ウォルター・ベッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Walter Becker
ウォルター・ベッカー
Walter-Becker.jpg
ウォルター・ベッカー
基本情報
出生名 Walter Carl Becker
生誕 (1950-02-20) 1950年2月20日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州
ニューヨーク市クイーンズ区
死没 (2017-09-03) 2017年9月3日(67歳没)
学歴 バード・カレッジ中退
ジャンル ロック
活動期間 1971年〜現在
レーベル MCAレコード
ワーナー・ブラザース・レコード
リプリーズ・レコード
公式サイト http://www.walterbecker.com

ウォルター・カール・ベッカー(Walter Carl Becker、1950年2月20日 - 2017年9月3日)は、アメリカ合衆国ジャズ・ロック・バンド「スティーリー・ダン」の中核となる二人組のうちの一人。ギタリストベースも担当する)、レコードプロデューサーニューヨーク市クイーンズ区出身。

経歴[編集]

ベッカーはニューヨーク市クイーンズ区ドイツ系の家庭に生まれ、NYCスタイヴェサント高校を卒業している。そして彼がバード大学に入学したときに、もう1人のスティーリー・ダンの中心メンバーであり、長きにわたる音楽のパートナーとなるドナルド・フェイゲンと出会った。

ベッカーとフェイゲンの若い頃の活動としては、芸名を用いてのジェイ・アンド・ジ・アメリカンズのもとでの活動や、1970年代初頭、スティーリー・ダン結成以前の作曲家としての活動がある。ギタリストとしては、ベッカーは知性的で、味わい深く、リズミカルな演奏で知られ、着実に腕を上げていった。彼のよく知られた演奏の大部分において、彼はファンクジャズの傾向を強くもったロックスタイルの演奏をしている。

1981年にスティーリー・ダンが解散した後、ベッカーはハワイに移住してプロデューサー活動を始め、リッキー・リー・ジョーンズチャイナ・クライシスマイケル・フランクスなど多彩なアーティストをプロデュースした。彼はイギリスのシンガーロージー・ヴェラのデビュー・アルバムで共演するために、フェイゲンと一時的な再結成をしたこともある。彼らのパートナーシップは、1993年にスティーリー・ダン名義でのツアーを行い、同年にベッカーがフェイゲンのアルバム『カマキリアド Kamakiriad』のプロデュースを行ったことがきっかけで再開した。一方でフェイゲンも後にベッカーのソロデビュー作品『11の心象 11 Tracks of Whack』(1994年)を共同でプロデュースした。2008年に自身の新たなソロ・アルバム『サーカス・マネー Circus Money』を発表した。

逝去[編集]

2017年9月3日死去。満67歳没。死因・死亡場所など詳しい状況は当初彼自身のウエブサイトで何も述べられなかったが[1]、同年11月15日デリア・ベッカー夫人(Delia Becker)のコメントによって極度に進行した食道癌の治療中にニューヨークの自宅で逝去したことが明かされた。[2]

ベッカーの逝去に当たり、長年の友人であり音楽パートナーのドナルド・フェイゲンはコメントし”聡明で優れたギタリスト、偉大なソングライター”と述べている。彼は”私たちがスティーリー・ダンとして作った音楽を出来る限り輝かせたい”と述べて締めくくった。"[3]

ソロ・アルバム[編集]

  • 1994年 11の心象 11 Tracks Of Whack
  • 2008年 サーカス・マネー Circus Money

関連書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Walter Becker, Steely Dan Co-Founder, Dead at 67 Rolling Stone、2017年9月3日
  2. ^ https://www.nytimes.com/2017/09/03/arts/music/walter-becker-dead-steely-dan.html
  3. ^ Steely Dan's Donald Fagen on Walter Becker: 'Hysterically Funny, a Great Songwriter'”. Variety (2017年9月3日). 2017年9月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]