石若駿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石若 駿
出生名 石若 駿
生誕 (1992-08-16) 1992年8月16日(27歳)
出身地 日本の旗 日本 北海道
学歴 東京芸術大学音楽学部
ジャンル ジャズ
担当楽器 ドラム
シンセベース
活動期間 2004年-
レーベル Studio TLive Records
SOMETHIN'COOL
共同作業者 日野皓正
TOKU

石若 駿(いしわか しゅん、1992年8月16日 - )は、日本ジャズミュージシャンドラマー

略歴[編集]

北海道清里町生まれ[1]。 幼少からクラシックに親しみ、13歳よりクラシックパーカッションを始める。

2002年2006年まで札幌ジュニアジャズスクールに在籍し本格的にドラムを演奏し始め、その間、ハービー・ハンコック日野皓正タイガー大越に出会い多大な影響を受ける[1]

2015年東京芸術大学音楽学部器楽科打楽器専攻を首席卒業[2]

人物[編集]

交友関係[編集]

  • King Gnuの常田大希とは東京芸術大学の同級生[3]。前身となったSrv.Vinciにも初期メンバーとして参加しており、また現在は常田の別プロジェクトであるmillenium paradeにもドラマーとして参加するなど、現在でも親交は深い。

来歴[編集]

2004年日野皓正クインテットライブにゲスト出演[4]

2006年、日豪交流派遣事業の一環でシドニー・オペラハウスにて演奏。寛仁親王主催「愛のコンサート」に日野皓正、渡辺香津美山下洋輔らと出演[4]

2007年、金澤英明(ベース)、石井彰(ピアノ)とトリオを結成[4]

2008年東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校に入学[1]バークリー音楽院よりバークリーアワードを受賞[4]

2009年、奨学生としてバークリー音楽院に留学[4]

2011年東京芸術大学音楽学部器楽科打楽器専攻に入学。「ブルーノート東京Special Session Supported by 大黒摩季」に出演[4]

2012年、アニメ『坂道のアポロン』(フジテレビ)の川渕仙太郎役としてドラム演奏、モーションを担当。吉松隆作曲「サイバーバード協奏曲」を準ソリストとして東京ニューシティ管弦楽団と共演[4]

2013年、石若駿Trioとしてミニアルバム『The Boomers~Live At The Body&Soul~』をタワーレコード限定リリース[5]小澤征爾総監督「サイトウキネンフェスティバル」に大西順子と共に参加[4]

2014年アメリカインディーレーベルブレインフィーダーのアーティスト、テイラー・マクファーリン単独来日公演のドラマーに抜擢[6]

2015年、「東京ジャズ」に沖野修也率いるKyoto Jazz Sextetとして出演[7]。リチャード・スペイヴン(ドラム)と共演[7]。東京芸術大学音楽学部]器楽科打楽器専攻を首席卒業[8]。初のフル・リーダー作『Clean up』を発表[9]CRCK/LCKSを結成[10]

2016年ブルーノート東京にてカート・ローゼンウィンケルを迎えた自身のトリオで出演[11]

同年、PROJECT 67名義で「東京ジャズ」にリーダー出演[12]

2017年、ジャズ・ピアニストジェイソン・モラン(en:Jason Moran)のジャパン・ツアー広島公演にて初共演[13]

ディスコグラフィー[編集]

