banvox

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
banvox
出身地 日本の旗 日本 兵庫県[1][2]
ジャンル EDM
ダブステップ
エレクトロハウス
トラップ
職業 トラックメイカー
音楽プロデューサー
DJ
レーベル Maltine Records
Surfer Rosa Records
ワーナーミュージック・ジャパン
著名使用楽器
FL Studio

banvox(バンボックス、年齢非公開)は、日本DJトラックメイカー兵庫県出身[1][2]。レーベルはワーナーミュージック・ジャパン

略歴[編集]

2010年に迷われレコードからリリースされた『暇つぶしBeats』でデビュー。2011年にMaltine Recordsからリリースされたミニアルバム『Intense Electro Disco』でブレイクした。2012年にはイギリスレーベル「Surfer Rosa Records」から『INSTINCT DAZZLING STARLIGHT EP』をリリースし、バンド「Coburn英語版」のメンバーとして知られるティム・ヒーリーから絶賛され、彼の後押しがリリースの嚆矢となった[3]

2015年にはワーナーミュージック・ジャパンと契約したことを発表し[4]、同年5月20日にはGoogleが提供するAndroidのCM「じぶんを おもいきり」編で自身も出演し、BGMとして使用された楽曲『New Style』を含んだ『Summer/New Style』をリリースしてメジャーデビューを果たした。

また東京女子流の「ゆうやけハナビ」のリミックスや、山下智久が2014年に発表した4枚目のオリジナルアルバム『YOU』に収録された「Theme of YOU」、湘南乃風が2016年7月20日に発表したシングル「はなび」を手がけるなど、音楽プロデューサーとしても活動。

人物[編集]

下の名前は「翔之介」とされている[5]。兵庫県生まれだが小学生までは岡山県で育ち、香川県で中学生時代を過ごし、東京都で高校時代を過ごした[1]。中学生時代は香川県の全寮制中高一貫校に通っていたが高校入学の際に退学した。退学後、家庭の事情で東京に引っ越し、改めて都内の高等学校に入り直したが、高校二年生の時に音楽に関心を持ち退学した。

音楽については、ジャズシャンソン歌劇などを聴いていた母親の影響を受け、ジャジー・ヒップホップを通じてラップに親しみを持ち、暗い部屋でずっと日本語ラップを聴いていたエピソードがある。その後はフレンチエレクトロを経てEDMダブステップに影響を受けた。作曲活動を始めた最初の一年で450曲も作曲し[3]、度々SoundCloudにアップロードしていた。

フランスのDJデヴィッド・ゲッタスウェーデンのDJアヴィーチーからの絶賛でも知られる[6]

リリース[編集]

  • 2011年 「Intense Electro Disco」
  • 2012年 「INSTINCT DAZZLING STARLIGHT EP」
  • 2014年 「Conectionn/Spin it back now」
  • 2014年 「Love Strong/Watch Me Dance」
  • 2014年 「タワーレコード限定CD Watch Me Dance」
  • 2014年 「Drop It Boy/Keep Claping」
  • 2014年 First album「Don't Wanna Be 」
  • 2015年 「Summer/New Style」
  • 2015年 「At The Moment」
  • 2015年 「Watch Me」
  • 2015年 「Summer Remixes EP」
  • 2015年 「Flux」…韓国在住のトラックメイカーNorとのコラボEP。
  • 2016年 「You Love」
  • 2016年 「Save Me」
  • 2016年 「Fly Beyond」…韓国のトラックメーカーAireとのコラボ
  • 2016年 「High and Grab」
  • 2016年「Occasion」…モード学園のテレビCMのBGM

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]

  • sekitova…banvoxと交流のあるDJ。

外部リンク[編集]