ダース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ダース (dozen, ) とは個数の単位で、12個の組を表す。

語源[編集]

英語dozen /ˈdʌzn/(ダズン)の転訛。

dozen古フランス語に由来する[1]。現代フランス語では douzaine /duzɛn/(ドゥゼンヌ)で、これは場合によっては正確に十二ではなく「十二くらい」という意味になる。これは本来は基数詞 douze (12) から派生した集合数詞で、「12の同種のものの集まり」という意味である。フランス語の集合数詞の使用は限定的だが、他に huit (8) からの huitainedix (10) からの dizainequinze (15) からの quinzainevingt (20) からの vingtaine などがある。

douze のさらに語源はラテン語duodecim である。

用法[編集]

日本語[編集]

例えば鉛筆が「12本」という代わりに「1ダース」「一打」という。文例としては「鉛筆1ダース(がある)」「1ダースの鉛筆(がある)」「鉛筆が1ダース(ある)」など。これらの「1ダース」は「12本」と同義語であり、「ダース」は助数詞の一種として扱われる。それ故に、(「十」のような数詞と異なり)本来の助数詞「本」とは併用されない。

離散的な個数に対してのみ使い、(誤例:長さが1ダースメートル、30日を「2ダース6日」)や序数(誤例:順位が1ダース)には使わない。

通常は12の倍数にのみ使用され、12の倍数以外では使われない例が多い。例えば、36個を「3ダース」「三打」(3012)、60個を「5ダース」「五打」(5012)という用法が通例で、45個を「3ダース9個」「三打九個」、100個を「8ダース4個」「八打四個」という用法は希である。6で割り切れて12で割り切れない数は、6個が「半ダース」、30個が「2ダース半」「二打半」(2612)、90個が「7ダース半」「七打半」(7612)というように「Mダース半」というように用いられる。

英語[編集]

英語では a dozen pencils が通例で、a dozen of pencils はまれ[1]

数詞や some 以外の相当語を伴う場合は単複同形 (two dozen pencils, several dozen pencils) だが、some を伴う場合は複数形をとる (some dozens pencils)[1]

a dozendozens は漠然と「たくさん」を意味することもある[1]

グロス[編集]

ダースの上の単位で、12ダース(122144個)をグロス (gross)、12グロス(1231728個)をグレートグロス大グロス (great gross)、10ダースすなわち5/6グロス(12×10=144×(5/6)=120個)をスモールグロス小グロス (small gross) という。なお、漢字表記では、ダースは「打」だが、グロスは「」(ろう。旧字体は「簍」)、グレートグロスは「大篓」「大簍」、スモールグロスは「小篓」「小簍」である。

用法は「ダース」と同じで、離散的な個数のみに使用され、量や序数には使用されない。例えば、「画用紙5グロスを、16学級で45枚ずつ配る。」(720枚÷16学級=45枚)や「1ヶ月で6グロス、1年で6大グロス生産する。」(864個×12ヶ月=10368個)というように使用される。逆に、144人を「1グロス人」「一簍人」、10368人の村を「6大グロス人の村」、360度や720度を「1周は2グロス半度、2周は5グロス度」、2592年を「皇紀1大グロス6グロス年」「皇紀一大簍六簍年」という風には使用されない。

「グロス」も通常は144の倍数、「大グロス」も通常は1728の倍数に用いられるのが通例で、倍数以外場合には用いられない例が多い。例えば、432個を「3グロス」「三簍」(30012)、8640個を「5大グロス」「五大簍」(500012)という用法が通例で、270個を「1グロス10ダース6個」「一簍十打六個」(1A612)、2010個を「1大グロス1グロス11ダース6個」「一大簍一簍十一打六個」(11B612)という用法は希である。144で割り切れて1728で割り切れない数は、2016個が「14グロス」(120012)、2592個が「18グロス」(160012)というように、「M大グロスMグロス」ではなく「Mグロス」というように用いられる例もある。

他の個数に対する特徴[編集]

1210よりも約数が多いため、10が持たない利点を持つ。

10の約数125、10の計4つしかないため、長方形の箱に、立方体、球、円柱(立てて)のように幅と奥行きの長さが同じ物を入れるときは、

○○○○○
○○○○○

のように2×5となり細長くなってしまう。

12の約数は、1、2、346、12の計6つであるため、

○○○○
○○○○
○○○○

のように3×4で正方形に近づけて容れることが可能となり、箱を持ちやすくなる。

また、12=3×4ということは、12が「奇数分割も4分割も可能」であることを意味する。1年が12ヶ月となった由来は月の満ち欠けに因るが、12ヶ月であることで「上半期」「下半期」のように2分割することも可能で、「四半期」や「春夏秋冬」のように1年を3ヶ月ごとに4分割することも可能である。

10ヶ月では2分割は可能だが、10は4で割り切れないので4分割はできない。なお、10と4の最小公倍数20であり、20も12と同じく「奇数分割も4分割も可能」(20=5×4)という利点を持つ。この他に利点が多い数として3018があり、30は「4分割は不可能だが、2でも3でも5でも分割できる」(30=2×3×5)という利点、18は「4分割は不可能だが、2でも3でも9でも分割できる」(18=2×3×3)という利点を持つ。

アナログ時計60個の目盛りは12(ヶ月)と30(日、年)の最小公倍数であるが、1世代30年>1年12ヶ月>1ヶ月30日>1日12分割(十二支十二時辰。後に2倍の24で分割)の順で来る12は、「子午卯酉」(しごぼうゆう)というように1日を「真夜中(子)、真昼(午)、夜明け(卯)、日暮れ(酉)」の局面で4分割することも可能であり、3時・9時の列と12時・6時の列を直交できる、判りやすいアナログ時計を可能にしている。

パン屋の1ダース[編集]

英語で、パン屋の1ダース (Baker's dozen) は13を表す。

悪魔の1ダース[編集]

ロシア語圏で、悪魔の1ダース (devil's dozen) は、13を表す[2]。これは悪魔を召喚する際に13人の魔女が集まるという迷信に由来しており[3]、そのため、魔女の1ダース (witch's dozen) と呼ばれることもある。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d リーダーズ英和辞典』「dozen」
  2. ^ Fear of number 13 develops triskaidekaphobia and ridiculous sarcasm”. Pravda.ru. 2011年2月25日閲覧。
  3. ^ baker's dozen”. IdiomDictionary.com. 2011年2月25日閲覧。

関連項目[編集]