ケニー・クラーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ケニー・クラーク
Kenny Clarke.jpg
Kenny Clarke in 1971
基本情報
出生名 Kenneth Spearman Clarke
別名 Klook
生誕 1914年1月9日
出身地 ピッツバーグ, ペンシルベニア
死没 1985年1月26日(1985-01-26)(71歳) モントルイユ, フランス
ジャンル ジャズ
職業 ドラマー
担当楽器 ドラム
レーベル サヴォイ・レコード, ブルーノート・レコード, インパルス!レコード
共同作業者 モダン・ジャズ・カルテット
ジョニー・グリフィン
ディジー・ガレスピー

ケニー・クラーク(Kenny Clarke、本名 Kenneth Spearman Clarke: 1914年1月9日1985年1月26日)は、アメリカジャズドラマー、バンド・リーダー。ビ・バップ・スタイルのドラミングを築き上げた一人。クロック(Klook)の愛称で親しまれ、また後年にはリアカット・アリ・サラーム(Liaqat Ali Salaam)としても知られた。

来歴[ソースを編集]

1940年代初頭、ニューヨークのジャズ・クラブ「ミントンズ・プレイハウス」のハウス・ドラマーとして「アフターアワー・ジャムズ」に参加、ビ・バップの誕生からモダン・ジャズへの過渡期をここで過ごす。

シドニー・ベシェを含む初期の世代と同様、チャーリー・パーカーディジー・ガレスピーセロニアス・モンクカーリィ・ラッセルらのバップ・スタイルの出現時の主要なイノベーターらと協演した。また、この時期には、サヴォイ・レコードの専属ドラマーとして多くの作品を録音した。

多くのミュージシャンらがミントンから他のプロジェクトに移って行った際に、若いピアニストで作曲家のジョン・ルイスヴィブラフォン奏者のミルト・ジャクソン、そしてベーシストのレイ・ブラウンも加わり、「MJQ:モダン・ジャズ・カルテット」を結成し、コニー・ケィにドラマーの座を譲るまでの4年ほど在籍した。

晩年は主にパリで暮らし、彼のふだんのバンド仲間や来仏した米ミュージシャンとの演奏、録音をおこなった。

1985年、モントルイユ(仏)にて71歳で死去。 1988年、「ダウンビート」誌の「Jazz Hall of Fame」に推挙される。

プレイスタイル[ソースを編集]

ケニー・クラークのプレイスタイルは、ドラムにおいてビ・バップスタイルの先駆者的存在でありながら、非常に完成されたものであることがわかる。

そのスタイルの基本は三連符「トリプレット」によるものであるが、フィル・インで8分音符や16分音符の連打を用いることも多い。 彼のシンバルレガート中の左手のコンピングはテーマ、及びソリストのフレーズのアクセントを正確に捉え、難なく叩ききってしまう。

彼のソロのフレーズの特徴は、2拍分の三連符の頭にアクセントを置き、6つ割りにして叩くフレーズが多い。 また、ミディアム・テンポの時は16分音符を6つ割りにするフレーズも用いる。

ケニー・クラークは多くの後進ドラマーに大きな影響を与え、とくにアート・ブレイキーマックス・ローチについては同世代のドラマー達の中でもこのフレーズが顕著に現れている。

ディスコグラフィ[ソースを編集]

ソロ及び共作[ソースを編集]

Kenny Clarke / Francy Boland Big Band (1962-1971)

  • Jazz is Universal (1962)[1] Atlantic Records
  • Handle With Care (1963) Atlantic
  • Now Hear Our Meanin' (1965) Columbia Records
  • Swing, Waltz, Swing, Carl Drewo und die Clarke–Boland Big Band (1966) Philips Records
  • Jazz Convention Vol. I (1967) KPM – also re-issued as Open Door (Muse)[2]
  • Jazz Convention Vol. II: Contemporary Jazz Moods... (1967) KPM
  • Sax No End (1967) MPS Records, Pausa – aka Fire, Soul, Heat & Guts (Prestige Records)
  • Out of the Folk Bag (1967) Columbia
  • 17 Men and Their Music (1967) Campi[3]
  • Latin Kaleidoscope (1968) MPS, Prestige
  • All Smiles (1968) MPS – aka Let's Face the Music (Prestige)
  • Faces (1968) MPS
  • More (1968) Campi – aka More Jazz in the Movies (CAM)
  • Jazz Convention Vol. III (1968) KPM
  • My Kind of World, Gitte & The Band (1968) Hör Zu – aka Gitte Hænning meets the Francy Boland-Kenny Clarke Big Band aka Gitte Sings Jazz
  • Fellini 712 (1969) MPS
  • Volcano,...Live At Ronnie's (1969) Polydor Records
  • Rue Chaptal,...Live At Ronnie's (1969) Polydor
  • More Smiles (1969) MPS
  • All Blues (1969) MPS
  • At Her Majesty's Pleasure… (1969) Black Lion Records
  • Clarke-Boland Big Band En Concert Avec Europe 1 (1969) RTÉ – aka TNP: Oct. 29th, 1969 (Delta Music), aka Paris Concert (Laserlight)
  • Off Limits (1970) Polydor
  • November Girl, Carmen McRae / The Kenny Clarke-Francy Boland Big Band (1970) Black Lion
  • Changes of Scenes, Stan Getz and the Kenny Clarke-Francy Boland Big Band (1971) Verve Records

post-Clarke:

  • Francy Boland – The Orchestra 1: Blue Flame (1976) MPS
  • Francy Boland – The Orchestra 2: Red Hot (1976) MPS
  • Francy Boland – The Orchestra 3: White Heat (1976) MPS

リファランス[ソースを編集]

  1. ^ Some years shown in this discography indicate the recording year, which is not necessarily the initial release year
  2. ^ Although Open Door contains one track less than Jazz Convention Vol. I
  3. ^ This same phrase was added as a subtitle / "sticker" to re-issues of four Clarke-Boland Big Band albums: Faces, Gigi Campi Presents 17 Men And Their Music 1; All Smiles, Gigi Campi Presents 17 Men And Their Music 2; Latin Kaleidoscope, Gigi Campi Presents 17 Men And Their Music 3; Fellini 712, Gigi Campi Presents 17 Men And Their Music 4