ワールドミュージック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ワールドミュージック (World music) とは、音楽のカテゴリー(ジャンル)のひとつで、世界各地の様々な様式の音楽を包括する概念である。

概要:アカデミックな使用[編集]

この用語は民族音楽学者のロバート・エドワード・ブラウン英語版1960年代前半に造語したものである。当時彼はウェズリアン大学におり、学部生の教育・訓練を行っており、効果的に学習させるために、アフリカやアジアの演奏家たちを10以上招いて一連のワールドミュージックコンサートを開催したのである[1][2] 。 一連のコンサートで世界の様々な地域の音楽が演奏されたり、ひとつの曲が世界の様々な楽器を混成した楽団で演奏される。 

また、民族音楽学者のブルーノ・ネトル英語版は、1985年の自著において、19世紀前後から始まった世界のグローバル化と音楽メディアの発達の影響から、ヨーロッパ音楽の要素を取り入れて非ヨーロッパ地域で作られた新しい音楽群を「ワールドミュージック」と呼んだ[3]

概要:レコード業界での使用[編集]

「ワールド・ミュージック」は最初、学術の世界で非・西洋の音楽を指すために用いられた側面がある。レコード業界での使用時期については二つの説があり、一つは1982-83年ごろにレコード業界の人間が議論したという説。もう一つはピーター・バラカンや北中正和が共通して紹介している、イギリスのレコード店から分類が困難なレコードがあると意見が寄せられ、1987年に同国で始まったという説[4]である。またグローバル化が進む世界の音楽を聴き手にとどけるためのジャンル名、マーケティング用語としても用いられるようになった。


フランスでは毎年、夏至の6月21日、フランスの様々な地域で「Fête de la Musique フェット・ドゥ・ミュジーク」[5](音楽祭)が開かれており、ここでは特定の地域の音楽に限定することなく、世界中の音楽の演奏家たちが参加しフランス全土で演奏する音楽祭である。また、このFête de la Musiqueの日以外でも、世界各地の演奏家を招いて、フランスの音楽家と楽曲を共作し演奏したり、相互の伝統を融合させた演奏がさかんに行われている。

地域が異なると音階のシステムや調律 等が異なっていることは多いので、そこをどう調整して融合させてゆくかという難しさはあるが、それぞれの良いところをうまく組み合わせると、従来のジャンルのレベルを超えるほどに聴衆の心を強く打つ音楽が生まれる。

ヨーロッパでは、夏場のバカンスシーズンに、各地(多くの場合、リゾート地)で、ワールドミュージックのフェスティバルが開催されている。ヨーロッパ各国で「World Music Day」という名のワールドミュージックの祭りが開かれている。

1982年にピーター・ガブリエル がイギリスでウォーマッド (WOMAD, World of Music, Arts and Dance) という音楽祭を主宰し、やがてこの音楽祭はヨーロッパ各地、アジア、アフリカのカナリア諸島などに広がった。

歴史[編集]

第二次世界大戦後にはルンバチャチャチャタンゴといったラテン音楽も流行した。また、1960年代、70年代にはミリアム・マケバの「パタパタ」、ヒュー・マセケラのグレイジング・グラス」がヒットした。さらに白人デュオのサイモン・アンド・ガーファンクルの「コンドルは飛んでゆく」がヒットした。この曲でフォルクローレの存在を知らしめたポール・サイモンは、72年には「母と子の絆」でレゲエのリズムを紹介し、ワールド・ミュージックとかかわったミュージシャンの先駆けとなった。また、1960年代のヒッピー・ムーブメントの影響を受けたビートルズローリング・ストーンズなどのロック・ミュージシャン達は、インド音楽に傾倒した。インドのシタール奏者、ラビ・シャンカールは、ウッドストック・フェスティバルにも出演した。73年にはマヌ・ディバンゴ(カメルーン)の「ソウル・マコッサ」がアメリカでヒットした。ポール・サイモンは80年代に入ってからもワールド・ミュージックへの関心を持ち続け、86年にはアルバム「グレイスランド」をヒットさせた。日本でも1980年代に入ってからは、アフリカ、ラテン・アメリカ、アジア音楽のレコードが発売されたり、コンサートが行われる機会が増えた。

日本とワールドミュージック[編集]

  • 日本では、バブル期に、キング・サニー・アデユッスー・ンドゥールサリフ・ケイタレディスミス・ブラック・マンバーゾオフラ・ハザディック・リーシーラ・マジッドエルフィ・スカエシなどが話題となった。
  • ウォーマッドは、日本でも1991年から5年間開催された。また、日本の音楽グループで、ワールドミュージック風の楽曲を演奏するグループも登場した。
  • 日本の三味線の演奏家やの演奏家や和太鼓の演奏家 等々が海外から招かれて飛び、現地の音楽家と一緒に、現地の音楽と日本の音楽が融合した音楽を作る活動はしばしば行われている。
    • たとえば、フランスの演奏家から招かれて、フランスのピアニストや弦楽器演奏家などとともに演奏するということも行われている。日本の楽器と西洋の楽器の混成の楽団(バンド)をつくり、ひとつのコンサートの中で、共に日本の曲を演奏したりフランスの曲を演奏したり、新しいオリジナル曲を演奏するという方法がひとつである。様式が異なるので、一般的にいきなり即興で融合させるというのは困難であり、事前に双方の音楽を録音で聴いたり楽譜を確認するなどして互いにじっくり研究して、またリハーサルも行って問題点を洗い出して調整して、それから本番の演奏を行うということになる。

「ワールド・ミュージック」が含みうる要素[編集]

ワールドミュージックは音階組成や旋律のパターン、伝統的なリズム和声など作曲技法に関わるものと、楽器の種類や発声などシステムの要素の融合によって形成される。また、ギターから変形したチャランゴのように、楽器自体が変質した音楽も含められる。

アフリカ[編集]

サブサハラアフリカ[編集]

ナイジェリア[編集]
アンゴラ[編集]
南アフリカ[編集]

マグリブ[編集]

インド洋の島[編集]

大西洋の島[編集]

アジア[編集]

東アジア[編集]

東南アジア[編集]

南アジア[編集]

西アジア[編集]

アラブ音楽[編集]
トルコ音楽[編集]
ユダヤ系音楽[編集]

ヨーロッパ[編集]

ドイツ系音楽(ドイツ・オーストリアスイスアルザス・ドイツ植民など)[編集]

バルカン半島の音楽[編集]

アメリカ[編集]

オセアニア[編集]

ラテンアメリカ[編集]

メキシコ[編集]

コロンビア[編集]

ブラジル[編集]

カリブ海[編集]

キューバ[編集]
フランス領アンティル[編集]
トリニダード・トバゴ[編集]
ジャマイカ[編集]

* 英語圏によるもの

脚注[編集]

  1. ^ Williams, Jack. “Robert E. Brown brought world music to San Diego schools | The San Diego Union-Tribune”. Signonsandiego.com. 2010年4月24日閲覧。
  2. ^ World Music and Ethnomusicology”. Ethnomusic.ucla.edu (1991年9月23日). 2013年4月22日閲覧。
  3. ^ 高田 1991, pp. 309-318.
  4. ^ http://www.frootsmag.com/content/.../world_music.../page03.html
  5. ^ http://jp.france.fr/ja/events/87081

参考文献[編集]

  • 高田公理「ワールドミュージックの誕生と展開」、『観光と音楽』、東京書籍、1991年ISBN 4487752566

関連項目[編集]