田川律

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

田川 律(たがわ ただす、1935年3月15日- )は音楽評論家舞台監督、歌手、料理研究家、翻訳家、ミステリ評論家。

1935年大阪市生まれ。

関西フォークの全盛期に、鑑賞団体「大阪労音」事務局に勤務。1960年代末に東京に移り、「ニューミュージック・マガジン(現ミュージック・マガジン)」創刊に参加[1]。音楽評論、海外ミュージシャンの評伝の翻訳、料理本など著書多数。近年は、伊勢真一監督のドキュメンタリー映画「ゆめみたか〜愛は歌 田川律〜」に出演[2]

ギタリストの岡田信一とのユニット、「りつ・おかだ」を結成して歌手としても活動[3]。2015年、80歳でアルバム「ラスト・レコーディングvol.1」をリリース[4]

ハードボイルド等のミステリ小説も愛好しており、ハヤカワポケットミステリの訳本が一冊、またロバート・B・パーカー『ゴッドウルフの行方』、ロス・トーマス『女刑事の死』『八番目の小人』の文庫解説を執筆するなどしている。

経歴[編集]

1960年大阪大学文学部国史学科卒業[5]。大阪労音事務局時代に、助言者的な立場で関わっていた音楽評論家の中村とうよう[6]、飯塚晃東と知り合う。

1968年東京に移る。

1969年4月に飯塚晃東、小倉エージらとともに、中村とうようを編集長とする雑誌「ニューミュージック・マガジン(現ミュージック・マガジン)」創刊に参加。

1970年、フリーとなり、音楽評論、舞台監督、レコーディングディレクターなど様々な音楽関連の仕事を体験。

1971年URC時代の岡林信康のサードアルバム『俺らいちぬけた』[7]のレコーディングディレクター。この頃、劇団黒テント、大阪の「春一番コンサート」で料理人として活躍。

1974年、『おんがくぐーん音楽の学校・音楽の劇場』(ほるぷ出版)のB面の林光作品集のレコーディングディレクター。

1979年から、朝日新聞の芸能欄に執筆。

2001年劇団黒テント俳優養成講座に講師として参加。

2008年伊勢真一監督のドキュメンタリー映画「ゆめみたか〜愛は歌 田川律〜」に出演。共演は、大塚まさじ高橋悠治斎藤晴彦ハンバート ハンバート中川五郎福岡風太阿部登他。

主な著書[編集]

音楽・エッセイ[編集]

  • 『まるで転がる石みたいだった』 (晶文社、1975年)
  • 『男らしいってわかるかい?』(晶文社、1977年)
  • 『日本のフォーク&ロック史—志はどこへ』(音楽之友社、1982年) のち「ROCK文庫」再刊シンコーミュージック 1998年
  • 『レゲエ・ジャマイカの風と光』菅原光博との共著 (音楽之友社、1985年)
  • 『ぼくの時代、ぼくらの歌―ライナー・ノウツ1974~1984』(思想の科学社、1985年)
  • 『田川律の家族ってなんや』(早川書房、1991年)
  • 『あやしい舞台監督』(JICC出版局、1992年)
  • 『シンガー・ソングライター』(アップフロントブックス、1999年)
  • 『りつ つくる あるく うたう』(ビレッジプレス、2008年)

翻訳[編集]

  • 『ジャニスブルースに死す』デイヴィッド・ドルトン著、板倉まりとの共訳 (晶文社、1973年)
  • 『ロックンロールが最高』ブルース・ポロック著(晶文社、1982年)
  • 『グレープフルーツ・ブック』オノ・ヨーコ著(新書館、1982年)
  • 『砂漠の天使 (ハヤカワ ポケット ミステリ) 』ジョゼフ ハンセン著(早川書房、1986年)
  • 『マイケル・ジャクソン 孤独なピーターパン』マーク・ビゴ著(新書館、2009年)

料理本[編集]

  • 『田川律台所術・なにが男の料理だ』(晶文社、1987年)
  • 『地球のにぎわい料理ブック—Music cooking book』(筑摩書房、1996年)

脚注[編集]

  1. ^ 略歴ヒューマンドキュメンタリー映画祭サイト内
  2. ^ 「ゆめみたか〜愛は歌 田川律〜」公式サイト
  3. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  4. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  5. ^ 『マイケル・ジャクソン 孤独なピーター・パン』(2009年)訳者紹介
  6. ^ 「中村とうようと『ニューミュージック・マガジン』」- 篠原 章
  7. ^ 解説ページディスクユニオンサイト

外部リンク[編集]