ライマン公会堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ライマン公会堂
Ryman Auditorium
ライマン公会堂
ライマン公会堂の位置(テネシー州内)
ライマン公会堂
所在地: アメリカ合衆国テネシー州ナッシュビル
5番通り北116番地
座標: 北緯36度9分40.6秒 西経86度46分42.6秒 / 北緯36.161278度 西経86.778500度 / 36.161278; -86.778500座標: 北緯36度9分40.6秒 西経86度46分42.6秒 / 北緯36.161278度 西経86.778500度 / 36.161278; -86.778500
面積: 1エーカー (0.40 ha)
建設: 1891年
運営者: ライマン・ホスピタリティ・プロパティーズ
NRHP登録番号: 71000819
指定・解除日
NRHP指定日: 1971年5月6日[1]
NHL指定日: 2001年1月3日[2]

ライマン公会堂Ryman Auditorium 、旧名グランド・オール・オープリー・ハウスユニオン・ゴスペル・タバナクル)は、アメリカ合衆国テネシー州ナッシュビルの5番通り北116番地に位置する2,362席のライブ会場である。『グランド・オール・オープリー』の最も有名な会場として知られている。ライマン・ホスピタリティ・プロパティ社が所有、操業している。

歴史[編集]

1892年、「ユニオン・ゴスペル・タバナクル」としてオープンした。蒸気船の船長でいくつかの酒場を持つナッシュビルの実業家であったトーマス・ライマン(1843年 - 1904年)によって建てられた。ライマンは、この公会堂を影響力のある信仰復興論者サミュエル・ポーター・ジョーンズのための礼拝堂として建設した[3]ヒュー・キャスカート・トンプソンが設計した。ライマンの死後、礼拝堂は彼に敬意を表しライマン公会堂と名前を変えられた。

1911年から1914年、公会堂はトレヴェッカ・ナザレン大学の本拠地としても使用された。

1943年から1974年まで『グランド・オール・オープリー』の公開生放送のために使われ、その後オープリーはナッシュビル郊外のオープリー・ランドにさらに大きな会場となる「グランド・オール・オープリー・ハウス」を設立して移転した。オープリーでの歴史を受け継ぐため、ライマンの舞台を丸くくりぬいてオープリー・ハウスの舞台の中心にはめ込んだ[4]。1974年にオープリーはライマンから離れたが、その後もファンはこの有名な舞台を見に、写真撮影に、記念品の購入に訪れた。

『オープリー』がライマンを離れると、約20年間放置され荒廃していった。ナショナル・ライフ&アクシデントがライマンのレンガを使用してオープリーランドに教会を建てるべく解体を試みたが、当時影響力のあったミュージシャンなど一般からの反対にあい、計画は頓挫し、用途も決まらないまま3度所有者が代わっていった。1983年、最終的にゲイロード・エンタテイメント・カンパニーに売却された。その後しばらく公演は行われなかったが、内部をツアー見学することが可能になった[5]

またその間も映画のロケ地として使用され、1979年、ジョン・カーペンターの映画『Elvis 』、1980年、ロレッタ・リンの半生を描きシシー・スペイセクアカデミー主演女優賞を受賞した『歌え!ロレッタ愛のために』、1982年、クリント・イーストウッドの『センチメンタル・アドベンチャー』、1985年、パッツィー・クラインの半生を描いた『Sweet Dreams 』など様々な映画の舞台となった。1980年の『歌え!ロレッタ愛のために』では、パッツィ・クラインが自動車事故で入院しているため、アーネスト・タブがロレッタ・リンに代役としての出演を頼む場面などがここで撮影された。

1991年にエミルー・ハリスがコンサートを行ない、アルバム『At the Ryman 』に収録された。コンサートおよびアルバムは高評価を受け、ライマン公会堂を復興させるよい機会となった。1993年9月上旬、ゲイロード・エンタテイメントがライマンを全面改装し、1994年6月4日、2006年の映画『今宵、フィッツジェラルド劇場で』のもととなったラジオ番組『A Prairie Home Companion 』の収録を以て世界に通用するコンサート・ホールとして再開した[5]。公演会場としてだけでなく、ライマンおよびカントリー・ミュージックの歴史を展示する博物館としても機能している。座席は当初のまま礼拝堂の信者席を思い起こさせ、ニックネームは「カントリー・ミュージックの本教会」と呼ばれている。

