キース・レルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
キース・レルフ
出生名 キース・ウィリアム・レルフ
生誕 (1943-03-22) 1943年3月22日
出身地 イングランドの旗 イングランド サリー リッチモンド
死没

1976年5月14日(1976-05-14)(33歳)


イングランドの旗 イングランド ロンドン
ジャンル ブルースロック
リズム・アンド・ブルース
サイケデリック・ロック
プログレッシブ・ロック
フォークロック
ハードロック
職業 シンガーソングライター
ギタリスト
音楽プロデューサー
担当楽器 ボーカル
ブルースハープ
ギター
活動期間 1956年 - 1976年
共同作業者 ヤードバーズ
ルネッサンス
アルマゲドン

キース・ウィリアム・レルフKeith William Relf1943年3月22日 - 1976年5月14日)は、イングランドミュージシャンヤードバーズのリード・シンガーとして最もよく知られる。歌唱力にやや問題があったもののブルースハープの演奏に長けていた[1]

ヤードバーズの解散後、レルフはジム・マッカーティーと共にロック・デュオ、トゥゲザーで活動し(シングル盤1枚を出しただけで活動停止)、その後ルネッサンス(妹のジェーンもメンバーであった)、アルマゲドンで活動した。レルフはまたアンバー、サテュラニア、メディシン・ヘッドと言ったバンドの曲もプロデュースした。1976年5月14日、エレキギターの演奏中に感電死した(しばしばバスタブの中で演奏中に感電死したと誤って伝えられている。)。レルフは当時、イリュージョンの新作リハーサル中であった。

脚注[編集]

  1. ^ 1967年デヴィアンツのアルバム「Ptooff!」で "Garbage(生ごみ)" という楽曲ではミック・ファーレンがブルースハープを吹きレルフの舌足らずな癖などをそっくり真似て歌いヤードバーズを皮肉ったパートがある。