ケニー・クラーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケニー・クラーク
Kenny Clarke in 1971
Kenny Clarke in 1971
基本情報
出生名 Kenneth Spearman Clarke
別名 Klook
出生 1914年1月9日
出身地 ピッツバーグ, ペンシルベニア
死没 1985年1月26日(71歳) モントルイユ, フランス
ジャンル ジャズ
職業 ドラマー
担当楽器 ドラム
レーベル サヴォイ・レコード, ブルーノート・レコード, インパルス!レコード
共同作業者 モダン・ジャズ・カルテット
ジョニー・グリフィン
ディジー・ガレスピー

{{{Influences}}}

ケニー・クラーク(Kenny Clarke、本名 Kenneth Spearman Clarke: 1914年1月9日1985年1月26日)は、アメリカジャズドラマー、バンド・リーダー。ビ・バップ・スタイルのドラミングを築き上げた一人。クロック(Klook)の愛称で親しまれ、また後年にはリアカット・アリ・サラーム(Liaqat Ali Salaam)としても知られた。

来歴[編集]

1940年代初頭、ニューヨークのジャズ・クラブ「ミントンズ・プレイハウス」のハウス・ドラマーとして「アフターアワー・ジャムズ」に参加、ビ・バップの誕生からモダン・ジャズへの過渡期をここで過ごす。

シドニー・ベシェを含む初期の世代と同様、チャーリー・パーカーディジー・ガレスピーセロニアス・モンクカーリィ・ラッセルらのバップ・スタイルの出現時の主要なイノベーターらと協演した。また、この時期には、サヴォイ・レコードの専属ドラマーとして多くの名盤を録音した。

多くのミュージシャンらがミントンから他のプロジェクトに移って行った際に、若いピアニストで作曲家のジョン・ルイスヴィブラフォン奏者のミルト・ジャクソン、そしてベーシストのレイ・ブラウンも加わり、「MJQ:モダン・ジャズ・カルテット」を結成し、コニー・ケィにドラマーの座を譲るまでの4年ほど在籍した。

晩年は主にパリで暮らし、彼のふだんのバンド仲間や来仏した米ミュージシャンとの演奏、録音をおこなった。

1985年、モントルイユ(仏)にて71歳で死去。 1988年、「ダウンビート」誌の「Jazz Hall of Fame」に推挙される。

ディスコグラフィ[編集]

ソロ及び共作[編集]

  • Special Kenny Clarke 1938–1959 (Jazz Muse) with Benny Bailey, Clark Terry, Hubert Fol, Lcky Thompson, Tommy Scott, Art Simmons, Jimmy Gourley, Pierre Michelot
  • Telefunken Blues (Savoy, 1955) with Henry Coker, Frank Morgan, Frank Wess, Milt Jackson, Percy Heath
  • Bohemia After Dark (Savoy, 1955) with Cannonball & Nat Adderley, Jerome Richardson, Hank Jones, Horace Silver, Paul Chambers
  • Jazzmen of Detroit (Savoy, 1956) with Pepper Adams, Kenny Burrell, Tommy Flanagan, Paul Chambers
  • Plays André Hodeir (Philips, 1956) with Roger Guérin, Billy Byers, Pat Peck, Hubert Rostaing, Martial Solal, René Urtreger, P. Michelot
  • The Golden 8 (Blue Note, 1961) with Dusko Gojkovic, Raymond Droz, Christian Kellens, Derek Humble, Karl Drevo, Francy Boland, Jimmy Woode
  • Americans in Europe Vol. 1 (Impulse!, 1963)
  • Pieces of Time (Soul Note, 1983) Andrew Cyrille, Don Moye and Milford Graves

Kenny Clarke / Francy Boland Big Band (1962-1971)

  • Jazz is Universal (1962)[1] Atlantic Records
  • Handle With Care (1963) Atlantic
  • Now Hear Our Meanin' (1965) Columbia Records
  • Swing, Waltz, Swing, Carl Drewo und die Clarke–Boland Big Band (1966) Philips Records
  • Jazz Convention Vol. I (1967) KPM – also re-issued as Open Door (Muse)[2]
  • Jazz Convention Vol. II: Contemporary Jazz Moods... (1967) KPM
  • Sax No End (1967) MPS Records, Pausa – aka Fire, Soul, Heat & Guts (Prestige Records)
  • Out of the Folk Bag (1967) Columbia
  • 17 Men and Their Music (1967) Campi[3]
  • Latin Kaleidoscope (1968) MPS, Prestige
  • All Smiles (1968) MPS – aka Let's Face the Music (Prestige)
  • Faces (1968) MPS
  • More (1968) Campi – aka More Jazz in the Movies (CAM)
  • Jazz Convention Vol. III (1968) KPM
  • My Kind of World, Gitte & The Band (1968) Hör Zu – aka Gitte Hænning meets the Francy Boland-Kenny Clarke Big Band aka Gitte Sings Jazz
  • Fellini 712 (1969) MPS
  • Volcano,...Live At Ronnie's (1969) Polydor Records
  • Rue Chaptal,...Live At Ronnie's (1969) Polydor
  • More Smiles (1969) MPS
  • All Blues (1969) MPS
  • At Her Majesty's Pleasure… (1969) Black Lion Records
  • Clarke-Boland Big Band En Concert Avec Europe 1 (1969) RTÉ – aka TNP: Oct. 29th, 1969 (Delta Music), aka Paris Concert (Laserlight)
  • Off Limits (1970) Polydor
  • November Girl, Carmen McRae / The Kenny Clarke-Francy Boland Big Band (1970) Black Lion
  • Changes of Scenes, Stan Getz and the Kenny Clarke-Francy Boland Big Band (1971) Verve Records

post-Clarke:

  • Francy Boland – The Orchestra 1: Blue Flame (1976) MPS
  • Francy Boland – The Orchestra 2: Red Hot (1976) MPS
  • Francy Boland – The Orchestra 3: White Heat (1976) MPS

リファランス[編集]

  1. ^ Some years shown in this discography indicate the recording year, which is not necessarily the initial release year
  2. ^ Although Open Door contains one track less than Jazz Convention Vol. I
  3. ^ This same phrase was added as a subtitle / "sticker" to re-issues of four Clarke-Boland Big Band albums: Faces, Gigi Campi Presents 17 Men And Their Music 1; All Smiles, Gigi Campi Presents 17 Men And Their Music 2; Latin Kaleidoscope, Gigi Campi Presents 17 Men And Their Music 3; Fellini 712, Gigi Campi Presents 17 Men And Their Music 4