発売日 タイトル アーティスト
2017 10月4日 INTERSTELLAR[14] tea
11月8日 Dear Family[15] 桑原あい×石若駿
11月15日 SONGBOOKII[16] 石若駿
11月22日 MONK’s Playhouse[17] V.A.
12月6日 Pilgrim[18] MELRAW
2018 2月3日 Coincidence / Arcades ft.NENE[19] KID FRESINO
3月14日 SUZAKU[20] Niran Dasika Quartet
3月26日 Turning Point[21] KIYOSHI KITAGAWA 北川潔
3月30日 めたもるシティ (アナログレコード)[22] けもの
7月24日 Boys10 Boys
3月21日 NOBODY KNOWS[23] 中田裕二
3月28日 INNOCENCE[24] 瀧北榮山 、 向井航 、 地代所悠 、 石若駿
3月28日 旅 そして ふるさと[25] 小野リサ
5月23日 PLANKTON[26] 甲田まひる a.k.a. Mappy
5月30日 Awareness[27] 渡辺 翔太
5月25日 Michel Reis Japan Quartet[28] Michel Reis Japan Quartet
6月5日 Live at UMEDA CLUB QUATTRO, LIQUIDROOM[29] Negicco
6月27日 だいじなこと/忘れないように[30] くるり
7月10日 MY COLOR[31] Negicco
7月11日 Double Rift[32] CRCK/LCKS
8月8日 Ya Chaika[33] 角銅真実
8月22日 822[34] 森山直太朗
9月5日 Warriors[18] MELRAW
9月19日 ソングライン[35] くるり
10月10日 The First Proxy[36] Hishakaku Quartet
10月17日 はしごを抱きしめる[37] 魚返明未トリオ
10月24日 Raw Scaramanga[38] 世武裕子
11月07日 SONGBOOKIII[39] 石若駿
11月21日 ài qíng[40] KID FRESINO
12月19日 THE LIGHT[41] 酒井尚子
12月26日 Broccoli is Here[42] Orangeade
2019 2月20日 ORIGINAL SONGBOOK[43] TOKU
3月13日 Searchlight[44] CRCK/LCKS
3月13日 午後の反射光[45] 君島大空
3月20日 Synesthesia[46] Kie Katagi
4月24日 Leap of Faith[18] MELRAW
4月24日 みんなおもちゃになりたいのさ[47] 弓木トイ
5月10日 Will[48] Yuya Wakai featuring Satsuki Kusui & Shun Ishiwaka
5月22日 コーヒータウン/トラベラーズソング[49] けもの
5月22日 ただの夏 feat. 東郷清丸 / リップクリームダブ[49] けもの
6月5日 CLNUP4[50] Shun Ishiwaka CLNUP4
6月5日 A Vocalist[51] SHIHO (Fried Pride)
6月12日 美しい傷[49] けもの
7月5日 散瞳 / 花曇[52] 君島大空
7月24日 TOKYO featuring ermhoi[53] Answer to Remember
7月24日 BEYOND THE STANDARD vol.3[54] ベートーヴェン:交響曲第5番「運命/吉松隆:サイバーバード協奏曲
7月24日 Boys10[55] Boys
9月4日 THINKKAISM[56] KEI MATSUMARU / 松丸契
9月18日 列島ライブ2019[57] くるり
9月20日 潜水 (with 君島大空)[58] 崎山蒼志
9月25日 ソンケイ Ronin Arkestra
9月27日 Stay!!![59] millennium parade
10月10日 『青葉家のテーブル』オリジナル・サウンドトラック[60] V.A.
10月16日 Temporary[61] CRCK/LCKS
10月23日 BLUE NOTE VOYAGE[62] V.A.
10月23日 sings ジブリ リニューアル ピアノ バージョン 島本須美
10月30日 並む踊り[63] 崎山蒼志
11月13日 エアにに[64] 長谷川白紙
11月13日 Songbook4[65] 石若駿
12月4日 MAN STEALS THE STARS[66] SOIL&"PIMP"SESSIONS
12月11日 Folky Talkie[67] 渡辺翔太


受賞[編集]

  • 東京芸術大学音楽学部 アカンサス音楽賞[1]
  • 東京芸術大学音楽学部 同声会賞[1]
  • JaZZ JAPAN AWARD 2015 アルバム・オブ・ザ・イヤー(ニュースター賞)[11]
  • Jazz Life DISC GRAND PRIX ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー2015 (New Stars賞)[11]
  • 第28回ミュージック・ペンクラブ音楽賞(ブライテスト・ホープ賞)[11]

その他[編集]

ライブサポート[編集]

