チャックD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チャックD
Chuck D
Chuck D Public Enemy Way Out West 2013 (cropped).jpg
2013年
基本情報
出生名 カールトン・ダグラス・リーデンアワー
生誕 (1960-08-01) 1960年8月1日(57歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州ニューヨーク市クイーンズ区
出身地 ニューヨーク州ナッソー郡ルーズベルト
学歴 アデルフィ大学 卒業
ジャンル ヒップホップ
職業 ラッパー
活動期間 1981年 -
レーベル マーキュリー・レコード
共同作業者 パブリック・エナミー
プロフェッツ・オブ・レイジ

カールトン・ダグラス・リーデンアワーCarlton Douglas Ridenhour1960年8月1日 - )は、Chuck D(チャックD)として知られる、アメリカ合衆国ニューヨーク市クイーンズ区生まれ[1]、同州ナッソー郡ルーズベルト出身のラッパー。ヒップホップ・グループのパブリック・エナミープロフェッツ・オブ・レイジのメンバーとして活動している。

来歴[編集]

ニューヨーク市クイーンズ区生まれ。その後ナッソー郡のルーズベルトで育ち、ルーズベルト高等学校を卒業[2]。卒業後はグラフィックデザインを学ぶためアデルフィ大学へ進学。同大学では学生が運営するラジオ局・WBAUで活動。WBAUでは後にボム・スクワッドで活動を共にするハンク・ショックリーや、ビル・ステフニー(後にデフ・ジャム・レコーディングスのエグゼクティブ・プロデューサー)と出会う[3]1984年学士を取得[4]2013年には名誉博士号を受章している[5]

WBAUでは「Chuckie D.」としてステフニーの番組に出演。番組のテープを聴いたデフ・ジャム・レコーディングスの設立者、リック・ルービンがリーデンアワーにラップを始めないかと呼びかけた。ルービンはプロデューサーにショックリー、マーケティングにステフニー、DJをノーマン・ロジャース(後のターミネーターX)とする計画を立案。リーデンアワーは「Chuck D」(チャックD)と名乗り、アデルフィ大学在学時に知り合ったウィリアム・ドレイトン(フレイヴァー・フレイヴ)と共にヒップホップ・グループ「パブリック・エナミー」を結成[3]1987年に1stアルバム『Yo! Bum Rush the Show』をリリースした。

1996年マーキュリー・レコードと契約し、ソロとして初のアルバム『Autobiography of Mistachuck』をリリース。

2012年12月11日、パブリック・エナミーのメンバーとして、ロックの殿堂(2013年度)の受賞が発表された[6]

2016年レイジ・アゲインスト・ザ・マシーントム・モレロらと共にプロフェッツ・オブ・レイジを結成した。

ディスコグラフィ[編集]

パブリック・エナミーの作品はパブリック・エナミー#作品を、プロフェッツ・オブ・レイジの作品はプロフェッツ・オブ・レイジ#ディスコグラフィーを参照。

アルバム[編集]

  発売日 タイトル レーベル チャート 備考
Billboard
200

[7]
1st 1996年10月22日 Autobiography of Mistachuck Mercury Records 190位 -
2nd 2014年8月1日 The Black In Man SPITdigital ‎ - 「Chuck D Aka Mistachuck」名義

コンピレーションアルバム[編集]

発売日 タイトル レーベル 備考
2010年8月2日 Don't Rhyme for the Sake of Riddlin' Slam Jamz 「Chuck D Of Public Enemy Is MistaChuck」名義

出演[編集]

映画[編集]

  • Rhyme & Reason (1997年)
  • アラン・スミシー・フィルム (1998年) - レオン・ブラザーズ役・音楽担当
  • Something from Nothing: The Art of Rap (2012年)
  • The Bet (2016年) - チャールズ・マックD役

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]