高山美図紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高山 美図紀(たかやま みずき、本名白幡直子(旧姓高山)、1971年9月8日 - )は、日本の元女性アイドル歌手女優モデル北海道釧路市出身。現役時代の所属事務所は研音。血液型はO型。デビュー時は身長159cm(B78・W54・H81)。

プロフィール[編集]

幼少期を横浜で過ごし、青山セントラルファッションに子供モデルとして所属していた[1]。その後北海道に戻り、札幌日本大学高等学校1年の時、モデルにスカウトされる[1]。地元CMやレーザーディスクカラオケ時をかける少女』などに出演[1]

1988年、「第3回ロッテ CMアイドルはキミだ!オーディション」に出場し、本選に進出。さらに翌1989年の「ミス・ハイスクールユニフォームコレクション」ではグランプリとなり、そのことがきっかけで事務所にスカウトされ、芸能界入り。高山美図紀を芸名とし、東海大学望星高等学校に転校。歌手・女優としてのレッスンを受ける傍ら、テレビドラマ『愛しあってるかい!』などに出演。1991年2月、ワーナーミュージック・ジャパンからシングル『早春』で歌手デビューし、以後3枚のシングルをリリースした。歌手活動を終えた後も、しばらくモデル・タレントとして活動した[1]

引退後、北海道に戻り実家の家業を手伝っていたが、元オリンピックスピードスケート選手の白幡圭史と知り合い、1年の交際を経て結婚[1]。現在は4児(2男2女、うち2名は双子)の母である[1]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. 早春 (作詞:許瑛子、作曲:川上明彦、編曲:岩崎文紀 1991年2月25日)
    (c/w) JAMAIS VU (作詞・作曲:小野香代子、編曲:斉藤英夫
  2. 八月九月 (作詞:康珍化、作曲:尾関昌也、編曲:滝寺達也 1991年6月25日)
    (c/w) 潮風の彼方 (作詞:伊秩弘将、作曲:川上明彦、編曲:滝寺達也)
  3. ラ・ピオジャ〜フィレンツェの雨〜 (日本語詞:竜真知子、作曲:Corrado Conti / Mario Panzeri / Daniele Pace、編曲:滝寺達也 1992年2月25日)
    (c/w) ハートの指輪(作詞:伊秩弘将、作曲:川上明彦、編曲:滝寺達也) 

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビ番組[編集]

  • パワースタジオ(ミュージックチャンネル)

ラジオ番組[編集]

レーザーディスク[編集]

CM[編集]

etc.

ポスター[編集]

脚注[編集]

参考[編集]

  • 『MOMOCO』1991年4月号