ルネッサンス (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ルネッサンス(Renaissance)は主として1970年代に活躍したイギリスプログレッシブ・ロック・バンドであり、メンバー構成により大きく2つの時期に分けられる。

第1期[編集]

1968年ヤードバーズ解散後、メンバーだったキース・レルフ(Vocal & Harmonica)とジム・マッカーティー(Drums)の2人は、フォーク・デュオ「トゥゲザー」を結成するが、これはシングル盤1枚を出しただけで活動を終了した。この後、2人は新たに元ザ・ハードのルイス・セナモ(Bass)、元ナッシュヴィル・ティーンズのジョン・ホウクン(Keyboard)、キースの妹のジェーン・レルフ(Vocal)の3人を加え5人編成となり、1969年バンド名をルネッサンスとして活動を開始した。バンド名をタイトルにしたアルバム『RENAISSANCE(ルネッサンス)』を発表している。サウンドはヤードバーズ時代のブルースとはうって変わり、フォークにクラシックを加えたものであった。

しかし、商業的にはほとんど成功せず、2ndアルバム『ILLUSION(イリュージョン)』のレコーディング中に解散状態となった。このレコーディングはマイケル・ダンフォードらによって引き継がれて完成し(そのため、『イリュージョン』の中の1曲ではメンバーがほとんど入れ替わっている)、1971年に発売された。また、後にキースとルイスはハードロック・バンド「アルマゲドン」を結成している。

なお、この時代を、次項の時代と区別するためにオリジナル・ルネッサンスと呼ぶことも多い。

第2期[編集]

『イリュージョン』完成後、マイケル・ダンフォードを中心とした新生ルネッサンスが結成された。通常、ルネッサンスといえばこの時代を指すことが多い。この時のメンバーはアニー・ハズラム(Vocal)、ジョン・キャンプ(Bass)、ジョン・タウト(Keyboard)、テレンス・サリヴァン(Drums)の4人で、中心人物であるマイケル・ダンフォードは契約の関係でアルバムには参加せず、作曲のみの参加であった。また、作詞者として6人目のメンバーとも呼ばれるベティー・サッチャーがいた。このメンバーにより、1972年に『PROLOGUE(プロローグ)』、1973年に『ASHES ARE BURNING(燃ゆる灰)』をリリース。

その後レコード会社をマイケル・コープランド(ポリス (バンド)スチュワート・コープランドの実兄)の新設したBTMに移籍。1974年の『TURN OF THE CARDS(運命のカード)』からはマイケル・ダンフォードも正式にメンバーとして加わり、このメンバーでライブを含む数枚のアルバムを残している(特に1975年の『SHEHERAZADE AND OTHER STORIES(シェーラザード夜話)』と1977年の『NOVELLA(お伽噺)』は評価が高い[要出典])。

なお、70年代のこの時期におけるルネッサンスは、全面的にオーケストラを起用しているものの、クラシック的というよりもトラッド・フォーク的とすら言えるアレンジが特徴だった[要出典]。さらに、1979年の『AZURE D'OR(碧の幻想)』ではオーケストラが無くなり、代わりにシンセサイザーの音色を前面に打ち出したサウンドへと変化している。その後、テレンス・サリヴァンとジョン・タウトがバンドを脱退、そしてルネッサンスは一旦解散した。

この間1977年に(オリジナル・)ルネッサンスが再結成したものの、(アニー・ハズラムの)新生ルネッサンスが大成功していたため「ルネッサンス」の名前を使えず、(オリジナル・)ルネッサンスの2ndアルバムのタイトル『イリュージョン』をバンド名として採用した。

一旦解散した後、アニー・ハズラム、ジョン・キャンプ、マイケル・ダンフォードの3人によりルネッサンスは再結成され、2枚のアルバムを残す。その後、再度解散し、それ以降、再結成・解散を繰り返している。

その後、そして現在[編集]

その後アニー・ハズラムはソロ活動へと移行、来日公演も行うが、1990年代末頃よりマイケル・ダンフォードも音楽活動を活発化させた。そして2000年にはこの二人が合流、テレンス・サリヴァンも加わり正式にルネッサンスとして活動を再開。2000年にアルバムを発表した後、2001年にはルネッサンスとしては初めての来日公演も行った。

なお、(オリジナル・)ルネッサンスのメンバーであるジム・マッカーティ、ジェーン・レルフ、ジョン・ホウクン、ルイス・セナモの4人は2001年に再度集結し、『RENAISSANCE ILLUSION(ルネッサンス・イリュージョン)』の名前でアルバムを発表している。

