ドナルド・フェイゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ドナルド・フェイゲン
Steely Dan With The Doobie Brothers - The O2 - Sunday 29th October 2017 SteelyDanO2291017-22 (38016655002).jpg
スティーリー・ダン - ロンドン公演(2017年10月)
基本情報
出生名 ドナルド・ジェイ・フェイゲン
生誕
学歴 バード大学
ジャンル
職業
担当楽器
活動期間 1971年 -
レーベル
共同作業者
公式サイト donaldfagen.com

ドナルド・ジェイ・フェイゲンDonald Jay Fagen1948年1月10日 - )は、アメリカ合衆国シンガーソングライターキーボーディストバンドスティーリー・ダン」の創設者として知られる。

来歴[編集]

ドナルド・フェイゲンとウォルター・ベッカーは、1971年にグループを結成した。彼らはこのバンドの中心メンバーであり、共同で作曲をおこなった。ツアーやレコーディングではフェイゲンはキーボード演奏を担当し、またレコーディング曲ほぼ全てのリードボーカルも担当している。印象的なコード転調などが彼らの楽曲の主な特徴である。

72年にはラテンの影響を受けた「ドゥ・イット・アゲイン」が初のヒットとなり、さらに1974年に「リキの電話番号(Rikki Don't Lose That Number)」はアメリカだけでなく日本でもヒットした。74年のサード・アルバムを発表した後ほかのメンバーはバンドを離脱し、スティーリー・ダンはフェイゲンとベッカーが率いるスタジオプロジェクトに変化した。それ以降、アメリカのジャズR&Bクロスオーバーロックのスタジオミュージシャンの精鋭を集めてレコーディングするのが主要な活動となる。1977年にはアルバム『彩(エイジャ) Aja』がプラチナディスクに認定される大成功を収めた[2]。同アルバムからは「ペグ」「ディーコン・ブルース」などがヒットした。

1981年にスティーリー・ダンが解散した後、フェイゲンは初のソロ・アルバム『ナイトフライ The Nightfly 』(1982年)を発表、スティーリー・ダン時代の作品に匹敵する評価を得た。同アルバムからはレゲエ調の「I.G.Y.」がヒットした[3]

彼は音楽雑誌に寄稿したことがあり、ヘンリー・マンシーニエンニオ・モリコーネの機知に富んだ作品などについて論評している。

1980年代、フェイゲンは映画や多くの他のアーティストのための作曲や、ニューヨーク・ロック・アンド・ソウル・レビュー英語版に参加してのツアー活動などを行った(彼はニューヨーク・ロック・アンド・ソウル・レビューのプロデューサーであったリビー・タイタスと1993年に結婚している)。フェイゲンのソロ・アルバム第2作『カマキリアド Kamakiriad』(1993年)はベッカーによってプロデュースされた。これがきっかけで彼らの作曲チームとしての再結成と、スティーリー・ダンとしての新たなツアー活動の創造が実現した。翌年にはフェイゲンはベッカーのソロ・デビュー作品『11の心象 11 Tracks of Whack』を共同でプロデュースしている。

この2人組によってスティーリー・ダンは新たな体系でより確固としたものとなり、スティーリー・ダンとしての新しい2つのアルバム『トゥー・アゲインスト・ネイチャー Two Against Nature』(2000年)と『エヴリシング・マスト・ゴー Everything Must Go』(2003年)やライブCD「アライヴ・イン・アメリカ Alive in America」、ライブコンサートDVDなどをリリースした。フェイゲンは2006年に3作目のソロ・アルバム『モーフ・ザ・キャット Morph the Cat』を、2012年10月には4作目のソロ・アルバム『サンケン・コンドズ Sunken Condos』をリリースしている。

2017年9月、同僚ウォルター・ベッカーが死去[4]。フェイゲンはスティーリー・ダンを継続し、以降も精力的に活動している[5]

ディスコグラフィ[編集]

派生作品[編集]

いずれもe-onkyoより

なおナイトフライは2011年にSuper Audio CDのハイブリッド版(WPCR-14170)として発売されている。

著書[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f Erlewine, Stephen Thomas. “Donald Fagen Biography, Songs, & Albums”. AllMusic. All Media Network. 2022年5月19日閲覧。
  2. ^ http://www.billboard.com/music/steely-dan
  3. ^ Donald Fagen Chart History”. Billboard. 2019年10月21日閲覧。
  4. ^ スティーリー・ダンのウォルター・ベッカー、死去”. BARKS (2017年9月4日). 2019年7月22日閲覧。
  5. ^ スティーリー・ダン、秋のツアーで『彩』『ガウチョ』『ナイトフライ』全曲パフォーマンス”. Rolling Stone (2019年4月30日). 2019年7月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]