レコーディング[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 石若駿という世界基準の才能。常田大希らの手紙から魅力に迫る”. 株式会社CINRA. 2019年8月1日閲覧。
  2. ^ 『坂道のアポロン』、くるりサポート、桑原あいとのデュオでも活躍 ドラマー石若駿の才能”. 株式会社blueprint. 2019年8月1日閲覧。
  3. ^ a b c ドラマー・石若駿によるプロジェクト、Answer to Rememberがermhoiを招いたデビュー曲リリース & MV公開”. 株式会社Spincoaster. 2019年8月1日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h 題名のない音楽会”. テレビ朝日. 2019年8月1日閲覧。
  5. ^ 石若駿の心の内を覗いてみれば…これまでのイメージ覆すマルチ・プレイヤーぶり発揮した初の歌モノ作『Songbook』を語る”. タワーレコード. 2019年8月1日閲覧。
  6. ^ 新世代ジャズの旗手テイラー・マクファーリンと日本が誇る若き超絶ジャズドラマー石若駿の共演!”. ワンダートランスポートテクノロジーズ株式会社. 2019年8月1日閲覧。
  7. ^ a b 2018年ハロウィン-「オトナの仮面舞踏会2018」開催 ドレスコードは“マスク(仮面)” 2018年10月19日(金) 21:00開宴!”. 株式会社 PR TIMES. 2019年8月1日閲覧。
  8. ^ 日本のジャズ史が動いた気がした―石若駿×カート・ローゼンウィンケル、国境や世代を越えたスペシャル・セッションをレポ”. タワーレコード. 2019年8月1日閲覧。
  9. ^ 上野耕平×バッティストーニ若き音楽家たちが作り上げた“疾走するコンチェルト”吉松隆渾身の作曲「サイバーバード協奏曲」の決定盤レコーディング映像公開”. 時事通信社. 2019年8月1日閲覧。
  10. ^ ポップス界のニューウェーブ!クラックラックスって何者!?”. Qetic株式会社. 2019年8月1日閲覧。
  11. ^ a b c d 石若駿×カート・ローゼンウィンケル、世代を越えた現代ジャズのスペシャル・セッションが実現! 石若のメッセージ動画も到着”. タワーレコード. 2019年8月1日閲覧。
  12. ^ 〈東京JAZZ〉でジャズの未来担うクァルテットが再集結! 人気ドラマー率いる石若駿 PROJECT 67とは?”. タワーレコード. 2019年8月1日閲覧。
  13. ^ 常田大希、石若駿、小田朋美……芸大出身アーティストたちが生む音楽シーンの新たな潮流”. 株式会社blueprint. 2019年8月1日閲覧。
  14. ^ tea/INTERSTELLAR - TOWER RECORDS ONLINE”. 2019年11月9日閲覧。
  15. ^ Dear Family [SHM-CD[CD] - 桑原あい×石若駿 - UNIVERSAL MUSIC JAPAN]”. 2019年11月8日閲覧。
  16. ^ “石若駿、第二弾EP『Songbook2』をリリース / オンライン特典は先着サイン入りアナザージャケットをプレゼント”. (2017年10月18日 09:56). https://tower.jp/article/feature_item/2017/10/18/0103 
  17. ^ MONK’s Playhouse[CD - ヴァリアス・アーティスト - UNIVERSAL MUSIC JAPAN]”. 2019年11月9日閲覧。
  18. ^ a b c MELRAW — EPISTROPH”. 2019年11月8日閲覧。
  19. ^ “KID FRESINO、ワンマン会場で7inchアナログ盤を先行販売”. (2018年1月17日15:01). https://www.cdjournal.com/main/news/kid-fresino/78307 
  20. ^ “新進気鋭のトランペッター、ニラン・ダシカ(Niran Dasika)が石若駿、栗林すみれ、須川崇志らを迎えたアルバム『SUZAKU』をリリース”. (2月21日). https://tower.jp/article/feature_item/2018/02/21/0113 
  21. ^ Turning Point/KIYOSHI KITAGAWA/北川潔/日本人ピアニスト&ドラマーを従えての2017年録音作|JAZZ|ディスクユニオン・オンラインショップ|diskunion.net”. 2019年11月8日閲覧。