1974年3月15日に『オープリー』がライマンを離れて以降初めて1998年10月18日日曜日に『オープリー』がライマンに戻り、チャリティ番組を行なった[6]。ファン、演奏者、音楽関係者からの好評を受け、1999年1月15日と16日、オープリー・ハウス設立25周年の収録がライマンで行われた。

1999年11月上旬から3ヶ月間、オープリー・ミルズの建設の影響で『オープリー』がライマン公会堂で収録されることになった。それ以来毎年冬季の3ヶ月間、観光シーズンを外れていることもあり、オープリー・ハウスより小さな、そして『オープリー』のルーツであるライマン公会堂で収録されるようになった[6]。その間のライマンで収録される『オープリー』は『オープリー・アット・ザ・ライマン』と名付けられている。

1971年、アメリカ合衆国国家歴史登録財に、2001年、アメリカ合衆国国定歴史建造物に認定された[2][7]

2012年1月、61年間使用された舞台の改装が行なわれることが発表された。1951年に設置されたライマンにとって2枚目の舞台であったが、関係者が予期していた期間より長持ちした。カメラ映えし耐久性のあるミディアム・ブラウンのブラジリアン・チークが使用されることになった。古いブロンド・オークの舞台板は前方を直径36インチ(91cm)の円にくりぬき、前回同様オープリー・ハウスの舞台にはめ込んだ。舞台板の下では元々のヒッコリーの支持梁が保たれ、コンクリート基礎で補強され、横桁と梁が舞台上の積載能力を3倍にする[8]

主なできごと[編集]

オルタナティブ・ロックブルーグラスブルースカントリー・ミュージッククラシック音楽フォークソングゴスペルジャズポップ・ミュージックロックンロールのコンサートの他、ミュージカル公演、スタンダップ・コメディでも使用される。

雑記[編集]

関連事項[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “National Register Information System”, National Register of Historic Places (National Park Service), (2009-03-13), http://nrhp.focus.nps.gov/natreg/docs/All_Data.html 
  2. ^ a b Ryman Auditorium”. National Historic Landmark summary listing. National Park Service. 2009年9月8日閲覧。
  3. ^ Williams, Peter W. (2000). Houses of God: Region, Religion, and Architecture in the United States, p. 123. University of Illinois Press. ISBN 0-252-06917-X.
  4. ^ Smith, Loran (2013年1月24日). “A visit to the Grand Ole Opry brings precious memories”. The News-Reporter. http://www.news-reporter.com/news/2013-01-24/Opinions/A_visit_to_the_Grand_Ole_Opry_brings_precious_memo.html?print=1 2014年11月29日閲覧。 
  5. ^ a b The Encyclopedia of Country Music. Oxford University Press, USA. (4 January 2012). pp. 444–. ISBN 978-0-19-992083-9. http://books.google.com/books?id=tLZz02EzmBYC&pg=PA444. 
  6. ^ a b Fay, Byron (2010年1月25日). “Grand Ole Opry Ryman Reunion Celebration-October 18, 1998”. 2015年6月29日閲覧。
  7. ^ Dr. Frank J.J. Miele, Patty Henry, Kira Badamo, and Shannon Davis (, 2000). National Historic Landmark Nomination: Ryman Auditorium / Union Gospel Tabernacle (PDF, 32 KB). National Park Service.  and Accompanying eight photos from 2000 and two historic photos (see photo captions page 20 of text document) (PDF, 32 KB)
  8. ^ a b Smith, Hannah. “New Stage Coming to Nashville's Ryman Auditorium”. Nashvilleonthemove.com. 2012年2月1日閲覧。
  9. ^ Edward Morris (2007年4月20日). “News : Josh Turner Rocks Ryman Crowd for Live CD”. CMT. 2012年2月1日閲覧。
  10. ^ Calendar of Shows - Opry.com”. Search2.opry.com (2011年5月24日). 2012年2月1日閲覧。

参考文献[編集]

  • Eiland, William. Nashville's Mother Church: The History of the Ryman Auditorium. Nashville, 1992.
  • Graham, Eleanor, ed. Nashville, A Short History and Selected Buildings. Hist. Comm. of Metro-Nashville-Davidson Co., 1974.
  • Hagan, Chet. Grand Ole Opry. New York, 1989.
  • Henderson, Jerry. "A History of the Ryman Auditorium in Nashville, Tennessee, 1892-1920." (Ph. D. Diss., Louisiana State University) Baton Rouge, Louisiana, 1962.

外部リンク[編集]