ミシェル・ペトルチアーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ミシェル・ペトルチアーニ
生誕 (1962-12-28) 1962年12月28日
出身地 フランスの旗 フランスオランジュ
死没 (1999-01-06) 1999年1月6日(36歳没)
担当楽器 ピアノ
活動期間 1975年~1999年
レーベル Owl, Blue Note, Dreyfus

ミシェル・ペトルチアーニ(Michel Petrucciani, 1962年12月28日 - 1999年1月6日)は、フランス出身のジャズピアニスト。先天性疾患による障害を克服し、フランス最高のジャズ・ピアニストと評価されるほどの成功を収めた。

その独自性の強いスタイルはビル・エヴァンスらの影響を受けており、また一部ではキース・ジャレットとも比較される。

生涯[編集]

ペトルチアーニの墓

ペトルチアーニはフランスのオランジュイタリア系フランス人の家庭に生まれた。遺伝的原因から、生まれつき骨形成不全症という障害を背負っていた。この障害のため、彼の身長は成長期になっても1メートルほどにしか伸びず、骨はもろく、またしばしば肺疾患に苦しめられた。同年代の少年が熱中するようなスポーツに加わることはできず、ペトルチアーニの関心はもっぱら音楽に向けられるようになった。ペトルチアーニは特にデューク・エリントンの音楽を好み、ピアニストになりたいと願うようになった。そこでクラシック・ピアノを習い始め、何年も練習を続けたが、その一方でジャズから心が離れることはなかった。

ペトルチアーニは13歳で最初のコンサートを迎え、18歳の時に初めてトリオを組んだ。彼の骨は非常にもろかったので、演奏席までは他人に運んでもらわねばならなかった。またペダルに足が届かないためペダル踏み機を使わねばならなかったが、腕は標準的なサイズであったことで、鍵盤を弾くことができたのである。その天才的な演奏ぶりは広く注目を集めた。

1982年、ペトルチアーニはアメリカへ渡った。アメリカで彼はチャールズ・ロイドのバンドに参加するなど、いっそう積極的に演奏に取り組み、1980年代~1990年代を代表するジャズ・ピアニストの一人となった。1986年にはウェイン・ショーターとアルバムで共演、また晩年のディジー・ガレスピーとも共演している。

ペトルチアーニはフランス人としては最初に、名門ジャズレーベルのブルーノート・レコードと契約したピアニストである。1994年レジョン・ドヌール勲章を受章、2002年6月にはパリ18区の広場が「ミシェル・ペトルチアーニ広場」と命名された。

ペトルチアーニは3人の女性と関係を持った。 最初の結婚はインディアンナバホ族出身のエルリンダ・モンターニョ。2度目の結婚はイタリア人のピアニスト、ジルダ・ブッタ(Gilda Buttà)。ペトルチアーニは2人の息子の父親となったが、アレクサンドル(Alexandre)は父親と同じ障害を持って生まれた。

ペトルチアーニはイタリア語をとても流暢に話すことができたため、イタリアでのコンサートではアナウンスを自らイタリア語で行った。

ペトルチアーニは、若い頃から体質上「寿命は20歳程度まで」と言われていた身だった。実際にはそれよりはるかに寿命を長らえて活躍したが、ツアー先のニューヨークで急性肺炎を起こして死去した時は、36歳の誕生日から10日足らずであった。彼の遺体はパリのペール・ラシェーズ墓地内、フレデリック・ショパンの墓からほど近い場所に葬られた。

2011年マイケル・ラドフォード監督によるドキュメンタリー映画『情熱のピアニズム』が製作される(日本公開:2012年10月13日)。幼少時から死の直前までの演奏風景や日常を撮り溜めた貴重な映像を中心に、家族や音楽仲間らの証言によって構成されている。第37回セザール賞ドキュメンタリー部門にノミネートされるなど高い評価を受けた。

年譜[編集]

関連作品[編集]

ディスコグラフィ[編集]

リーダー作品[編集]

  • フラッシュ - Flash (Bingow) 1980年
  • ミシェル・ペトルチアーニ - Michel Petruciani (Owl) 1981年
  • デイト・ウィズ・タイム - Date With Time (Celluloid/Rhino/Wea) 1981年
  • エスターテ - Estate(1982年録音)(IRD/Sound Hills) 1982年
  • ダーン・ザット・ドリーム - Darn That Dream (Celluloid/Rsd) 1982年
  • リー・コニッツと共同名義, トゥート・スウィート - Toot Sweet (Owl) 1982年
  • オーラクルズ・デスティニー - Oracle's Destiny (Owl) 1982年
  • 100ハーツ - 100 Hearts (The George Wein Collection/Bellaphon International) 1983年
  • ライブ・アット・ザ・ビレッジ・バンガード - Live At The Village Vanguard(1984年録音)(Concord/Blue Note) 1985年
  • ノート・アンド・ノーツ - Note'n Notes (Owl) 1984年
  • コールド・ブルース - Cold Blues (Owl) 1985年
  • ピアニズム - Pianism(1985年録音)(Blue Note) 1986年
  • パワー・オブ・スリー - Power Of Three(1986年録音)(Blue Note) 1987年(ジム・ホールおよびウェイン・ショーターと共演)
  • ミシェル・プレイズ・ペトルチアーニ - Michel Plays Petrucciani(1987年録音)(Blue Note) 1988年
  • ミュージック - Music (Blue Note) 1989年
  • ボブ・マラックと共同名義, カンヴァセーション・ウィズ・ミシェル - Conversations With Michel(1988年、1989年録音)(Go Jazz) 2000年
  • プレイグラウンド - Playground (Blue Note) 1991年
  • ライヴ - Live (Blue Note) 1991年
  • プロムナード・ウィズ・デューク - Promenade With Duke((Blue Note) 1992年
  • トニー・ペトルチアーニと共同名義, カンヴァセーション - Conversation(1992年11月録音)(Dreyfus) 2001年
  • マーヴェラス - Marvellous (Dreyfus) 1994年(パレ・デ・コングレ・ド・パリにおけるライヴ)
  • ニールス・ペデルセンと共同名義, Michel Petrucciani & NHOP(1994年4月録音)(Dreyfus) 2009年(2CD コペンハーゲンにおけるライヴ)
  • エディ・ルイスと共同名義, デュオ・イン・パリ - Conference De Presse(1994年6月録音)(Dreyfus) 1994年
  • ドレフュス・ナイト - Dreyfus Night In Paris(1994年7月録音)(Dreyfus) 2004年
  • シャンゼリゼ劇場のミシェル・ペトルチアーニ - Au Théâtre Des Champs-Elysées(1994年11月録音)(Dreyfus) 1995年
  • ステファン・グラッペリと共同名義, フラミンゴ - Flamingo(1995年6月録音)(Dreyfus) 1996年
  • ミシェル・ペトルチアーニ - Michel Petrucciani (Musica Jazz/Dreyfus) 1996年
  • ボース・ワールズ - Both Worlds (Dreyfus) 1997年
  • ソロ・ライヴ - Solo Live in Germany(1997年2月録音)(Dreyfus) 1998年 のち2CD完全版 2007年
  • ライヴ・アット・ブルーノート東京 - Trio In Tokyo(1997年11月録音)(Dreyfus) 1999年