  22. ^ “【インストア ライブ吉祥寺】4/8 アナログ盤「めたもるシティ」発売記念 - けもの”. (2018年3月30日). http://kemonoz.com/info/1910447 
  23. ^ Yuji NAKADA OFFICIAL WEBSITE”. 2019年11月8日閲覧。
  24. ^ 瀧北榮山/INNOCENCE - TOWER RECORDS ONLINE”. 2019年11月8日閲覧。
  25. ^ 旅 そして ふるさと – 小野リサ オフィシャルサイト”. 2019年11月8日閲覧。
  26. ^ インスタでも話題の17歳のジャズピアニスト・甲田まひる、プロも認める才能の原点とは”. 2019年11月8日閲覧。
  27. ^ RELEASES – ReBorn Wood Label”. 2019年11月8日閲覧。
  28. ^ Michel Reis Japan Quartet/Michel Reis Japan Quartet - TOWER RECORDS ONLINE”. 2019年11月8日閲覧。
  29. ^ DISCOGRAPHY|Negicco Official Home Page”. 2019年11月8日閲覧。
  30. ^ 『だいじなこと/忘れないように』 : くるり / QURULI”. 2019年11月8日閲覧。
  31. ^ DISCOGRAPHY|Negicco Official Home Page”. 2019年11月8日閲覧。
  32. ^ “CRCK/LCKS、待望の3rd EP『Double Rift』7月11日発売”. (2018年05月10日 18:09). https://tower.jp/article/feature_item/2018/05/10/0705 
  33. ^ ceroも支える才媛、角銅真実が新ソロ作を語る 「過去と繋がっていくことはない。今、今、今なんです」 | Mikiki”. 2019年11月8日閲覧。
  34. ^ 822 [初回限定盤[CD] - 森山直太朗 - UNIVERSAL MUSIC JAPAN]”. 2019年11月8日閲覧。
  35. ^ “くるり、4年ぶりの新作『ソングライン』全貌公開! : くるり / QURULI”. (2018年8月1日). http://www.quruli.net/news/songline/ 
  36. ^ The First Proxy | James Macaulay”. 2019年11月8日閲覧。
  37. ^ はしごを抱きしめる/魚返明未トリオ/邦JAZZ界若手プレイヤーによるトリオ編成で贈る、さらなる成熟度の高さが輝く1枚!!|JAZZ|ディスクユニオン・オンラインショップ|diskunion.net”. 2019年11月8日閲覧。
  38. ^ “世武裕子、謎に包まれた新作『Raw Scaramanga』を10月24日リリース!全収録内容、ミュージック・ビデオを一斉解禁!”. (2018年10月24日10:41) 
  39. ^ “石若駿(Shun Ishiwaka)『SONGBOOK』シリーズの最新作となる第3弾をリリース”. (2018年10月26日 12:45). https://tower.jp/article/feature_item/2018/10/26/0102 
  40. ^ “KID FRESINOが伸ばした手の先で追い求める、素晴らしき音楽”. (11月21日). https://www.cinra.net/interview/201811-kidfresino 
  41. ^ 酒井尚子 | THE LIGHT”. 2019年11月8日閲覧。
  42. ^ “大沢建太郎、佐藤望、黒澤鷹輔のOrangeadeが初の全国流通盤”. (2018年12月21日). https://natalie.mu/music/news/313294 
  43. ^ TOKU『ORIGINAL SONGBOOK』 メロディー・メイカーとしての一面を凝縮 ジャンルを超えるオリジナル・ソング・アルバム | Mikiki”. 2019年11月8日閲覧。
  44. ^ “CRCK/LCKSが配信限定新曲リリース、さらに2019春のパパパパ!ツアー・ファイナルはJYOCHOとのツーマン決定 - ニュース - OTOTOY”. (2019年03月13日18時00分). https://ototoy.jp/news/91489 
  45. ^ “君島大空が求める「ギリギリ、音楽」。繊細な芸術家の脳内を覗く”. (2019年3月8日). https://www.cinra.net/interview/201903-kimishimaohzora 
