シガー・ロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シガー・ロス
Reykjavik05a-01.jpg
2005年 レイキャヴィーク
基本情報
出身地 アイスランドの旗 アイスランド レイキャヴィーク
ジャンル ポストロック
アンビエント
実験音楽
シューゲイザー
活動期間 1994年 - 現在
レーベル ファットキャット・レコーズ
ゲフィン・レコード
EMI
XLレコーディングス
Bad Taste
共同作業者 Amiina
公式サイト eighteen seconds before sunrise
メンバー ヨンシー・ビルギッソン
ゲオルグ・ホルム
キャータン・スヴヴィーンソン
旧メンバー オーリー・ディラソン
アウグスト・グナルソン

シガー・ロスSigur Rós)は、アイスランドポストロックバンド

来歴[編集]

ヨンシー(ジョンジー)、ゲオルグ、アウグストの3人によって1994年に、アイスランドのレイキャヴィークにて結成。

バンドを結成した日にヨンシーの妹が生まれ、Sigurrósと名づけられたためバンド名もここから取った。「Sigur Rós」とは、アイスランド語で「勝利、薔薇」を意味する。1997年に発売された『Von』でアイスランドにて、デビュー。1998年に『Von』のリミックス盤を発売し、一躍その名をアイスランド全体に知らしめる。

1999年、新メンバーのキャルタンが加わった『アゲイティス・ビリュン』において、世界的な成功を収める。2002年、ドラマーのアウグストが脱退。新ドラマーとしてディラソンを迎えてのアルバム『( )』は、世界的に高い評価を受け、数々の賞を受賞した。同アルバム収録の曲『Vaka(Untitled #1)』のミュージックビデオは、2003年にMTVヨーロッパ・ミュージック・アワードにて、最優秀ビデオ賞を受賞した[1]

2005年7月にはフジロックフェスティバルへの出演を果たした。

2005年9月に4枚目の『Takk...』(アイスランド語で「ありがとう」の意)を発売。

2007年にはアイスランド映画『Hlemmur』のサウンドトラック、2枚組未発表曲集『Hvarf/Heim』、そして2006年のアイスランドツアーでの演奏を収めたライブDVD『Heima』が発売された。

2008年6月に5枚目の『Með suð í eyrum við spilum endalaust』を発売。収録曲「All Alright」はバンドの曲で初めて歌詞がすべて英語となっている。

2012年5月に6枚目の『Valtari』を発売。収録曲からミュージックビデオを作るため、12人の映画監督や映像ディレクターに同じ予算を渡し、各自が感じたまま作品を制作して実験的映像プロジェクト「The Valtari Mystery Film Experiment」がアルバムリリースに伴い開始。

2013年6月に7枚目のアルバム『Kveikur』の発売が決定。

2018年10月、オーリーが性的暴行の告発を受けてバンドを脱退[2]

2022年2月、2013年に脱退したキャータンの復帰をSNSで発表[3]

メンバーと主な担当楽器[編集]

過去に在籍したメンバー[編集]

  • オーリー・ディラソン (Orri Pall Dyrason) – ドラム, キーボード (1999–2018)
  • アウグスト・グンナルソン (Ágúst Ævar Gunnarsson) – ドラム (1994–1999)

その他[編集]

  • 同郷のビョークムームとは親交がある。
  • 歌詞はアイスランド語とシガー・ロスによる造語(ホープランド語)で書かれているが、『Takk...』は全編アイスランド語で歌われている。
  • レディオヘッドトム・ヨークジョニー・グリーンウッドは早くからシガー・ロスのファンを表明しており、自身のツアーに前座として起用している。これがきっかけとなり、シガー・ロスは世界的に名前を知られるようになった。
  • 『Saeglopur』(アルバム『Takk...』収録)のミュージックビデオは、メンバーが自ら撮影・製作した。
  • ヨンシーはゲイであることを公表しており、『Viðrar Vel Til Loftárása』のPVは、彼の少年期の同性愛への目覚めをテーマにしている[5]
  • ヨンシー・ビルギッソンはヨンシー(Jónsi)名義でソロアルバム『Go』を2010年にリリースした。その後も2020年に『Shiver』、2021年に『Obsidian』をリリースしている。
  • 2005年の音楽ドキュメンタリー映画スクリーミング・マスターピース』にバンドとして出演している。
  • ヨンシーは2011年公開の映画『幸せへのキセキ』の音楽を担当した。オリジナル・サウンドトラックには、映画のために書き下ろした楽曲の他、ソロアルバムからの楽曲が数曲と、『Hoppípolla』(アルバム『Takk...』収録)が収録されている。2021年にも、映画『ウィズアウト・リモース』の音楽を担当した。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

DVD[編集]

  • 『Heima』(故郷) 2007年

日本公演[編集]

2000年[編集]

  • 8月5日: Summer Sonic 2000 Stage-2

2001年[編集]

  • 10月11日: 名古屋CLUB QUATTRO
  • 10月12日: 心斎橋CLUB QUATTRO
  • 10月14、15日: 渋谷CLUB QUATTRO

2003年[編集]

  • 4月12日: キリスト品川教会
  • 4月14、15日: 東京国際フォーラム ホールC
  • 4月16日: 新大阪メルパルクホール

2005年[編集]

  • 7月31日: Fuji Rock Festival ’05 White Stage

2006年[編集]

2008年[編集]

2012年[編集]

  • 8月18日: Summer Sonic 2012 MOUNTAIN STAGE

2013年[編集]

2016年[編集]

  • 7月22日: Fuji Rock Festival ’16 Green Stage

2017年[編集]

  • 7月31日、8月1日: 東京国際フォーラム ホールA
  • 8月3、4日: Zepp Namba

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ World's pop stars descend on Edinburgh for awards”. The Guardian (2003年11月7日). 2022年8月1日閲覧。
  2. ^ シガー・ロスのドラマーのオーリー・ディラソン、性的暴行の告発を受けて脱退を発表 | NME Japan” (jp). nme-jp.com. 2022年2月15日閲覧。
  3. ^ シガー・ロスにキャータン・スヴェインソンが復帰 9年ぶり” (日本語). amass. 2022年2月16日閲覧。
  4. ^ Rocklist.net...Q Magazine Lists..”. Q - 100 Greatest Singers (2007年4月). 2013年5月21日閲覧。
  5. ^ Viðrar vel til loftárása [Official Video]”. YouTube (2008年5月27日). 2022年8月2日閲覧。
  6. ^ Complete list of 46th annual Grammy winners and nominees”. Chicago Tribune (2003年12月5日). 2022年8月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]