テイク・オン・ミー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
テイク・オン・ミー
a-haシングル
初出アルバム『ハンティング・ハイ・アンド・ロウ』
A面 テイク・オン・ミー
B面 ラヴ・イズ・リーズン
リリース
規格 7インチ・シングル
12インチ・シングル
ジャンル シンセポップ
レーベル ワーナー・ブラザース・レコード
作詞・作曲 ポール・ワークター、マグス、モートン・ハルケット
プロデュース トニー・マンスフィールド(1984年版)、アラン・ターニー(1985年版)
チャート最高順位
  • 1位(ノルウェー、アメリカ、イタリア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、スイス、スウェーデン、ドイツ、ベルギー)
  • 2位(アイルランド、イギリス、カナダ)
  • 25位(日本)
a-ha シングル 年表
テイク・オン・ミー(トニー・マンスフィールド・プロデュース)
(1984年)
テイク・オン・ミー(アラン・ターニー・プロデュース)
(1985年)
シャイン・オン・TV
(1985年)
ミュージックビデオ
「Take On Me」 - YouTube
テンプレートを表示

テイク・オン・ミー」(英: Take On Me)はノルウェーバンドであるa-ha1985年に発表したシングル。作詞・作曲はメンバー3人の共同で行われた。世界的に大ヒットし、バンドの代表曲とされる。

概要[編集]

a-haはノルウェー出身で、音楽活動のために1983年に渡英しプロデビューした。1984年にトニー・マンスフィールドのプロデュースでレコーディングされた英語の曲の1つがこの「テイク・オン・ミー」である。

この曲は翌1985年にアラン・ターニーのプロデュースで再レコーディングされ、これが全米1位、全英2位となるなど、世界中で大ヒット曲となった。2つのバージョンの内、現在、一般的に知られているのはアラン・ターニーがプロデュースした方である。

ミュージックビデオ[編集]

スティーブ・バロンにより制作されたミュージック・ビデオの撮影はロンドン市内のカフェで行われ、リードシンガーのモーテン・ハーケットと女優のバンティ・ベイリー(en:Bunty Bailey[1]が出演している。漫画のキャラが実体化するなど実写とロトスコープを活用したアニメーションが評判となって、1986年のMTV Video Music Awardsでは6部門を受賞した。

同ビデオは2010年1月7日にYouTubeで公開され、2020年2月17日に再生回数が10億回を突破した。これは1990年代以前の作品としては、ガンズ・アンド・ローゼズの「ノーヴェンバー・レイン」「スウィート・チャイルド・オブ・マイン」、クイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」、ニルヴァーナの「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」に続く5作目だという[2]。2020年8月の時点では、11億回以上再生されている。

カバー[編集]

  • リール・ビッグ・フィッシュA1など、様々なミュージシャンによってカバーされている。
  • The Wohlstandskinder アルバム「Die 90er Waren Zum Recyclen Da」「Punk Chartbusters, Vol.3」に収録。映画「URAMI ~怨み~」(2000年)で使用された。

使用例[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]