アール・スクラッグス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アール・スクラッグス
Earl Scruggs 2005.JPG
アール・スクラッグス。2005。
基本情報
出生名 アール・ユージン・スクラッグス
生誕 (1924-01-06) 1924年1月6日
クリーブランド--Flint Hill community near Boiling Springs, NC,[1] U.S.
出身地 Shelby, North Carolina, United States
死没 (2012-03-28) 2012年3月28日(88歳没)
ナッシュビル, United States
ジャンル ブルーグラス, カントリー, ゴスペル
職業 ブルーグラス奏者
担当楽器 5弦バンジョー, ギター
活動期間 1945–2012
レーベル MCA Nashville Records
共同作業者 ビル・モンロー&ブルーグラス・ボーイズ, フラット&スクラッグス, Earl Scruggs Revue
公式サイト earlscruggs.com
著名使用楽器
A 1934 Gibson Granada previously owned by Don Reno and Snuffy Jenkins, and "Nellie", a 1935 Gibson RB-3 flathead[2][3]

アール・ユージン・スクラッグス(Earl Eugene Scruggs, 1924/01/06 - 2012/05/28)はアメリカのミュージシャン。バンジョーにおけるスリーフィンガー・ピッキング奏法(スクラッグス・スタイル)の確立と普及で知られる。この奏法はブルーグラスの特徴を決定づけた。[4]

彼以前にもスリーフィンガー・ピッキングを用いるミュージシャンは存在したが、スクラッグスはビル・モンローに彼のバンド、ブルーグラス・ボーイズに誘われバンドで演奏している間に、スリーフィンガー・ピッキング奏法を進化させた。後に、ネットワーク・テレビジョンの人気番組"じゃじゃ馬億万長者"のテーマになった曲、"The Ballad of Jed Clampett"での演奏を通して、彼の奏法は主流となっていった。

幼年期[編集]

スクラッグスはノースキャロライナのクリーブランド郡、フリントヒルで生まれ育った。[1][5] 彼はGeorgia Lula Ruppeと農家で司書のGeorge Elam Scruggsの手によって育てられた。Georgeはバンジョーを弾いていたが、スクラッグスが4歳の時に他界。彼の兄のJunieとHorace、姉のEula MaeとRubyは皆バンジョーとピアノの演奏をしていた。また、母はオルガンの演奏を行っていた。[5][6]

キャリア[編集]

スクラッグスは1945年にビル・モンローのブルーグラスボーイズに加入。スクラッグスのアクセントの効いたスリーフィンガー・ピッキング奏法は、またたく間に人気を博す。1948年、スクラッグスは、ギター弾きのレスター・フラットと共に、ブルーグラス・ボーイズを脱退し、フォギー・マウンテン・ボーイズを結成。後にこのバンドは「フラット&スクラッグス」として知られるようになる。1950年代には、フラットとスクラッグスはグランド・オール・オプリのメンバーとなる。[7] 1969年にフォギー・マウンテン・ボーイズが解散したのち、、スクラッグスは3人の息子たちと一緒に、新しいバンド「アール・スクラッグス・レビュー」を結成。

1962年9月24日、歌手のジェリー・スコッギンズ、レスター・フラットとともに、テレビ番組"じゃじゃ馬億万長者"のために、"The Ballad of Jed Clampett"をレコーディングし、1962年8月12日にリリース。このテーマソングは、またたくまにカントリーミュージックとしてヒットを飛ばし、毎話の始まりと終わりに演奏された。フラット&スクラッグスは、クランペットの友達として、いくつかのエピソードに出演。初登場(シーズン1 第20話)では、番組の中でフラット&スクラッグスの役を演じ、自身の曲"Pearl, Pearl, Pearl"を演奏し歌った。

1969年11月15日、スクラッグスは、ワシントンのMoratorium to End the War in Vietnamでのオープンステージで、グラミー賞を受賞した自身の曲"Foggy Mountain Breakdown"を演奏。これによりスクラッグスは、反戦運動を支援した数少ないブルーグラス、カントリーウェスタンのアーティストとなった。[8] 演奏のあとのインタビューでスクラッグスはこう語った。[9]

