シンセサイザー音楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

シンセサイザー音楽(-おんがく)とは、電子音楽の中でも、シンセサイザーを主な音源として使用した音楽を指す。

概要[編集]

シンセサイザーを駆使する事によって、生楽器/電気楽器によるものとは異質な音響を得た音楽。

いわゆる「電子音楽」がシンセサイザー無しでも成立が可能であるのに対し、シンセサイザー音楽はシンセサイザーを使用する事が成立の前提となる。また「コンピュータミュージック」は音源或いは演奏の制御にコンピュータを用いる事でそう呼称されるのに対し、シンセサイザー音楽は必ずしもコンピューターの使用が必須条件にはならず、アナログ・シーケンサーや手弾きによる演奏も存在する。

概歴[編集]

1960年代から登場したモーグ等のシンセサイザーを使用する事によって、電子音を楽器として駆使する事が比較的容易になり、ウォルター・カーロス冨田勲タンジェリン・ドリームヴァンゲリスジャン・ミッシェル・ジャールなどといった、シンセサイザーによる作品制作を得意とする音楽家が次々と登場した。彼らはそれぞれ音楽性が異なる場合が多かったが、題材として採り上げる音楽の傾向/ジャンルよりも「シンセサイザーを使う」という点が着目される事により、使用する楽器による分類が頻用されるようになった。

用例/参考文献[編集]

2008年現在入手が可能な文献で、「シンセサイザー音楽」という言葉が記述され、その内容が解説されている例は以下の通り。