ポール・チェンバース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ポール・チェンバース
Paul Chambers
Paulchambers.jpg
基本情報
出生名 Paul Laurence Dunbar Chambers Jr.
生誕 (1935-04-22) 1935年4月22日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ペンシルベニア州ピッツバーグ
死没 (1969-01-04) 1969年1月4日(33歳没)
ジャンル ジャズモダン・ジャズビバップハードバップ
職業 ベーシスト作曲家
担当楽器 ダブルベース
活動期間 1954年 - 1969年
レーベル ブルーノートプレスティッジヴァーヴリヴァーサイド
共同作業者 マイルス・デイヴィス・クインテット
ケニー・ドーハム・カルテット

ポール・チェンバースPaul Chambers1935年4月22日 - 1969年1月4日)は、1950年代から1960年代にかけて活躍した、ジャズベーシスト

来歴[編集]

アメリカ合衆国ピッツバーグ生まれ、デトロイト育ち。10代からデトロイトで演奏していたが、最初はベースではなくチューバなどの管楽器を学んでいた。

1954年に単身ニューヨークへ行き、ジョージ・ウォーリントンのバンドに加入。その後、マイルス・デイヴィスのレギュラー・バンドに移る。1962年のバンドの解散後は、ウィントン・ケリーと約3年間活動し、その後はフリーとなる。

その他、ジョン・コルトレーンソニー・ロリンズバド・パウエルキャノンボール・アダレイといったジャズ・ジャイアンツをはじめとして、レッド・ガーランドドナルド・バードフレディ・ハバードジャッキー・マクリーンなど多くのミュージシャンとレコーディングを行っており、マイルス・デイヴィス・バンドの後輩ベーシースト、ロン・カーターと並んでサイドマンとしての活躍が名高い。自身のリーダー作も『ベース・オン・トップ』など数作をブルーノート・レコードに残している。

大量の飲酒や麻薬の常習者であったチェンバースは、1969年に肺結核で死去した。

サイドマンとして数々の共演をこなしたチェンバースであったが、マイルス・デイヴィスに始まるモード・ムーヴメントやオーネット・コールマンやジョン・コルトレーンのフリー・ジャズにはあまり興味を示さず、モダン・ジャズの本流とも言うべきオーソドックスなスタイルを生涯変えなかった。

プレイスタイル[編集]

チェンバースのプレースタイルは、管楽器経験に根ざすとも言われるメロディックなベースラインに特徴がある。とかく、アルコ(弓弾き)やピチカートによるアドリブソロに注目が集まりがちであるが、4ビートのベースラインの評価も高い。

ディスコグラフィ[編集]

リーダー・アルバム[編集]

  • 『チェンバース・ミュージック』 - Chambers' Music (1956年、Jazz: West)
  • 『ウィムス・オブ・チェンバース』 - Whims Of Chambers (1957年、Blue Note)
  • 『ベース・オン・トップ』 - Bass on Top (1957年、Blue Note)
  • 『ポール・チェンバース・クインテット』 - Paul Chambers Quintet (1958年、Blue Note)
  • 『ウィ・スリー』 - We Three (1959年、New Jazz) ※with ロイ・ヘインズフィニアス・ニューボーン
  • 『ゴー』 - Go (1959年、Vee-Jay)
  • 『ファースト・ベースマン』 - 1st Bassman (1960年、Vee-Jay)
  • Westlake Bounce The Music Of John Graas (2004年) ※1957年録音

参考[編集]

この記事は英語版からの翻訳・転写を含みます(初稿:2005年5月6日 (金) 12:57)

外部リンク[編集]