ソニーATVミュージックパブリッシング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ソニーATVミュージックパブリッシング(ソニー エーティーヴイ ミュージックパブリッシング、SONY/ATV Music Publishing)は、ソニーアメリカ合衆国での音楽出版部門とマイケル・ジャクソンが所有していたATVが1995年に合併して誕生した音楽出版社である。持ち分は、マイケル・ジャクソン家族信託が50%、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカ(ソニーの米国法人)が50%。2006年にソニーは、ジャクソンの持ち株の半分を250百万ドルで購入する権利を獲得した。2007年5月には、バイアコムからエミネムダニエル・パウタービョークシャキーラなどの楽曲の版権を所有するフェイマス・ミュージック ([:en:Famous Music Famous Music]) を買収している。

2012年6月29日、ソニー主導の投資家グループによるEMIの音楽出版事業の買収が完了、EMIミュージック・パブリッシングが保有する楽曲の管理はソニーATVに委託された。これにより、ソニーATVは200万曲以上の版権を持つ世界最大の音楽出版社になった[1]

2016年03月15日、ソニーはMJ財団が保有していたSony/ATV Music Publishingの50%の持分を取得する旨の法的拘束力を有する基本合意書を締結したと発表した。これにより2016年4月以降は100%、Sonyが保有する予定である。[1]

版権を所有している主なアーティスト[編集]

詳細はList of Sony/ATV Music Publishing artists (英語版)を参照のこと

脚注[編集]

  1. ^ ソニーがEMI買収完了 世界最大200万件超の音楽版権”. MSN産経ニュース (2012年6月30日). 2012年8月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]