ナターシャ・グジー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ナターシャ・グジー
Nataliya Gudziy
Наталія Гудзій
生誕 (1980-02-04) 1980年2月4日(41歳)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 ウクライナ・ソビエト社会主義共和国ドニプロペトロウシク州
職業 歌手シンガーソングライター
担当楽器 バンドゥーラ(Bandura)
活動期間 2000年 -
公式サイト www.office-zirka.com/

ナターシャ・グジーNataliya Gudziy1980年2月4日 - )は、ウクライナ出身で日本で活動している歌手バンドゥーラ演奏家(バンドゥリースト)である。

概要[編集]

ウクライナのドニエプロペトロフスク州(現ドニプロペトロウシク州)の村に生まれ、チェルノブイリ原子力発電所から3.5kmのプリピャチに転居した。1986年4月26日チェルノブイリ原子力発電所爆発事故によって被曝した後、避難生活で各地を転々としてキエフ市に移住する。

ウクライナの民族楽器バンドゥーラの音色に魅せられ、8歳より音楽学校で学ぶ。チェルノブイリ原発事故で被災した少年少女を中心に結成された民族音楽団「チェルボナ・カリーナ」(チェルノブイリの赤いカリーナの実)のメンバーとして、1996年1998年に来日し、全国で救援コンサートを行う。2000年からは日本語を学びながら日本での本格的な活動を開始。その透明で美しい水晶の歌声とバンドゥーラの可憐な響きは、多くの聴衆の心を惹きつけている。2005年7月のウクライナ大統領ヴィクトル・ユシチェンコ来日の際には、首相官邸での小泉純一郎首相主催の夕食会に招かれ、演奏を披露。チェルノブイリ救援コンサートのほか、テレビラジオ、音楽教室や学校での国際理解教室など多方面で活躍している[1]。2016年には、音楽を通じた日本とウクライナの相互理解の促進に対する功績が認められ、日本国外務省から外務大臣表彰を受けた[2]

ディスコグラフィー[編集]

  • 2002年井上鑑プロデュースの「セルツェ(こころ)」(音楽センター)
  • 2004年、来日5周年記念アルバム『Nataliya(ナタリア)』、クリスマスアルバム『Merry Christmas』(ともにオフィスジルカ)
  • 2006年、チェルノブイリ20年救援アルバム『こころに咲く花』(音楽センター)
  • 2006年、ウクライナの故郷や家族への想い、チェルノブイリ原発事故の体験、日本での音楽活動について日本語で綴った著作に5曲入りCD(金色の花、いつも何度でも、遥かに遠い空、涙そうそう、ふるさと)をセットにした初のCDブック『ふるさと〜伝えたい想い〜』(オフィスジルカ)
  • 2009年、来日10周年記念アルバム『ナタリア2』、クラシックアルバム『ヒーリング』(ともにオフィスジルカ)
  • 2014年、来日15周年記念アルバム『旅歌人(コブザーリ)』(オフィスジルカ)を再び井上鑑プロデュースにて発表
  • 2017年、小椋佳の新作曲をタイトル曲にした小椋佳作品集『命はいつも生きようとしてる』(ゴッドフィールドエンタープライズ)[3]
  • 2020年、来日20周年記念映像作品集DVD『FILM旅歌人(フィルムコブザーリ)』(オフィスジルカ)

おもな出演番組[編集]

  • 視点・論点2008年8月6日) - 広島の原爆の日、チェルノブイリ原発事故の体験談を通じ、生命の尊厳を訴え『いつも何度でも』を演奏・歌唱。
  • 徹子の部屋(2008年4月8日)- チェルノブイリ原発事故から12年目の4月、日本での活動を続けるナターシャ・グジーが徹子の部屋へ出演し、自らの体験などを伝え、「見上げてごらん夜の星を」「いつも何度でも」の弾き語りを披露。
  • 24時間テレビ・愛は地球を救う36/生出演(2013年8月25日)- 福島原発事故で離ればなれになった子どもたちの富士登山企画とのコラボで応援歌として『いつも何度でも』を日本武道館で生演奏した。

出典[編集]

外部リンク[編集]