スペイン (チック・コリアの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スペイン』("Spain" )は、1972年チック・コリアが作曲し、彼のバンドのリターン・トゥ・フォーエヴァーの作品として発表されたジャズ楽曲である。アルバム『Light as a Feather』に収録されている。

概要[編集]

ホアキン・ロドリーゴ作曲のアランフエス協奏曲第2楽章(アダージョ)をイントロとして用い、その後は一転アップテンポになり、アフロ・キューバンリズムでフルートエレクトリック・ピアノローズ・ピアノ)、アコースティック・ベースアドリブが続く。コーラス毎に印象的でトリッキーなリフが挿入されている。

テーマ部は12小節(もしくは24小節)で完結しながらも、下記のようにブルース形式とは全く異なるコード進行に特色がある。

Gmaj7 | Gmaj7 | F#7 | F#7 | Em7 | A7 | Dmaj7 | Gmaj7 | C#7 | F#7 | Bm | B7

吹奏楽の編曲版のものは、この中に入っていない打楽器、その他、中低音で、メロディーを組み立てるパートの楽器が多い。

カバー[編集]

この曲は世界中の演奏家にカバーされている。キーボードをはじめ様々な楽器で演奏されるが、ギタリストに人気が高いのが特徴の一つで、ギターのみのトリオやギター中心のスリーピースなどで演奏される。デュオではラリー・コリエルスティーヴ・カーンなど、ピアノとのデュオではミシェル・カミロトマティートなど。ビッグバンド(GRP All-Star Big Bandなど)での演奏もある。日本では佐藤竹善松本孝弘渡辺香津美などがカバー曲をリリース、また本多俊之トルヴェール・クヮルテットのサキソフォンでの競演によるアンサンブル(「HIGH FIVE」に収録)もある。

チック自身も度々再演しており、アルバム『Akoustic Band』(1989年)ではピアノ・トリオ、上原ひろみとの共演ライブ盤『Duet』(2008年)ではピアノ・デュオと、様々な形での録音がある。

なお原曲は歌詞が無いが、歌詞を入れてカバーされるケースがあり、海外ではアル・ジャロウ、日本ではマリーンhiro平原綾香などがカバーしている。また過去には久保田利伸が「夜のヒットスタジオ」にてカシオペア土岐英史をバックに披露した事もある。

その他[編集]

2007年3月にオンエアされた、キリンビバレッジ生茶(甘み火入れ玉露入り)」のCMでは、この曲のストリングスアレンジバージョンがBGMとして使用されている。