「南部の人間ってのは、通りを歩いてる人間であるとだけ考えられているんじゃないかと、最近は思っている。俺は、俺たちの息子たちが家に帰ってくることを心から願っている。息子たちを失うことには、もう嫌気がさしているし、失ったことを悲しんでいる。もし戦争を続ける最高な理由があるのなら、俺が今日ここに立っていることはなかったはずだ」

1973年1月、マンハッタンでスクラッグスはトリビュートコンサートを行った。コンサートでは、ジョーン・バエズデヴィッド・ブロムバーグバーズランブリン・ジャック・エリオットニッティー・グリッティー・ダート・バンドドク・ワトソンが出演した。コンサートは映像化され、1975年にドキュメンタリー映画"Banjoman"としてリリースされた。[10]

受賞[編集]

フラット&スクラッグスは"Foggy Mountain Breakdown"で1969年にグラミー賞を受賞。1985年にはカントリー・ミュージック殿堂博物館に登録される。1989年、スクラッグスはNational Heritage Fellowshipを受賞。1991年には International Bluegrass Music Hall of Honorの新会員となる。1992年、National Medal of Artsを受賞。1994年、ランディ・スクラッグスドク・ワトソンと共に"Keep on the Sunny Side"を演奏し、AIDSのためのRed Hot Organizationによるチャリティー・アルバム"Red Hot + Country"に収録。2002年、スクラッグスは2001年にレコーディングした"Foggy Mountain Breakdown"で二度目のグラミー賞を受賞。この曲では、2ndバンジョーソロをスティーヴ・マーティンが、エレキギターをヴィンス・ギルアルバート・リーが、ピアノをポール・シャファーが、オルガンをレオン・ラッセルが、マンドリンをマーティー・スチュアートが演奏した。アルバム"Earl Scruggs and Friends"では、ジョン・フォガティエルトン・ジョンスティングジョニー・キャッシュドン・ヘンリートラヴィス・トリットビリー・ボブ・ソーントンといったアーティストが参加した。[11] このアルバムにはジョニー・キャッシュとランディ・スクラッグスによって書かれた'Passin' Thru'が「It's a mighty world we live in but the truth is we're only passin' thru」の句とともに収録されている。[12]

2003年2月13日、スクラッグスはハリウッド・ウォーク・オブ・フェームでスターを受け取る。同年、彼とフラットは、カントリー・ミュージック・テレビジョンの最も素晴らしいカントリーミュージシャン40のNo.24となる。

80歳になっても活発にツアーを行い、2004年にはトロント、オンタリオ、ブルースフェスなどで演奏.[13]

2005年5月15日、スクラッグスはバークリー音楽学校から、名誉教授の称号を受け取る。[14]

2006年9月13日、スクラッグスはアトランタのターナー・フィールドで、アトランタ・ブレーブスのホームゲームのプレゲームショーで表彰される。機構は、バンジョープレイヤーのほとんど全員が演奏する曲に"Foggy Mountain Breakdown"を認定。2008年2月10日、スクラッグスは、50周年のグラミー賞で、ライフタイム・アチーブ・アワードを受賞。

2009年には、ノースカロライナ音楽の殿堂に登録される。[15]

生活[編集]

スクラッグスの妻はルイーズで、彼のマネージャーも務めていた。2006年2月2日、78歳の時にナッシュビルのバップティスト病院で、長い闘病のすえに他界。[16]

スクラッグスの息子は、ランディ・スクラッグス、ゲイリー・スクラッグス、スティーブ・スクラッグスである。

死と葬儀[編集]

スクラッグスは老衰により、2012年5月28日にナッシュビル病院で他界。[17][18][19] 彼の葬儀は2012年4月1日の日曜にグランド・オール・オプリの向かいのライマン公会堂で開かれた。彼はプライベートサービスによってスプリングヒル墓地に埋葬された。

レガシー[編集]

2004年、スクラッグスの80歳の誕生日に、カントリーシンガーのポーター・ワゴナーは、「アールにとっての5弦バンジョーは、ベーブ・ルースにとっての野球みたいなもんさ。彼にとってはそこが最高の場所なんだ」、と語り、「これからもきっとそうに違いないさ」と続けた。[20]

