モンゴ・サンタマリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モンゴ・サンタマリア
Mongo Santamaría
Mongo Santamaria 1969.JPG
基本情報
出生名 ラモン・サンタマリア・ロドリゲス
生誕 1922年4月7日
ハバナ
出身地  キューバ
死没 (2003-02-01) 2003年2月1日(80歳没)
マイアミ
ジャンル ラテンジャズ
職業 打楽器奏者
担当楽器 コンガ

モンゴ・サンタマリアMongo Santamaría1922年4月7日 - 2003年2月1日)は、キューバ出身のコンガ奏者。本名ラモン・サンタマリア・ロドリゲスRamón Santamaría Rodríguez)。ラテンジャズブーガルーなどのラテン音楽やラテン・テイストのブラックミュージックを中心に音楽活動を展開していた。

バイオグラフィ[編集]

1922年4月7日、キューバの首都ハバナに生まれる。祖父はコンゴから連れて来られた奴隷。当初はヴァイオリンをプレイしていたが、やがてパーカッションに転向する。プロのミュージシャンを目指すべく17歳で学校を中退、20代の頃からトロピカーナ・クラブなどのナイト・クラブで音楽活動を行い、1950年に米国ニューヨークへと活動の拠点を移す。 その後ペレス・プラードティト・プエンテカル・ジェイダーらの楽団に参加、その頃から自身のリーダー作をコンスタントに発表するようになる。 そして1960年代にハービー・ハンコック作曲の「ウォーターメロン・マン」を取り上げ、これが大ヒットを記録。一躍その地位を押し上げた。 2003年2月1日、マイアミの病院にて息を引き取る。

代表作[編集]

  • 「アフロ・ブルー」

その他[編集]