2012年11月20日、第2期ルネッサンスの中心人物であったマイケル・ダンフォードが脳内出血により死去[1]

2013年、約12年ぶりの新作アルバム「消ゆる風」のリリースが行われた。

2015年5月1日、第2期ルネッサンスのキーボーディスト、ジョン・タウトがロンドンにて死去[2]

メンバーと担当楽器[編集]

第1期-1 1969年[編集]

  • キース・レルフ(Keith Relf) - vocal/guitar
  • ジム・マッカーティー(Jim McCarty) - drums/backing vocal
  • ジョン・ホウクン(John Hawken) - piano
  • ルイス・セナモ(Louis Cennamo) - bass guitar
  • B.J.・コール(B.J. Cole) - steel guitar
  • クリス・ドレヤ(Chris Dreja) - guitar

第1期-2 1969年~1970年[編集]

  • キース・レルフ(Keith Relf) - vocal/guitar/harmonica
  • ジム・マッカーティー(Jim McCarty) - drums/backing vocal
  • ジョン・ホウクン(John Hawken) - piano/harpsichord/electric piano(2nd)
  • ルイス・セナモ(Louis Cennamo) - bass guitar
  • ジェーン・レルフ(Jane Relf) - vocal/percussion


1st「Renaissance」、2nd「Illusion」の5曲録音。
(但し“Past Orbits Of Dust”はホウクン不参加でドン・シン(Don Shin)がelectric pianoを弾いている。)

第1期-3 1970年[編集]

  • ジェーン・レルフ(Jane Relf) - vocal/percussion
  • テリー・クロウ(Terry Crowe) - vocal
  • マイケル・ダンフォード(Michael Dunford) - acoustic guitar/guitar
  • ジョン・ホウクン(John Hawken) - harpsichord/electric piano/organ
  • ニール・コーナー(Neil Korner) - bass guitar
  • テリー・スレイド(Terry Slade) - drums


2nd「Illusion」の1曲“Mr. Pine”を録音。

第2期-1 1970年[編集]

  • ビンキー・カロン(Binky Cullom) - vocal
  • テリー・クロウ(Terry Crowe) - vocal
  • マイケル・ダンフォード(Michael Dunford) - acoustic guitar/guitar
  • ジョン・ホウクン(John Hawken) - piano/harpsichord/electric piano/organ
  • ニール・コーナー(Neil Korner) - bass guitar
  • テリー・スレイド(Terry Slade) - drums

第2期-2 1970年[編集]

  • ビンキー・カロン(Binky Cullom) - vocal
  • テリー・クロウ(Terry Crowe) - vocal
  • マイケル・ダンフォード(Michael Dunford) - acoustic guitar/guitar
  • ジョン・タウト(John Tout) - piano/keyboard
  • ニール・コーナー(Neil Korner) - bass guitar
  • テリー・スレイド(Terry Slade) - drums

第2期-3 1971年[編集]

  • アニー・ハスラム(Annie Haslam) - vocal
  • テリー・クロウ(Terry Crowe) - vocal
  • マイケル・ダンフォード(Michael Dunford) - acoustic guitar/guitar
  • ジョン・タウト(John Tout) - piano/keyboard
  • ニール・コーナー(Neil Korner) - bass guitar
  • テリー・スレイド(Terry Slade) - drums

第2期-4 1971年[編集]

  • アニー・ハスラム(Annie Haslam) - vocal
  • テリー・クロウ(Terry Crowe) - vocal
  • マイケル・ダンフォード(Michael Dunford) - acoustic guitar/guitar
  • ジョン・タウト(John Tout) - piano/keyboard
  • ダニー・マッカロウ(Danny McCullough) - bass guitar
  • テリー・スレイド(Terry Slade) - drums

第2期-5 1971年[編集]

  • アニー・ハスラム(Annie Haslam) - vocal
  • テリー・クロウ(Terry Crowe) - vocal
  • マイケル・ダンフォード(Michael Dunford) - acoustic guitar/guitar
  • ジョン・タウト(John Tout) - piano/keyboard
  • フランク・ファレル(Frank Farrell) - bass guitar
  • テリー・スレイド(Terry Slade) - drums

第2期-6 1971年[編集]

  • アニー・ハスラム(Annie Haslam) - vocal
  • テリー・クロウ(Terry Crowe) - vocal
  • マイケル・ダンフォード(Michael Dunford) - acoustic guitar/guitar
  • ジョン・タウト(John Tout) - piano/keyboard
  • ジョン・ウェットン(John Wetton) - bass guitar
  • テリー・スレイド(Terry Slade) - drums