  46. ^ Kie Katagi 『Synesthesia』 | SPACE SHOWER MUSIC”. 2019年11月8日閲覧。
  47. ^ “弓木英梨乃のソロ「弓木トイ」始動 吉澤嘉代子、のん参加アルバム3月発売”. (2019年1月31日16:00). https://www.cinra.net/news/20190131-yumikitoy 
  48. ^ 新アルバム “Will” リリース! | ジャズピアニスト若井優也のブログ”. 2019年11月8日閲覧。
  49. ^ a b c リリース情報 - けもの”. 2019年11月8日閲覧。
  50. ^ “石若駿、CLNUP4で4年ぶりのリーダー作を発表”. (2019年5月20日). https://www.arban-mag.com/article/36752 
  51. ^ SHIHO (Fried Pride)/A Vocalist - TOWER RECORDS ONLINE”. 2019年11月8日閲覧。
  52. ^ “君島大空、ニューシングル「散瞳 / 花曇」配信リリース”. (2019年07月05日 20:30). https://okmusic.jp/news/344261 
  53. ^ Answer to Remember | ソニーミュージック オフィシャルサイト”. 2019年11月7日閲覧。
  54. ^ 上野耕平(sax) 吉松隆渾身の作曲「サイバーバード協奏曲」の決定盤。レコーディング映像公開!”. 2019年11月7日閲覧。
  55. ^ Boys/Boys10 - TOWER RECORDS ONLINE”. 2019年11月8日閲覧。
  56. ^ THINKKAISM/KEI MATSUMARU/松丸契|JAZZ|ディスクユニオン・オンラインショップ|diskunion.net”. 2019年11月7日閲覧。
  57. ^ 列島ライブ2019 : くるり | HMV&BOOKS online - VIXL-276”. 2019年11月7日閲覧。
  58. ^ 崎山蒼志公式サイト”. 2019年11月7日閲覧。
  59. ^ “常田大希率いるmillennium parade、Chara迎えた「Stay!!!」配信&MV公開  東阪ツアー開催へ”. (2019年9月27日). https://realsound.jp/2019/09/post-421882.html 
  60. ^ “【いよいよお知らせ】『青葉家のテーブル』オリジナル・サウンドトラック(17曲)を配信スタートしています!”. (2019年10月25日). https://hokuohkurashi.com/note/192125 
  61. ^ CRCK/LCKS/Temporary - TOWER RECORDS ONLINE”. 2019年11月7日閲覧。
  62. ^ BLUE NOTE VOYAGE [SHM-CD[CD] - ヴァリアス・アーティスト - UNIVERSAL MUSIC JAPAN]”. 2019年11月7日閲覧。
  63. ^ “崎山蒼志“感丘(with 長谷川白紙)”本日配信、新AL『並む踊り』詳細も”. (2019年10月25日12:15). https://www.cinra.net/news/20191025-sakiyamasoushi 
  64. ^ “長谷川白紙の1stフルアルバム『エアにに』収録内容&ジャケット公開”. (2019年10月24日21:00). https://www.cinra.net/news/20191024-hasegawahakushi 
  65. ^ 石若駿 SONGBOOK PROJECT | SONGBOOK TRIO[石若駿、角銅真実、西田修大]”. 2019年11月7日閲覧。
  66. ^ Discography | SOIL&"PIMP"SESSIONS | Official Web Site”. 2019年11月7日閲覧。
  67. ^ 渡辺翔太Official Website | 名古屋 | Jazz pianist”. 2019年11月7日閲覧。
  68. ^ ohzora kimishima”. 2019年8月1日閲覧。
  69. ^ a b 石若駿が新作『Songbook3』を語る。くるりやKID FRESINOからアート作品とのコラボまで多岐に渡った2018年を総括”. タワーレコード. 2019年8月1日閲覧。


外部リンク[編集]