ワナビー (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Wannabe
スパイス・ガールズシングル
リリース 1996年7月8日
ジャンル ポップ
時間 2分53秒
レーベル ヴァージン・レコード
作詞・作曲 スパイス・ガールズ、リチャード・スタッナード、マット・ロウ
プロデュース リチャード・スタッナード、マット・ロウ
ゴールド等認定

 2×プラチナ (US) プラチナ(オーストリア)

チャート最高順位

1位(UK,US,カナダ,オランダ,フランス,ドイツ,アイルランド,スペイン,ラトビア)2位(オーストリア)

テンプレートを表示

ワナビー」(Wannabe)は、UKポップグループ、スパイス・ガールズのアルバム『スパイス』からのデビュー曲。UK、USの両チャートで1位を獲得した。

説明[編集]

この曲は、男の子は女の子を手に入れるために、なにをすればいいのかを歌っている。また、"zig-a-zig-ah"という歌詞でも有名("zig-a-zig-ah"は「自分がしてほしいこと」「自分がほしいもの」「それによって自分が幸せになれること」全般を意味する)。スパイス・ガールズを象徴する曲といえる。

パフォーマンス[編集]

「Wannabe」は1990年代に最も人気のあった曲といえる。37カ国でチャート1位を獲得し、世界中で600万枚を売り上げた。スパイス・ガールズの「Wannabe」が歴史上、女性グループで一番多く売り上げた。1996年7月8日にイギリスで発売。1週目はチャート3位だったが、7週目には1位を獲得した。26週間、UKチャート40位以内をキープした。イギリスでの「Wannabe」のインパクトはとてつもなく大きく、2ndシングル「Say You'll Be There」、3rdシングル「2Become1」がUKで発売されたころ、オーストラリア(11週間1位)、カナダ(5週間1位)ではまだWannabeがその国のチャート1位を記録していた。アメリカでは、4thシングル「Who Do You Think You Are/Mama」がUKチャート1位を獲得した頃、まだビルボードチャート1位を記録し、ホット・エアプレイ100(ラジオでの放送回数)、ホット100シングルセールスに選ばれた。

この曲はどこでライブをしても歌われる。たいてい、メンバーのメラニー・ブラウンが曲の前に紹介をし、曲の途中ではメラニー・クリスホルムがアクロバティックをする。また、ジェリ・ハリウェルが脱退してからはメンバーが分担して彼女のパートを歌った。

2012年8月12日、ロンドンオリンピック閉会式にスパイス・ガールズが登場した際には、ロンドンタクシーにメンバーが乗車する形でこの曲が歌唱された。

チャート[編集]

チャート 最高位
U.S. ビルボードホット100 1
ARC ウィークリートップ40 1
カナダ・チャート 1
フィリピン・チャート 1
オーストラリア・チャート 1
UK チャート 1
アイルランド・チャート 1
フランス・チャート 1
オランダ・チャート 1
ドイツ・チャート 1
オーストリア・チャート 2
スイス・チャート 1
スウェーデン・チャート 1
ノルウェー・チャート 1
フィンランド・チャート 1

チャートラン[編集]

トップ200 UK シングルチャート
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
順位
3
1
1
1
1
1
1
1
3
4
8
10
16
21
29
32
30
37
54
72
74
71
72
59
57
70
90
105
130
151
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60
順位
165
165
175
145
145
133
153
152
144
166
175
192

UKでの売り上げ : 126万9841枚

世界でのトータルの売り上げ約600万枚

カバーおよび映画内での使用[編集]

µ-Ziqがこの曲のカバーを行い、 アルバム『ルナティック・ハーネス』に収録された[1]

アル・ヤンコビックはポルカ・メドレー 『Polka Power!』 内で使用し、アルバム 『Running with Scissors』に収録された[2]

パンク・ロックバンドのゼブラヘッドがカバーし、2004年のEPen:Waste of MFZBに収録[3]。また、パンクアレンジはen:Heideroosjesも行っており、こちらはen:Heideroosjesが1999年にリリースしたSchizoに収録された[4]

2005年のディズニー映画『チキン・リトル』のサウンドトラックに収録された[5]。これより前の1998年、 ドリームワークスのSFアクション映画『スモール・ソルジャーズ』でも使用された[6]

日本では原曲発売の翌年の1997年にHACOが日本語でカバー。このHACOという女性シンガーは、史上最年少の芸能プロダクション社長兼セクシータレントの百々地葉子である。

脚注[編集]

  1. ^ Cooper, Sean. “Album Reviews: Lunatic Harness”. Allmusic. Macrovision Company. 2012年7月1日閲覧。
  2. ^ The Weird Al Information Source”. Al-oholicsanonymous.com. 2007年10月27日閲覧。
  3. ^ Zebrahead Discography”. Zebrahead.tv. 2007年10月27日閲覧。
  4. ^ De Heideroosjes - Schizo (1999) - MusicMeter.nl
  5. ^ Phares, Heather. “Album Reviews: Chicken Little: Original Soundtrack”. Allmusic. Macrovision Company. 2012年7月1日閲覧。
  6. ^ Small Soldiers (1998)”. IMDB. 2007年10月27日閲覧。