第2期-7 1972年[編集]

  • アニー・ハスラム(Annie Haslam) - vocal
  • ミック・パーソンズ(Mick Parsons) - acoustic guitar/guitar
  • ジョン・タウト(John Tout) - piano/keyboard/backing vocal
  • ジョン・キャンプ(Jon Camp) - bass guitar/backing vocal
  • テレンス・サリヴァン(Terence Sullivan) - drums/backing vocal


ダンフォードが作曲に専念するためにメンバーから外れる。

第2期-8 1972年[編集]

  • アニー・ハスラム(Annie Haslam) - vocal
  • ロブ・ヘンドリー(Rob Hendry) - guitar/backing vocal
  • ジョン・タウト(John Tout) - piano/keyboard/backing vocal
  • ジョン・キャンプ(Jon Camp) - bass guitar/backing vocal
  • テレンス・サリヴァン(Terence Sullivan) - drums/backing vocal

+

  • フランシス・モンクマン(Francis Monkman) - synthesizer(ゲスト/3rd)


3rd「Prologue」録音。

第2期-9 1973年[編集]

  • アニー・ハスラム(Annie Haslam) - vocal
  • ピーター・ファイナー(Peter Finer) - guitar
  • ジョン・タウト(John Tout) - piano/keyboard/backing vocal
  • ジョン・キャンプ(Jon Camp) - bass guitar/backing vocal
  • テレンス・サリヴァン(Terence Sullivan) - drums/backing vocal

第2期-10 1973年[編集]

  • アニー・ハスラム(Annie Haslam) - vocal
  • ジョン・タウト(John Tout) - piano/keyboard/backing vocal
  • ジョン・キャンプ(Jon Camp) - bass guitar/backing vocal
  • テレンス・サリヴァン(Terence Sullivan) - drums/backing vocal

+

  • マイケル・ダンフォード(Michael Dunford) - acoustic guitar(ゲスト/4th)
  • アンディー・パウエル(Andy Powell) - guitar(ゲスト/4th)


4th「Ashes Are Burnning」録音。この時期ダンフォードは契約の関係からゲストとしてクレジットされている。

第2期-11 1974年~1980年[編集]

  • アニー・ハスラム(Annie Haslam) - vocal
  • マイケル・ダンフォード(Michael Dunford) - acoustic guitar/guitar/backing vocal
  • ジョン・タウト(John Tout) - piano/keyboard/backing vocal
  • ジョン・キャンプ(Jon Camp) - bass guitar/backing vocal
  • テレンス・サリヴァン(Terence Sullivan) - drums/backing vocal


5th「Turn Of The Cars」、6th「Scheherazade and Other Stories」、
ライブ「Live At Carnegie Hall」、7th「Novella」、8th「A Song For All Seasons」、9th「Azure D'or」録音。

第2期-12 1981年[編集]

  • アニー・ハスラム(Annie Haslam) - vocal
  • マイケル・ダンフォード(Michael Dunford) - acoustic guitar/guitar/backing vocal
  • ピーター・ゴスリング(Peter Gosling) - keyboard/backing vocal
  • ジョン・キャンプ(Jon Camp) - bass guitar/backing vocal
  • ピーター・バロン(Peter Barron) - drums/backing vocal


10th「Camera Camera」録音。

第2期-13 1983年[編集]

  • アニー・ハスラム(Annie Haslam) - vocal
  • マイケル・ダンフォード(Michael Dunford) - acoustic guitar/guitar/backing vocal
  • ジョン・キャンプ(Jon Camp) - bass guitar/backing vocal

+

  • ピーター・ゴスリング(Peter Gosling) - keyboard(ゲスト/11th)
  • ニック・マグナス(Nick Magnus) - keyboard(ゲスト/11th)
  • エディー・ハーディン(Eddie Hardin) - keyboard(ゲスト/11th)
  • ピーター・バロン(Peter Barron) - drums(ゲスト/11th)
  • イアン・モズレー(Ian Mosley) - drums(ゲスト/11th)
  • ビンボー・エイコック(Bimbo Acock) - sax(ゲスト/11th)
  • デイヴ・トンプソン(Dave Thomson) - trumpet(ゲスト/11th)


11th「Time Line」録音。

第2期-14 1983年[編集]

