白い雲のように

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
白い雲のように
猿岩石シングル
初出アルバム『まぐれ
B面 どうして僕は旅をしているのだろう
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 藤井フミヤ藤井尚之
プロデュース 秋元康
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間3位(オリコン
  • 1997年度年間11位(オリコン)
猿岩石 シングル 年表
白い雲のように
1996年
ツキ
1997年
テンプレートを表示

白い雲のように」(しろいくものように)は、日本お笑いコンビ猿岩石のデビューシングル1996年12月21日日本コロムビアから発売された。

解説[編集]

日本テレビ進め!電波少年』でのユーラシア大陸横断ヒッチハイク企画終了後、所属事務所関係者や『電波少年』のプロデューサーであった土屋敏男により、二人の歌が『思ったより上手い』という意向を理由として、歌手デビューが決定した経緯がある。リリース当初はあまり注目されず、週間チャート初登場23位、約2万枚の売り上げだった。しかし当人らの知名度が浸透し、4週目で初のトップ10入りとなる4位に急上昇。その後も何週にもわたりランクインし続け、お笑い芸人がリリースしたCDとしては異例のロングヒットとなった。オリコン集計でミリオンセラーを達成している。

当初日本テレビでは系列会社のVAPから発売する意向であったが、猿岩石の所属事務所・太田プロダクションがコロムビアを選択。この行為に日テレ側が激怒し、結果として番組で太田プロの所属者は起用されなくなり、同社所属の松村邦洋も降板することになった。[1]

後にF-BLOOD藤井フミヤ尚之兄弟のユニット)がセルフカバーしている。

8thシングル「昨日までの君を抱きしめて」のカップリングに、「'98 Piano Strings Version」が収録されている。

収録曲[編集]

全編曲:松浦晃久

  1. 白い雲のように
    作詞:藤井フミヤ、作曲:藤井尚之
  2. どうして僕は旅をしているのだろう
    作詞:高井良斉、作曲:尾上一平
  3. 白い雲のように -オリジナルカラオケ-
  4. どうして僕は旅をしているのだろう -オリジナルカラオケ-

タイアップ[編集]

カバー[編集]

収録作品[編集]

  • オムニバスアルバム
    • HIT JAM
    • 20世紀BEST フォーク&ニューミュージック・ヒストリー コロムビア編 Vol.2
    • 日本テレビ開局50年記念 TV GENERATION 日テレGOLDEN BEST
    • 胸キュンSONGS
    • コクミンHits-メガ☆ヒット-〜あのメガヒットをもう一度!!〜
    • colorful〜TVバラエティ・ヒッツ〜
    • オーライ!〜元気になれるうた
    • 青春TV倶楽部 バラエティー編
    • J-ポッパー伝説涙 [DJ和 in No.1 J-POP MIX]
    • 旅のうた

出典[編集]

  1. ^ 宝泉薫 (1999-12-01). “永遠のヒッチハイク人生/純正アイドル・猿岩石”. 芸能界「一発屋」外伝. 彩流社. pp. 48-49. ISBN 4-88202-609-0.