The Earl Scruggs Center[編集]

「The Earl Scruggs Center - アメリカ南部の音楽と物語」は2014年1月11日にシェルビーのクリーブランド、ヒストリック・コート・スクエアにオープンした。スクラッグス・センターは、アメリカ南部の歴史的文化的遺産が展示されており、音楽大使アール・スクラッグスの寄付によるものである。地域的、文化的、経済的発展の礎石となることを見据え、センターは来訪者、学生、地域住民への文化的貢献を行っている。

ディスコグラフィー[編集]

Albums[編集]

Year Title Chart Positions
US Country US US Heat US Bluegrass
1967 Strictly Instrumental (with Lester Flatt and Doc Watson)
1967 5 String Banjo Instruction Album
1968 The Story of Bonnie and Clyde (with Lester Flatt and the Foggy Mountain Boys)[21]
1969 Changin' Times
1970 Nashville Airplane
1972 I Saw the Light with Some Help from My Friends
Earl Scruggs: His Family and Friends
Live at Kansas State 20 204
1973 Rockin' 'Cross the Country 46
Dueling Banjos 202
The Earl Scruggs Revue 169
1975 Anniversary Special 104
1976 The Earl Scruggs Revue 2 161
Family Portrait 49
1977 Live from Austin City Limits 49
Strike Anywhere
1978 Bold & New 50
1979 Today & Forever
1982 Storyteller and the Banjo Man (with Tom T. Hall)
Flatt & Scruggs
1983 Top of the World
1984 Superjammin'
1998 Artist's Choice: The Best Tracks (1970–1980)
2001 Earl Scruggs and Friends 39 33 14
2002 Classic Bluegrass Live: 1959-1966
2003 Three Pickers (with Doc Watson and Ricky Skaggs) 24 179 2
2004 The Essential Earl Scruggs
2005 Live with Donnie Allen and Friends
2007 Lifetimes: Lewis, Scruggs, and Long

Singles[編集]

Year Single Chart Positions Album
US Country CAN Country
1970 "Nashville Skyline Rag" 74 Earl Scruggs: His Family and Friends
1979 "I Sure Could Use the Feeling" 30 41 Today & Forever
"Play Me No Sad Songs" 82 66
1980 "Blue Moon of Kentucky" 46
1982 "There Ain't No Country Music on This Jukebox"
(with Tom T. Hall)
77 Storyteller and the Banjo Man
"Song of the South" (with Tom T. Hall) 72

Guest singles[編集]

Year Single Artist Chart Positions Album
US Country
1998 "Same Old Train" Various Artists 59 Tribute to Tradition

Music videos[編集]

Year Video Director
1992 "The Dirt Road" (with Sawyer Brown) Michael Salomon
2001 "Foggy Mountain Breakdown" (Earl Scruggs and Friends) Gerry Wenner

DVDs[編集]

  • Earl Scruggs – His Family and Friends (2005)
    (Recorded 1969. Bob Dylan, The Byrds, Bill Monroe, Joan Baez et al.)
  • Private Sessions (2005)
  • The Bluegrass Legend (2006)

Earl Scruggs, Doc Watson and Ricky Skaggs

  • The Three Pickers (2003)

Flatt and Scruggs

  • The Best of Flatt and Scruggs TV Show Vol 1 (2007)
  • The Best of Flatt and Scruggs TV Show Vol 2 (2007)
  • The Best of Flatt and Scruggs TV Show Vol 3 (2007)
  • The Best of Flatt and Scruggs TV Show Vol 4 (2007)
  • The Best of Flatt and Scruggs TV Show Vol 5 (2008)
  • The Best of Flatt and Scruggs TV Show Vol 6 (2008)
  • The Best of Flatt and Scruggs TV Show Vol 7 (2009)
  • The Best of Flatt and Scruggs TV Show Vol 8 (2009)
  • The Best of Flatt and Scruggs TV Show Vol 9 (2010)
  • The Best of Flatt and Scruggs TV Show Vol 10 (2010)

脚注[編集]

