ボーイズ'ン・ザ・フッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ボーイズ'ン・ザ・フッド
Boyz n the Hood
監督 ジョン・シングルトン
脚本 ジョン・シングルトン
製作 スティーヴ・ニコライデス
音楽 スタンリー・クラーク
撮影 チャールズ・スミス
編集 ブルース・キャノン
配給 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1991年7月12日
日本の旗 1992年2月8日
上映時間 112分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $6,500,000[1]
興行収入 $57,504,069[1]
テンプレートを表示

ボーイズ'ン・ザ・フッド』(Boyz n the Hood)は、1991年アメリカ合衆国の映画ジョン・シングルトン監督・脚本。

あらすじ[編集]

危険な町コンプトンその町にトレという少年がいた。彼は朝学校に行くとき一人の死体を見る。彼はいつも通り学校に行くがいつも問題ばかり起こしておりそのせいで母親からあなたとはもう無理パパのところに行っていわれ父親のもとへ行くそこにはアメフト好きのリッキーとその兄のダウボーイがいた。父親はトレを少し厳しく時に優しくと順調な生活を送るだがトレはリッキーとダウボーイとその悪友たちと何処かに行こうとしたが途中でリッキーのボールがギャングメンバーに取られる切れたダウボーイはボールを取り替えそうとするが軽くあしらわれボールは取られてしまう。だが1人のギャングがボールを仲間から奪いトレに返す。そしてダウボーイと悪友は買い物に行くといいスーパーに行くリッキーとトレは家に帰りもと軍人の父と釣りにいくそして黒人は軍隊には行かないほうがいいといわれる。そして家に帰るとダウボーイと悪友が捕まっていた。リッキーに聞くと物を盗んだらしいと言われる。そして数年後立派に成長し服屋で働いているトレー、ギャングになったダウボーイとその悪友そして大学からアメフトの推薦が来たリッキー。順調だとおもっていた3人に現実が突きつけられる。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

評価[編集]

Rotten Tomatoesでの評論家支持率は49件のレビューで96%、平均点8.3/10となっている[2]Metacriticでの加重平均値は18件のレビューで73/100となった[3]

受賞とノミネート[編集]

部門 候補 結果
アカデミー賞[4] 監督賞 ジョン・シングルトン ノミネート
脚本賞 ジョン・シングルトン
ロサンゼルス映画批評家協会賞[5] ニュージェネレーション賞 ジョン・シングルトン 受賞
ニューヨーク映画批評家協会賞[6] 新人監督賞 ジョン・シングルトン 受賞
MTVムービー・アワード[7] 作品賞 『ボーイズ'ン・ザ・フッド』 ノミネート
新人監督賞 ジョン・シングルトン

参考文献[編集]

  1. ^ a b Boyz N the Hood”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年5月24日閲覧。
  2. ^ Boyz n the Hood”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2012年1月6日閲覧。
  3. ^ Boyz n the Hood”. Metacritic. CBS Interactive. 2011年9月11日閲覧。
  4. ^ The 64th Academy Awards (1992) Nominees and Winners”. 映画芸術科学アカデミー. 2012年5月24日閲覧。
  5. ^ 17TH ANNUAL”. ロサンゼルス映画批評家協会. 2012年5月24日閲覧。
  6. ^ 1991 Awards”. ニューヨーク映画批評家協会. 2012年5月24日閲覧。
  7. ^ MTV Movie Awards”. MTV. 2012年5月24日閲覧。

外部リンク[編集]