ルイーズ・ブルックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイーズ・ブルックス
Louise Brooks
ルイーズ・ブルックスLouise Brooks
本名 Mary Louise Brooks
生年月日 1906年11月14日
没年月日 1985年8月8日(満78歳没)
出生地 カンザス州Cherryvale
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 A. Edward Sutherland (1926-1927)
Deering Davis (1933)

ルイーズ・ブルックス(Louise Brooks, 1906年11月14日 - 1985年8月8日)は、アメリカ合衆国カンザス州出身の女優。1920年代、サイレント映画で活躍した。おかっぱの黒髪がトレードマークであった。

来歴[編集]

早い時期からエンターテインメント業界に関心を示し、10代からダンサーとして活躍。ブロードウェイの舞台『ジーグフェルド・フォーリーズ』に出演、注目されるようになる。

パラマウント映画に引き抜かれ、1925年に映画デビュー。数年間は軽いコメディ映画に多く出演していたが、1928年、ハワード・ホークス監督の『港々に女あり』でヨーロッパからもその存在を知られるに至った。

1929年にハリウッドからドイツに渡り、ゲオルク・ヴィルヘルム・パープスト監督の元で撮った『パンドラの箱』では、周りを不幸に陥れる「運命の女」たる踊り子のルルを演じた。同じくパープスト監督の『淪落の女の日記』では運命に翻弄される主人公ティミアンを演じた。1930年の『ミス・ヨーロッパ』もあわせた3本の作品は、ブルックスを伝説的女優として歴史に留めることになった一方で、その性的描写や社会批判的内容によって厳しい検閲を受けた。

その後ハリウッドに戻るが時代の変化に馴染めず、舞台興行でも失敗。1938年にジョン・ウェイン主演の西部劇(Overland Stage Raiders)に出演した後に、芸能界を引退した。

単なる一時代のファッションリーダーやセックス・シンボルに留まらず、知的な視点を持った女性でもあった。第二次世界大戦後は博物館の学芸員となり、映画の学術的研究に取り組んで、鋭い批評眼に富んだ著述を残したほか、自叙伝でも文才を示した。

主な出演作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]