ウクライナ国立歌劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウクライナ国立歌劇場
Національний академічний театр опери та балету України імені Тараса Шевченка DSC 9625.jpg
ウクライナ国立歌劇場の舞台
概要
所在地  ウクライナ キエフ
座標 北緯50度26分48秒 東経30度30分45秒 / 北緯50.446667度 東経30.5125度 / 50.446667; 30.5125
所有者 Metropolitan Opera Association
種類 オペラハウス
座席数 1683[1]
建設
開業 1867年 (1867)
設計者 シュレーター・ビクター・アレクサンドロヴィッチ英語版
ウェブサイト
公式サイト
テンプレートを表示

タラス・シェフチェンコ記念ウクライナ国立歌劇場ウクライナ語: Національна опера України імені Тараса Шевченка英語: National Opera of Ukraine)は、ウクライナの首都キエフにある歌劇場

概要[編集]

正面の外観

現在の歌劇場は1901年に完成。設計者はヴィクトル・シュレーター英語版。 1867年にフェルディナント・ベルガー(Ferdinand Berger)が歌劇場を設立。当初は1856年建設の建物を用いていたが、1896年に火災により焼失したため、1901年にヴィクトル・シュレーターの設計によりネオルネサンス様式の現在の歌劇場が建設された。

歴史[編集]

建築初期の歴史 1867 - 20世紀[編集]

1867年の夏にフェルディナンド・バーガー(?-1875)によって建設された。バーガーは多くの才能のある歌手、音楽家、指揮者を招待することに成功し、キエフ市議会(duma)は、新しく結成された劇団に市立歌劇場(1856年に建設された建築家I.シュトロム)を公演に使用するよう提案した。正式には、劇場は市立歌劇場と名付けられましたが、最も一般的にはロシア演劇と呼ばれていた。公演の初日の1867年11月8日(10月27日旧式)は市では休日になった。アレクセイ・ヴェルストフスキーによるオペラ「アスコルドの墓」のパフォーマンス劇団のデビューだった。最初の成功は、O。Satagano-Gorchakova、F。L'vov、M。Agramovの当時の才能ある歌声だけでなく、都市の古代史のいくつかの主要なページから取られた魅惑的なプロットに起因している。

建物の上部にあるグリフィン

20世紀 初期[編集]

火災後、キエフ市議会はキエフの歌劇場の新しい建物を設計するための国際コンペを発表した。優勝した提案はヴィクトル・シュレーター英語版によるものだった。外観はネオルネッサンス様式で設計され、俳優と観客の要望を考慮していました。内装は古典的なスタイルに再設計され、ウィーンモダンと呼ばれている。しかし、彼の最大の功績は舞台であると考えられている。これは、最新の技術水準に基づいて設計されたヨーロッパ最大の建築物の1つである。

The Kyiv City Theatre in the early 1900s.
Opera depicted on Ukraine's interim banknote in 1990s.

20世紀の最初の10年間、キエフオペラ劇場は、O。Petlyash、P。Tsecevich、K。Voronets、M。Medvedev、K。Brun、O。Mosin、O。Kamionskyなどの最も優れたウクライナとロシアの歌手を魅了した。

Interior of the Opera

キエフが成長し始め、第一次世界大戦が終結すると、キエフ歌劇場はソ連と世界で特別な場所を占めまた。キエフオペラ劇場は、ウクライナとロシアで最も有名な劇場の1つと見なされていた。カートアドラーは1933年から1935年まで最初の指揮者だった。

1981年、オリガ・オブ・キエフの生涯を題材にしたバレエのワールドプレミアが、市の1500周年を記念して行われた[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Ukrainian National Opera and Ballet Theatre of T.H.Shevchenko”. 2011年4月25日閲覧。 [リンク切れ]
  2. ^ Черкашина-Губаренко М. Р. Театральні університети Володимира Рожка. Часопис Національної музичної академії України імені П. І. Чайковського. 2016. № 3 (32). с. 52.

外部リンク[編集]