ラサール弦楽四重奏団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ラサール弦楽四重奏団英語LaSalle Quartet)は、1946年に結成され、1987年に解散した室内楽団。第1ヴァイオリン担当のヴァルター・レヴィンによって結成され、寄贈されたアマティの楽器を用いて演奏した。所属団員は以下の通りである。

  • ヴァルター・レヴィン(第1ヴァイオリン)
  • ヘンリー・メイヤー(第2ヴァイオリン)
  • ピーター・カムニツァー(ヴィオラ)
  • ジャック・キルステイン(~1980年、初代チェロ
    • リー・ファイザー(第2代チェロ)

古典派ロマン派のような標準的な曲目もレパートリーに取り上げてはいたが、新ウィーン楽派シェーンベルクベルクウェーベルンアポステル)以降の現代音楽をレパートリーに取り入れたことや、ジェルジ・リゲティから弦楽四重奏曲第2番を献呈され、同作を1969年12月14日バーデンバーデンで初演した団体としても名高い。

ドイツ・グラモフォン・レーベルに、当時まだ謎の作曲家であったツェムリンスキーの弦楽四重奏曲全集を録音したことによって、いわゆる「ツェムリンスキー・ルネサンス」[1]の源流を創り出したと看做されており、この録音は、ドイツ・シャルプラッテン賞を授与された。

ラサール弦楽四重奏団は、シンシナティ大学音楽学部の常駐団体のひとつであり、ヴィオラ担当のカムニッツァーとチェロ担当のファイザーは、今なお同校で教鞭を執る。世界のたいていの主要な弦楽四重奏団がラサール弦楽四重奏団のメンバーに指導を乞うており、なかでもアルバン・ベルク弦楽四重奏団アルテミス四重奏団フォーグラー四重奏団プラジャーク弦楽四重奏団が代表的な例として知られる。ヴァルター・レヴィンは現在、故郷のベルリンに健在であるが、ヘンリー・メイヤーは2006年12月に鬼籍に入った。

参考資料ほか[編集]

  1. ^ Stefan Musil (2000-11-30), Zeitschrift der Gesellschaft der Musikfreunde in Wien, オリジナルの2012-02-05時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20120205051742/https://www.musikverein.at/monatszeitung/monatszeitungEintrag.asp?monat=7&jahr=2000&idx=145  (ドイツ語)