百眼の巨人アーガス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
百眼の巨人アーガス
ウィッシュボーン・アッシュスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ハードロックフォークロックプログレッシブ・ロック
レーベル MCAレコード/デッカ・レコード
プロデュース デレク・ローレンス
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 3位(イギリス[1]
  • 21位(ノルウェー[2]
  • 169位(アメリカ[3]
  • ウィッシュボーン・アッシュ アルバム 年表
    巡礼の旅
    (1971年)
    百眼の巨人アーガス
    (1972年)
    Live from Memphis
    (1972年)
    テンプレートを表示

    百眼の巨人アーガス』(原題:Argus)は、イギリスロックバンドウィッシュボーン・アッシュ1972年に発表した3作目のスタジオ・アルバム

    背景[編集]

    アンディ・パウエルは、ザ・フーと共にツアーを行った際にピート・タウンゼントの作り出したコード進行に感銘を受け、それが「ブローイン・フリー」の作曲に繋がったという[4]。「剣を棄てろ」にはルネッサンスのキーボーディストとして知られるジョン・タウトがゲスト参加しており、アンディ・パウエルは後に、その返礼としてルネッサンスのアルバム『燃ゆる灰』のレコーディングに参加した[5]

    アルバム・タイトルはスティーヴ・アプトンの発案で、ギリシア神話の巨人アルゴスに由来している[6]ヒプノシスがデザインしたジャケットは、ケン・ラッセルの監督映画『肉体の悪魔』(1971年)で使われた衣装を借りて、フランスのプロヴァンスで撮影された[6]

    反響・評価[編集]

    イギリスでは1972年5月20日付の全英アルバムチャートで初登場3位となり[7]、バンド唯一の全英トップ10アルバムとなって、合計20週トップ100入りした[1]。アメリカでは13週にわたりBillboard 200入りを果たして、1972年7月29日に最高169位を記録した[3]。ノルウェーではバンド初のアルバム・チャート入りを果たし、3週トップ40入りして最高21位を記録した[2]

    William Ruhlmannはオールミュージックにおいて5点満点中4点を付け「様々なスタイルの音楽を、彼ら独自の方法で融合して個性的なサウンドを作り上げた作品」「"The King Will Come"や"Warrior"における中世的な感触の歌詞は、音楽に荘厳な色を与える手法として、当時のブリティッシュ・ロック界で広く用いられていたが、これらの曲では、ツイン・リード・ギターやジャムのスペースを伴ったアレンジが巧みに機能している」と評している[8]

    リイシュー[編集]

    1991年の再発CDには、シングル「ブローイン・フリー」のB面曲「ノー・イージー・ロード」がボーナス・トラックとして追加された[9]。また、2002年リマスターCDには、1972年8月21日のメンフィス公演のライヴ録音を収録したプロモーションEP『Live from Memphis』からの3曲が追加収録された[10]

    収録曲[編集]

    全曲ともメンバー4人の共作。

    1. 時は昔 - "Time Was" - 9:45
    2. いつか世界は - "Sometime World" - 6:57
    3. ブローイン・フリー - "Blowin' Free" - 5:18
    4. キング・ウィル・カム - "The King Will Come" - 7:08
    5. 木の葉と小川 - "Leaf and Stream" - 3:56
    6. 戦士 - "Warrior" - 5:54
    7. 剣を棄てろ - "Throw Down the Sword" - 5:56

    1991年再発CDボーナス・トラック[編集]

    1. ノー・イージー・ロード - "No Easy Road" - 3:39

    2002年リマスターCDボーナス・トラック[編集]

    1. ジェイル・ベイト - "Jail Bait (Live)" - 4:57
    2. 巡礼 - "The Pilgrim (Live)" - 10:10
    3. フェニックス - "Phoenix (Live)" - 17:06

    参加ミュージシャン[編集]

    アディショナル・ミュージシャン

    脚注・出典[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ a b WISHBONE ASH | full Official Chart History | Official Charts Company
    2. ^ a b norwegiancharts.com - Wishbone Ash - Argus
    3. ^ a b Wishbone Ash Argus Chart History - Billboard 200”. Billboard. 2019年1月24日閲覧。
    4. ^ Wiser, Carl. “Andy Powell of Wishbone Ash: Songwriter Interviews”. Songfacts. 2019年1月24日閲覧。
    5. ^ WISHBONE ASH Guitarist Remembers RENAISSANCE Keyboardist”. DMME.net (2015年5月7日). 2019年1月24日閲覧。
    6. ^ a b Ling, Dave (2014年4月28日). “Wishbone Ash: The Making Of Argus”. loudersound.com. Future plc. 2019年1月24日閲覧。
    7. ^ Official Albums Chart Top 50 - 14 May 1972 - 20 May 1972”. Official Charts Company. 2019年1月24日閲覧。
    8. ^ Ruhlmann, William. “Argus - Wishbone Ash”. AllMusic. 2019年1月24日閲覧。
    9. ^ Wishbone Ash - Argus (CD, Album, Reissue) | Discogs - 1991年再発CDの情報。
    10. ^ Wishbone Ash - Argus (CD, Album, Reissue, Remastered) | Discogs - 2002年リマスターCDの情報。
    11. ^ a b c CD英文ブックレット内クレジット

    外部リンク[編集]