コンピレーション[編集]

  • アウル・イヤーズ 1981-1985 - Days And Wine And Roses (1981-85) (Owl) 2000年(2CD)
  • The Blue Note Years(1985年~1992年在籍)(Blue Note) 1993年
  • 未発表ボックス - Concerts Inedits(1993年、1994年録音)(Dreyfus) 1999年(3CD)
  • ソー・ホワット - So What: Best of Michel Petrucciani (Dreyfus) 2004年

客演[編集]

  • ドリーム・ドロップス / ミシェル・グレイエ - Dream Drops / Michel Graillier (1981年)
  • ナイト・ブルーミング・ジャスミン / チャールズ・ロイド - Night Blooming Jasmine / Charles Lloyd (1981年)
  • モントルー '82 / チャールズ・ロイド - Montreux '82 / Charles Lloyd (1982年)
  • ナイト・イン・コペンハーゲン / チャールズ・ロイド - A Night In Copenhagen / Charles Lloyd (1983年)
  • ワン・ナイト・ウィズ・ブルーノート Vol.4 - One Night With Blue Note Volume 4 (1985年)
  • マウント・フジ・ジャズ・フェスティバル・86年・ウィズ・ブルーノート Vol.2 - Mt.Fuji Jazz Festival'86 With Blue Note Vol.2 (1986年)
  • ファースト・インストルメント / ラシェル・フェレル - First Instrument / Rachelle Ferrell (1989年)
  • マンハッタン・プロジェクト - The Manhattan Project (1989年)
  • ライブラリアン / ルイ・ペトルチアーニ - The Librarian / Louis Petrucciani (1990年)
  • フロム・ザ・ソウル / ジョー・ロヴァーノ - From The Soul / Joe Lovano (1991年)
  • ファースト / フィリップ・ペトルチアーニ - The First / Philippe Petrucciani (1991年)
  • ヴァイナ / セルジュ・フォルテ - Vaina / Serge Forte (1992年)
  • リュミエール / リアン・フォリ - Lumieres ! / Liane Foly (1994年)
  • ジャズナヴール / シャルル・アズナブ-ル - Jazznavour / Charles Aznavour (1998年)
  • カルテット / スティーヴ・グロスマン - Quartet / Steve Grossman (1998年)
  • オン・ザ・エッジ / パトリック・ロンダット - On The Edge / Patrick Rondat (1998年)

フィルモグラフィ[編集]

  • ミシェル・ペトルチアーニへの手紙 - Lettre A Michel Petrucciani (1983年)
  • ライブ・アット・ザ・ビレッジ・バンガード Vol.2 - Live At The Village Vanguard Volume 2 (1984年)
  • ワン・ナイト・ウィズ・ブルーノート - One Night With Blue Note (1985年)
  • 富士山・ジャズ・フェスティバル・86年・ウィズ・ブルーノート Vol.2 - Mt.Fuji Jazz Festival'86 With Blue Note Vol.2 (1986年)
  • パワー・オブ・スリー - Power Of Three (1986年)
  • レジェンド・オブ・ジャズ・ギター Vol.3 - Legends of Jazz Guitar Volume 3 (1986年)
  • マンハッタン・プロジェクト - The Manhattan Project (1989年)
  • ノン・ストップ - ミシェル・ペトルチアーニの旅 - NON STOP - Eine Reise mit Michel Petrucciani (1996年)
  • ライブ・イン・コンサート - Live In Concert (1998年)
  • ミシェル・ペトルチアーニ・イン・メモリアム - Michel Petrucciani: In Memorien (1998年)
  • 情熱のピアニズム - Michel Petrucciani: Body & Soul (2011年) ドキュメンタリー映画

楽譜[編集]

  • Petrucciani Original Transcription Piano (1992)
  • Michel Petrucciani Note For Note (1993)
  • Michel Petrucciani Songbook (2000)

書籍[編集]

  • Michel Par Petrucciani/Frederic Goaty (2000年, フランス語)

外部リンク[編集]