  • アニー・ハスラム(Annie Haslam) - vocal
  • マイケル・ダンフォード(Michael Dunford) - acoustic guitar/guitar/backing vocal
  • マイク・テイラー(Mike Taylor) - keyboard
  • ジョン・キャンプ(Jon Camp) - bass guitar/backing vocal
  • ギャビン・ハリソン(Gavin Harrison) - drums

シカゴ公演が現地のテレビ番組 "USA Hot Spots" で放送されている。

第2期-15 1984年[編集]

  • アニー・ハスラム(Annie Haslam) - vocal
  • マイケル・ダンフォード(Michael Dunford) - acoustic guitar/guitar/backing vocal
  • ラファエル・ラッド(Raphael Rudd) - keyboard/harp
  • ジョン・キャンプ(Jon Camp) - bass guitar/backing vocal
  • グレッグ・カーター(Greg Carter) - drums

第2期-16 1985年[編集]

  • アニー・ハスラム(Annie Haslam) - vocal
  • マイケル・ダンフォード(Michael Dunford) - acoustic guitar/guitar/backing vocal
  • ラファエル・ラッド(Raphael Rudd) - keyboard/harp
  • マーク・ランバート(Mark Lambert) - bass guitar
  • チャーリー・デスカーフィーノ(Charles Descarfino) - drums

第2期-17 1998年~2000年[編集]

  • アニー・ハスラム(Annie Haslam) - vocal
  • マイケル・ダンフォード(Michael Dunford) - acoustic guitar
  • テレンス・サリヴァン(Terence Sullivan) - drums

+

  • ミッキー・シモンズ(Mickey Simmonds) - keyboard(ゲスト/12th)
  • アレックス・カード(Alex Caird) - bass guitar(ゲスト/12th)
  • ロイ・ウッド(Roy Wood) - bass guitar/keyboard/vocal/percussion(ゲスト/12th)
  • ジョン・タウト(John Tout) - piano/keyboard(ゲスト/12th)


12th「Tuscany」録音。

第2期-18 2001年[編集]

  • アニー・ハスラム(Annie Haslam) - vocal
  • マイケル・ダンフォード(Michael Dunford) - acoustic guitar/backing vocal
  • レイヴ・テザール(Rave Tesar) - keyboard
  • ミッキー・シモンズ(Mickey Simmonds) - keyboard
  • デヴィッド・キーズ(David Keyes) - bass guitar/backing vocal
  • テレンス・サリヴァン(Terence Sullivan) - drums


ライブ「In the Land of the Rising Sun:Live In Japan」録音。

第2期-19 2011年[編集]

  • アニー・ハスラム(Annie Haslam) - vocal
  • マイケル・ダンフォード(Michael Dunford) - acoustic guitar/backing vocal
  • レイヴ・テザール(Rave Tesar) - keyboard
  • ジェイソン・ハート(Jason Hart) - keyboard/backing vocal
  • デヴィッド・キーズ(David Keyes) - bass guitar/backing vocal
  • フランク・パガーノ(Frank Pagano) - drums

ライブ「Live 2011」録音。

ディスコグラフィー[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • ルネッサンス Renaissance (1969年 第1期-2)
  • イリュージョン Illusion (1971年 第1期-2~第1期-3)
  • プロローグ Prologue (1972年 第2期-8)
  • 燃ゆる灰 Ashes Are Burnning (1973年 第2期-10)
  • 運命のカード Turn Of The Cards (1974年 第2期-11)
  • シェーラザード夜話 Scheherazade And Other Stories (1975年 第2期-11)
  • お伽噺 Novella (1977年 第2期-11)
  • 四季 A Song For All Seasons (1978年 第2期-11)
  • 碧の幻想 Azure D'or (1979年 第2期-11)
  • カメラ・カメラ Camera Camera (1981年 第2期-12)
  • タイムライン Time Line (1983年 第2期-13)
  • トスカーナ Tuscany (2000年 第2期-17)
  • 消ゆる風 Symphony of Light (2013年 第2期)

ライブ・アルバム[編集]

  • ライブ Live At Carnegie Hall (1976年 第2期-11)
  • ライブ・イン・ジャパン In The Land Of The Rising Sun:Live In Japan (2001年 第2期-18)
  • Tour 2011 (2011年) CD2枚組み + DVD。ただし、CDの内容はDVDの音声のみ。

その他[編集]

  • Renaissance / Innocence (1998年)
1st「Renaissance」にシングル曲、2nd「Illusion」時のアウトテイク等を収録している。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]