レディオ4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レディオ4
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル ダンス・パンク
ポストパンク・リバイバル
パンク
インディー・ロック
活動期間 1999年 -
レーベル Astralwerks
Gern Blandsten Records
City Slang
共同作業者 Garden Variety
メンバー アンソニー・ローマン
グレッグ・コリンズ
PJ・オコナー
デイヴ・ミローヌ
旧メンバー ジェラルド・ギャローン
アンソニー・リッツォ
トミー・ウィリアムズ

レディオ4 (Radio 4レディオ・フォー) は、アメリカニューヨークダンス・パンクバンドポストパンクニュー・ウェーヴからの影響を強く感じさせる、ダンサブルでディスコティックなパンク・サウンドを奏でる4人組。2000年代ダンス・パンクムーブメントの中でも最初期に成功したバンドである。

来歴[編集]

1999年、アンソニー、トミー、グレッグの3人によりレディオ4が結成され、ニューヨークで活動していたバンドは後にジェラルドとPJ・オコナーを加え5人編成となる。バンド名のレディオ4はP.I.L(パブリック・イメージ・リミテッド)の2ndアルバム『メタルボックス』の曲名から取られた。バンドの中心人物であるアンソニーは叔父の影響でパンクロカビリーを聴きながら育ちポスト・パンクバンドの経験もあったが、レディオ4結成頃から聴き始めたというダンス・ミュージックにも惹かれており、その2つの音楽を組み合わせることはできないかと考えるようになる。2000年、デビューアルバム『ザ・ニュー・ソング・アンド・ダンス』をリリース。低予算の状況の下で作られたそのアルバムは、リズミカルでダンサブルである一方、パンクの攻撃性やエッジを持ったもので、批評家からはザ・クラッシュのようだと例えられるようなサウンドに仕上がった[1]

2001年、バンドは大きな転機を迎えることになる。プローデューサーチームのDFAと出会い、EP「ダンス・トゥ・ジ・アンダーブラウンド」をリリースする。翌2002年、引き続きDFAがプロデュースした2ndアルバム『ゴッサム!』は、勢いに乗り始めていたポストパンク・リバイバルの流れとも同調し、大成功をおさめる[2]

2004年、バンドはEMI系のAstralwerksへと移籍。プライマル・スクリームなどを手がけたマックス・ヘイズのプロデュースのもと3rdアルバム『スティーリング・オブ・ア・ネイション』をリリースする。2000年大統領選挙911イラク戦争など、バンドがニューヨークから見てきたアメリカの状況を色濃く反映した内容のアルバムで、政治色の強い作品となった[3]。アンソニーはインタビューで「僕らは自分達の目で見たニューヨークを描いてるつもりなんだ。どんなことが起きていて、それがどう影響を与えているか、とかね。そういうことが、僕達にとってはすごく大事なテーマなんだ。」と述べている[4]

2005年、オリジナルメンバーだったトミーが脱退、新メンバーにデイヴを迎える。さらにマネージメントの変更などもあり、新生レディオ4となった彼らはその勢いが冷めぬうちにアルバムの制作に取り掛かった。レコーディングはロンドンで行われ、マッシヴ・アタックカサビアンなど大胆なミックスで知られるジャグズ・クーナーがプロデューサーに迎えられた。2006年、4thアルバム『エネミーズ・ライク・ディス』がリリースされた[5]

メンバー[編集]

現メンバー[編集]

  • アンソニー・ローマン (Anthony Roman) - ボーカル / ベース
  • グレッグ・コリンズ (Greg Collins) - ドラム
  • PJ・オコナー (P.J. O'Connor) - パーカッション / ボーカル
  • デイヴ・ミローヌ (Dave Milone) - ギター / ボーカル

元メンバー[編集]

  • ジェラルド・ギャローン (Gerard Garone) - キーボード / ベース / ギター (2001年11月 - 2008年4月
  • アンソニー・リッツォ (Anthony Rizzo) - ギター (2001年5月ツアーのみ)
  • トミー・ウィリアムズ (Tommy Williams) - ギター / ボーカル (1998年11月 - 2005年1月

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • ザ・ニュー・ソング・アンド・ダンス / The New Song & Dance (2000年 ・ Gern Blandsten Records)
  • ゴッサム! / Gotham! (2002年 ・ Gern Blandsten Records)
  • スティーリング・オブ・ア・ネイション / Stealing of a Nation (2004年 ・ Astralwerks)
  • エネミーズ・ライク・ディス / Enemies Like This (2006年 ・ Astralwerks)

脚注[編集]

  1. ^ [1] "Radio 4 Interview, HARDLISTENING."
  2. ^ [2] "Radio 4 Gotham, Victor Entertainment."
  3. ^ [3] "Radio 4 Rhythm Nation, CMJ JAPAN Music Magazine."
  4. ^ [4] "Radio 4 Interview, HARDLISTENING."
  5. ^ [5] "Radio 4 Enemies Like This, VIBE Net."