  1. ^ a b Earl Scruggs”. Telegraph (2012年3月29日). 2012年12月28日閲覧。
  2. ^ Gibson Banjos 1925 and Later, # 9584-3”. Pre-War Gibson Banjo Serial Number Listing. Banjophiles.org. 2009年7月14日閲覧。
  3. ^ Cushman, Charlie (2009年3月13日). “Scruggs/Reno 1935 RB-3”. 2009年7月14日閲覧。
  4. ^ Trischka, Tony, "Earl Scruggs", Banjo Song Book, Oak Publications, 1977
  5. ^ a b Earl Scruggs Biography”. Earlscruggs.com. 2012年3月28日閲覧。
  6. ^ Reitwiesner, William Addams. “Ancestry of Earl Scruggs”. William Addams Reitwiesner Genealogical Services. 2009年7月14日閲覧。
  7. ^ Opry Timeline - 1950s”. 2012年7月6日閲覧。
  8. ^ Earl Scruggs Performs At Anti War Demonstration”. Youtube.com (2009年7月13日). 2011年8月26日閲覧。
  9. ^ Garfinkle, Adam. ''Telltale Hearts: The Origins and Impact of the Vietnam Antiwar Movement''. New York: St. Martin's Press, 1995. Books.google.com. (1991-01-26). https://books.google.com/books?id=4_XnFrpIbPYC&pg=PA177&dq=earl+scruggs+anti+war+protest&hl=en&ei=-oFXTryhOI2nsQKclrWmDA&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=6&ved=0CEAQ6AEwBQ#v=onepage&q=earl%20scruggs&f=false 2012年3月29日閲覧。. 
  10. ^ IMDb: Banjoman”. 2011年3月29日閲覧。
  11. ^ Earl Scruggs and Friends (MCA Nashville, 2001)
  12. ^ [1]
  13. ^ It's Banjos meet crunk at Bluesfest, The Toronto Star, 23 June 2004
  14. ^ https://www.berklee.edu/bt/171/bb_scruggs.html
  15. ^ 2009 Inductees”. North Carolina Music Hall of Fame. 2012年9月10日閲覧。
  16. ^ Music Industry Pioneer Louise Scruggs Dies”. CMT.com (2006年2月2日). 2009年7月14日閲覧。
  17. ^ Associated Press. “Son: Bluegrass legend, banjo pioneer Earl Scruggs dies in Nashville at age 88; changed music”. The Washington Post. http://www.washingtonpost.com/local/obituaries/son-bluegrass-legend-banjo-pioneer-earl-scruggs-dies-in-nashville-at-age-88-changed-music/2012/03/28/gIQAwf3RhS_story.html 2012年3月28日閲覧。 
  18. ^ “Bluegrass, banjo legend Earl Scruggs dies at 88”. The Birmingham News. Associated Press. (2012年3月28日). http://blog.al.com/wire/2012/03/bluegrass_banjo_legend_earl_sc.html 2012年3月29日閲覧。 
  19. ^ Wilson, David (2012年3月28日). “Earl Scruggs, Banjoist Who Invented 'Scruggs Style,' Dies at 88”. Bloomberg Businessweek. http://www.businessweek.com/news/2012-03-28/earl-scruggs-banjoist-who-invented-scruggs-style-dies-at-88 2012年3月29日閲覧。 
  20. ^ Lehmann-Haupt, Christopher (2012年3月29日). “Earl Scruggs, Bluegrass Pioneer, Dies at 88”. NYTimes.com. http://www.nytimes.com/2012/03/29/arts/music/earl-scruggs-bluegrass-banjo-player-dies-at-88.html 2012年4月2日閲覧。 
  21. ^ “Nashville Scene”. Billboard Magazine (Nielsen Business Media) 80 (22): 43. (June 1, 1968). ISSN 0006-2510. https://books.google.com/books?id=yQoEAAAAMBAJ&pg=PA43 2009年11月24日閲覧。. 

参考文献[編集]

  • Rosenberg, Neil V. (1998). "Flatt & Scruggs and the Foggy Mountain Boys". In The Encyclopedia of Country Music. Paul Kingsbury, Editor. New York: Oxford University Press. pp. 173–4.

外部リンク[編集]