brave ジョン・ウェットン
1982 Twin Barrels Burning トレバー・ボーダー
1985 Raw to the Bone マービン・スペンス アンドリュー・ブラウン(K)
1987 Nouveau Calls
(instrumental album)
テッド・ターナー マーティン・ターナー
1989 Here to Hear
(コズミック・ジャズ)
1991 Strange Affair
(ストレンジ・アフェア)
レイ・ウエストン ロビー・フランス(D)
1996 Illuminations - ロジャー・フルゲイト マイク・ストゥージス トニー・キッシュマン(Lead vo)
マーク・テンプルトン(K)
1997 Trance Visionary - - - マイク・ベネット(techno remix)
1998 Psychic Terrorism マーク・バーチ ボブ・スキート レイ・ウエストン
2002 Bona Fide ベン・グランフェルト
2006 Clan Destiny マディ・マンニネン
2007 Power of Eternity ジョセフ・クラブツリー
2011 Elegant Stealth

日本公演 (およびメンバー構成)[編集]

日時、場所 ギター、ボーカル ギター、ボーカル ベース、ボーカル ドラムス
1975 2/15 大阪厚生年金会館,
2/21・23 中野サンプラザ
アンディ・パウエル ローリー・ワイズフィールド マーティン・ターナー スティーブ・アプトン
1976 10/2・3, /14 中野サンプラザ
10/6・7 大阪厚生年金会館 他
1978 11/10, 11/15 東京厚生年金会館
(『ライブ・イン・トーキョー』音源)
1991 5/21 CLUB CITTA',
5/23 名古屋ボトムライン,
5/24 大阪アムホール
テッド・ターナー レイ・ウエストン
2010 8/14・15 CLUB CITTA[注釈 2] マディ・マンニネン ボブ・スキート ジョセフ・クラブツリー
2011 8/27 CLUB CITTA
8/28 PROGRESSIVE ROCK FES 2011
日比谷野外音楽堂

注釈[編集]

  1. ^ 日本限定発売のライブ盤
  2. ^ 当初は6月26日・27日の予定だったが、パウエルの急病により延期された。

脚注[編集]

  1. ^ 池田聡子『光なき世界からの旅立ち』 ストレンジデイズ2010年7月号 76ページ(ストレンジデイズ)
  2. ^ マッド矢野『英米の突端に触れ続けたロック巡礼者』 フラッシュバックシリーズ ブリティッシュ・ハードロック 88ページ (シンコーミュージック・エンタテイメント
  3. ^ 平野和祥『WISHBONE ASH』 ディスクガイドシリーズ ブリティッシュ・ハードロック 57ページ (シンコーミュージック・エンタテイメント)

外部リンク[編集]

  • Wishbone Ash 公式サイト(英語)
  • [1]Martin Turner's Wishbone Ash 公式サイト(英語)