グッドバイ (スパイス・ガールズの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グッドバイ
スパイス・ガールズシングル
リリース
録音 1998年
ジャンル ポップバラード
時間
レーベル ヴァージン・レコード
プロデュース リチャード・スタッナード、マット・ロウ
チャート最高順位
1位(UK、カナダ) 11位 (US)
スパイス・ガールズ シングル 年表
Viva Forever
1998年
グッドバイ
1998年
Holler」/「Let Love Lead The Way
2000年
テンプレートを表示

グッドバイ」("Goodbye")は、イギリスの女性歌手グループ、スパイス・ガールズの9枚目のシングル(アメリカでは7枚目にあたる)。また、1998年5月にメンバーのジェリが脱退して4人になってから初めてリリースしたシングルでもある。

概説[編集]

作詞はスパイス・ガールズの代表曲をほとんど担当しているリチャード・スタッナードとマット・ロウ、そしてスパイス・ガールズのメンバーである。歌詞はジェリの脱退前に書かれたものだが、ソロに専念したいとグループを去った彼女への賞賛の意を込められているように読める。彼女たちの3枚目のアルバム『フォーエヴァー』に収録されている。

ミュージック・ビデオ[編集]

4人のスパイス・ガールズが別々のリムジンに乗っているところから始まる。白い狼が駆け回り、ある城に着くと4人で腕を組んで中に入っていく。中にはいくつもの男女のカップルが凍った状態で動かないでいる。そのカップルたちがだんだんと溶けていき、最後には元通りの生活に戻っていってビデオは終わる。また、このときにはメンバーのヴィクトリアとメラニーBのお腹の中に赤ちゃんがいるように見える。

トラックリスト[編集]

  • UK CD1
  1. "Goodbye [ラジオエディット] - 4:20
  2. "Christmas Wrapping - 4:14
  3. "Goodbye [オーケストラバージョン] - 4:14
  • UK CD2
  1. "Goodbye [シングルバージョン] - 4:47
  2. "Sisters Are Doing It For Themselves [ライブバージョン] - 4:22
  3. "We Are Family [ライブバージョン] - 3:35
  • US CD
  1. "Goodbye [シングルエディット] - 4:44
  2. "Christmas Wrapping - 4:14
  3. "Sisters Are Doing It For Themselves [ライブバージョン] - 4:35
  4. "We Are Family [ライブバージョン] - 3:22

チャート・パフォーマンス[編集]

この曲はスパイス・ガールズ最後のアメリカでリリースされたシングルである。ビルボードチャートにも最高11位までにとどまり、スパイス・ガールズの人気もこの頃から衰えてきた。UKでは1週間だけチャート1位をマークし、彼女達の8度目のチャート1位ソングとなった。しかし、カナダでは絶大な人気を誇った。同国のチャートでは16週間1位をマークし、1990年代に発売されたシングルで3番目の売り上げ記録を残し、1999年に最もよく売れたシングルとなった。ジェリの脱退を機にスパイス・ガールズは解散するであろうと予想していたメディアは、その予想を覆される結果となった。しかし、事実はスパイス・ガールズの時代も終わりに近づいていた。

チャート[編集]

チャート 順位
UK 1 (1週間)
カナダ 1 (16週間)
フィリピン 1
U.S. ビルボード 11
アイルランド 1 (9週間)
フランス 21
ドイツ 17
オーストリア 13
スイス 8
スウェーデン 2
ノルウェー 6
フィンランド 2
オーストラリア 3
ニュージーランド 1
  • UKでの売り上げ83万3500枚
  • 世界中でのトータルの売り上げ 250万枚