岡村詩野

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岡村 詩野(おかむら しの、1967年 - )は、日本音楽評論家東京都生まれ、京都府育ち。

人物・来歴[編集]

東京都大田区で生まれる[1]。まもなく京都に引越し小学生の頃にヴェルヴェット・アンダーグラウンドを、中学生でEP-4を知り、関西のアンダーグラウンドな音楽や英米のロックに関心を持つ。 中学高校では吹奏楽部に所属しクラリネットを吹く一方で、アール・スクラッグスの影響でバンジョーを弾いたという。 一転、高校ではトーキング・ヘッズの影響でベースを弾いた。1987年に再び東京へ。ファンジン製作、会社務めを経て25歳時よりフリーライターとして独立。

活動[編集]

2013年より京都に転居。2015年現在、ミュージックマガジン、CDジャーナル等で執筆活動を続ける他、東京ではオトトイの学校で音楽ライター講座[2]を担当。 京都でも音楽ライター講座[3]京都精華大学の非常勤講師[4]を務めている。関西を拠点として以降、音楽ライター講座in京都出身のライターによる音楽メディアki-ftの立ち上げに協力。京阪神エルマガジン社が運営するウェブマガジンLmaga.jpでも音楽記事を連載。2015年4月よりエフエム京都(α-STATION)にて1時間番組IMAGINARY LINEを担当。国内外の優れたミュージシャンを紹介している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ミュージックマガジン 2011年7月号P201 / 株式会社ミュージックマガジン(2011/6)
  2. ^ 詳細::岡村 詩野::オトトイの学校
  3. ^ School | ki-ft
  4. ^ 非常勤講師紹介|ポピュラーカルチャー学部 | 京都精華大学

外部リンク[編集]